> > > キャッシングの増額は勤務先連絡があるものなのでしょうか

キャッシングの増額は勤務先連絡があるものなのでしょうか

キャッシングの増額は勤務先連絡があるものなのでしょうか

キャッシングの増額は勤務先連絡があるものなのでしょうか(参考ページはこちら→勤務先に連絡があるタイミング

あるところはあるかもしれませんが基本的にはありません

キャッシングの増額は金融会社側から声をかけてくれることもあります、こちらが申請したい場合もありますよね。基本的にはキャッシングの増額の為に勤務先に連絡は来ません。金融会社側からのお誘いの場合はインターネットの簡単な操作で済んでしまうこともあります。増額をこちらから申し込む場合には少々、手順が必要です。まず、増額を申し込むタイミングです。これは、カードを利用し始めて少なくとも半年経過したタイミングでないと難しいといわれます。(参考ページはこちら→融資増額を実現する為のタイミングとは

次に、カードは長く持っていれば持っているほど増額のチャンス、というわけではありません。持っているだけでは十分ではありません。眠らせていては駄目です。定期的に使って頂きたいのです。そして必ず期日内に完済をしてください。これを繰り返していくうちに相手はこちらを信用するようになってきます。増額を申し込む前に1度でも返済の遅滞があれば増額は無理です。お気を付け下さい。次ですが、増額を申し込むタイミングがもう1つあります。それは給料や賞与アップのタイミングで報告がてら増額を申し込むという方法です。これは確率が高いようです。

増額を申し込む前にやってはいけないことがあります。それは他社への申し込みです。これは浮気と取られてしまいます。どの会社も自分の会社一筋のお客さんを大切に思うものです。ですから、増額申請前の浮気は控えてください。みなさん、増額、増額とおっしゃいますが、そんなに増額ペースはよくありませんよ。10万ずつが相場だという話もありますし、やはり、返済すること前提ですから、過度な期待は良くありません。

では、他社からも借り入れした方が沢山借りられるのではないか、と考える方もいらっしゃるでしょうね。たしかにそういう意見もあるのですが、複数の会社からの借り入れはリスクが伴います。同じ返済日なら忘れないかもしれないけれど、返済日がバラバラでさっきまで覚えていたのにうっかり返済に遅れてしまうこともあれば、やはりそれだけ借りられる、という根拠のない自信からどんどん借り入れが増えてしまい、もっともっとと増えた借金返済の為に複数の会社からの借り入れが重なってしまい余計に訳が分からなくなるケースもあります。

これは多重債務者がよく陥りやすいパターンであり、あまり沢山の会社から借り入れをしている場合はブラックと判断されてしまうこともあるのです。気を付けましょう。

キャッシング枠の増額を申し込む場合の勤務先連絡

現在キャッシングを利用されている方や今から初めてキャッシングの利用を考えておられる方に契約の方法や審査の概要をご紹介します。

もうすでに一昔前になりますが、金融業界は、法定金利以上の28.0%程度までの金利で融資をするいわゆるグレーゾーンでの運営を行っていました。しかしそれが違法であると認められ、現在まで続いている過払い金の請求の流れへとつながり、特に消費者金融会社は大打撃を受けました。この過払い金請求の動きも少しずつではありますが落ち着きを取り戻し、金融業界では失ってしまった顧客を呼び戻す為に、様々なキャンペーンを行っています。

例えば、初めてキャッシングを利用する方は、30日間利息がゼロで融資が受けられるなど、契約者にとって得をするキャンペーンが少なくありません。そこで消費者金融会社や銀行などとの契約方法ですが、店舗、自動契約機、インターネットなどで申し込みが可能です。より早く融資を受けたい方は、店舗や自動契約機での申し込みをおすすめします。最短で30分程度で契約が済みますので、そこから融資を受けることができます。

申し込み内容は、まず氏名などの個人プロフィールや勤務先、他の金融機関からの借り入れ額や借り入れ数を申告します。申告内容をもとに審査に入ります。まず申告された内容と契約を行う金融機関の過去の実例との照合を行います。次に信用機関への問い合わせを行い問題なければ審査が終了します。(参考ページはこちら→この間の審査基準の内容について

次に勤務先連絡があります。これは申告をした勤務先に在籍が本当にあるかを電話確認します。これは、後の融資限度額の増額をしたいときにも勤務先連絡があります。これは会社名ではなく、担当者の個人名で契約者を呼び出してもらう形をとりますので同僚や上司の方に知られる心配はありません。(参考ページはこちら→この電話での確認内容について

全体的な審査を通過すれば、本契約となり融資が可能になります。キャッシングは便利システムですがあくまでも借金であることを忘れずに計画的に利用しましょう。

【参考ページ】
融資申し込みでの諸手順

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY