> > > 家や会社に督促に来る事がないと評判のキャッシング会社は?

家や会社に督促に来る事がないと評判のキャッシング会社は?

家や会社に督促に来る事がないと評判のキャッシング会社は?

家や会社に督促に来る事がないと評判のキャッシング会社はどこがありますか?お金を借りていること家や会社にばれては困ります。(参考ページはこちら→安全な金融業者はたくさんある?

最近の会社は滅多なことじゃ来ないわよ

まず、お金を借りようと考えている時に、督促の事を考えていちゃ駄目よね。返済に遅れた時でも、最初に連絡が来るのは、あなたの携帯電話よね。あとは携帯メール。そして、反応がなくて初めて、あなたの自宅に連絡が来るのね。

家や会社に督促が来るのは、その後だから、あなたにとって、かなりの返済の遅れがあってからになるわ。連絡の一つも寄越さずに、そこまで返済を滞らせてどうするの?と言いたいわね。そこまで常識がないわけではないわよね?

だから、基本的に、返済の支払いをきちんとしているならば、まずばれてしまう事はあり得ないわよ。「それでも、絶対に家族にばれたくない!」という場合に乗り切らなきゃいけない”壁”について、一つ二つ言っておくわね。

まず、「申し込みの際の書類が家に届く問題」をどうにかしないといけないわ。これは非常に簡単よ。インターネット上で申し込めばいいだけよ。(参考ページはこちら→融資のネット申し込み方法

それから、「カードローン用のカードが、家に届いてしまう問題」も、カード発行時に少し面倒だけれども、契約機の前に赴くことで解決可能よ。審査が完了したら、契約を店舗、あるいは無人契約機で済ますことを審査に入る際に伝えることが必要になるわ。その結果として、カードの受け取りが出来るのよ。

それから、「借入する度に、家に明細が届く」という問題は、カードローンでATMを使って借り入れて、返済まで行う事で乗り切ることが出来るわ。あと、どうしても振り込まれることでしかお金を借りることが出来ないような消費者金融への対応としては、個人でシークレット用にネットで口座を開設するというのも、一つの方法であるわね。

とにかく、カードさえばれることなく受け取ることが出来るならば、家族にばれてしまうリスクはかなり減るわ。店舗まで取りに行くのは難しいという人は、家に届くという事になるから、仕方ないけどこのピンチをどうにかして乗り切ってね。

ただ、消費者金融からの郵便は、消費者金融の名前で送られるわけではないわ。事務センターであるとか、ACサービスセンターという名前であるとか、あるいは個人名で郵送する会社も存在するし、送り人の記載のない会社も存在するわ。というわけで、送り人が分かりにくい郵便物は、開封しないように家族に仕込んでおくことが重要よね、

家や会社には知られずにキャッシングを利用したい!その方法とは

どうしてもお金が足りないときには、キャッシングを利用することでそのピンチを脱することが可能です。キャッシングは正しく利用すればとても便利なものですし、申し込みをしたその日のうちにお金を借りることができるので、いざという時にはとても頼りになる存在なのです

申し込みはインターネットの接続環境があればいつどこにいても手続きができますし、審査も数十分程度と大変スピーディで、契約手続きにおいてももちろん来店は不要です。契約手続きが完了すれば銀行振込で即日融資に対応してもらえますし、手元にカードが届けばそれを利用して、借入や返済ができるようになりますからますます便利になります。

しかし、キャッシングを利用する際に、家や会社に連絡が来るのは困るという方もいらっしゃいますよね。お金を借りることを誰にも知られたくない場合もあるでしょうし、できれば在籍確認などはパスしたいという方も多いかと思います。会社などへの在籍確認は原則として個人名を名乗って電話してくるので、基本的にはそれほど心配はいらないのですが、それでもどうしても困るという場合もあるでしょう。
(⇒融資審査では電話も必要?

このようなときには、申し込みをする時点でその旨をキャッシング会社に伝えることをおすすめします。大手消費者金融などでは、電話連絡や在籍確認なしでも対応してもらえる場合があります。要するに、家や会社に連絡を入れなくても身元がしっかりしていることを証明すればいいわけですので、住民票や住所がわかるハガキ、さらには社員証のコピーや給与明細書などで対応してもらえる場合もあるのです。

また、家や会社に知られたらまずいという場合には、必ず明細はWEB上で見られるようにしておきましょう。さらに滞納などをしてしまいますと、どうしても家に督促のはがきが届いてしまったり、電話が入ったりしてしまうので、延滞にはくれぐれも注意しましょう。延滞を防ぐためにも、必ず返済シュミレーションなどを行い、無理のない借入を心がけましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY