> > > キャッシング1本化審査はどこまで甘い

キャッシング1本化審査はどこまで甘い

キャッシング1本化審査はどこまで甘い

色んなところから借金してしまって借金を1本にまとめたいんだけど、これって借金を返済するために借入するわけでしょ。これだけ借金したら審査なんてそう簡単には通らないと思うんだけど。
(⇒おまとめローンの仕組み

要はローンの一本化でしょ。通るわよ

借金の一本化でしょ。ローンを一本化する商品がご存知のようにあるわけだから通るわよ。多重債務者のための商品みたいなもんだし。まぁ、でも住宅ローンの借り換えとかならまだいいけど、複数キャッシングをして一本化なんて、なかなかダサいわよね。もう少し賢い買い物をすればキャッシングで損なんてしなくてもよかったのに。考えてもみなさいよ。普通にその場で支払えるお金で何とかやり繰りすれば、借金なんてしなくていいわけだし、現金借りてそれを返済するために利息や振込手数料まで取られるなんて、酷いもんね。大損よ。

ローンの一本化って審査は確かに通り易いわ。しっかり申請のための書類を揃えてね。それで、この借金を返済するために一本化をするわけだけど、返済に集中してもらうために余計な買い物が当分できなくなるわね。そういう制限をかけられてしまうわよ。もう一つ、ローンをまとめたい人に気をつけてもらいたいことは、それぞれの借金に滞納はないかしら。延滞損害金のことを少し気にして欲しいのよ。もしかすると、一本化をするよりも返済を負担と思うのなら債務の整理をしたほうがいいかもしれないわ。余分な利息を払わなくてもするかもしれないから。
(⇒融資を申請する時に必要な書類について

ローンの一本化をすると、延滞した分の手数料なども借金として固定されてしまい、返済総額を低く抑えることができなくなってしまうの。残念な話だけれど、絶対自己破産を避けたいという人は、損をしてでも一本化を選んで月々の返済を抑えて最後まで完済するといいわよね。わたしの友達は一本化を選んだんだけど、その時に手続きのための手数料とかも少しかかるらしいのよね。ホントこの話聞いただけで、わたしねぇこの友達に「アンタ本当にカネ遣いが下手ね。」って言ってやったわよ。

あれだけキャッシングで借りまくって困るなんて最悪。この友達が現金貸してなんてわたしにすがって来たときに、お人好しでもないからローンの一本化を勧めてやったわ。だってわたしが巻き添えを食らうわけにもいかないし、確かローンの一本化は担保も保証人も必要ない商品が出ているはずなのよ。わたしは全く借金をせずに無理な生活は一切しないから、「迷惑かけるなら、アンタが損して頭下げて銀行に迷惑かけな」って言ったわ。そのほうが本当の友達でもいられるしね。これから当分は、カネ使いを少し抑えるでしょうね。

アイフルはキャッシング1本化審査受ける消費者金融として最適

資金不足に陥ったときには、消費者金融業者からの借り入れを検討する人が多いのではないでしょうか。

消費者金融業者から借り入れを行うときには、それぞれの金融業者ごとに決められている利用限度額がありますし、審査を行うことで借り入れを行う個人によって借り入れ可能な融資の金額は異なってきます

1社からの借り入れ金額だけでは満足できる融資が受けられないときには、複数の消費者金融業者から融資を受けたいと考えている人もいるでしょう。多くの消費者金融業者から借り入れを行ってしまうことで、金利の高い金融業者から融資を受けなければならないことも考えられますし、毎月の返済金額が膨らんでしまいますので返済が大変になってしまうでしょう。

返済金額が大きくなったり、金利が高い場合には金利が安くて利用限度額が大きい金融業者のキャッシング1本化審査を受けることをおすすめします。金利が安くて融資金額の枠が大きい消費者金融業者に1本化することによって、返済金額を少なくできる可能性があります。
(⇒こんな場合はどんな金融業者が良い?

複数の消費者金融業者からすでに借り入れを行っているときにおすすめできる、キャッシング1本化審査を受けられる消費者金融業者はアイフルです。アイフルにはおまとめ専用の借り入れプランが用意されていますので、金利も12%から15%の低金利で融資を受けることが可能です。利用できる限度額も1万円から500万円までとなっていますので、おまとめローンとして十分な金額の融資を受けられるサービスが行われています。

アイフルのおまとめローンはインターネット上から申し込みができますので、スマートフォンや携帯電話があればすぐに借り入れの申し込みを行って、店舗に来店する必要なく融資が受けられますので便利に利用できる消費者金融のサービスと言えるでしょう。(参考ページはこちら→ネット申し込みは非常に便利です

アイフルのおまとめローンのプランでは、法律で制限されている総量規制の適用対象外の融資サービスということになりますので、年収3分の1を超える金額を借り入れることが可能な点もおすすめのポイントと言えます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY