> > > 現在日雇いとなっていますがキャッシングの審査は大丈夫?

現在日雇いとなっていますがキャッシングの審査は大丈夫?

現在日雇いとなっていますがキャッシングの審査は大丈夫?

現在では日雇いバイトで生活をしているような状態です。しかし、これから先のことを考えて日雇いでもOKとなっているキャッシング審査を受けて、新しいスタートを切ろうかと考えています。そこで質問なのですが、日雇いのキャッシング審査というのは何が違うのでしょうか?

特に金額的なところが気になっています。出来れば20万円以上でキャッシングを受けたいというところなので、それについて満たせるような日雇いのキャッシング審査条件について教えてください。また、キャッシング業者は日雇いのキャッシングを受けることで、どのような利益があるのかについても気になっています。こちらについても案内してくれると嬉しいですね。

日雇いのキャッシング審査は通常のものと同じです

よく勘違いされている人がいますが、日雇いのキャッシング審査と一般のキャッシング審査については違いはありません。では、どうして日雇いのキャッシング審査は一般のものとは違う・・・というふうに伝わっているのか?というと、それは日雇いのキャッシング審査を受けている人の数がそれほど多くもないからです。また、日雇いのキャッシングといってもバイトの審査のようなものなので、借金が多くもないような状態であれば特に制限もありません。

キャッシングやカードローンについては、大体ですが「年収の3分の1」前後で借りられるようになっています。また、キャッシング審査の結果によっては2分の1以上でも借りられるというネタがあったりしますが、こちらについては眉唾な情報となっておりますので、間違って信用してしまわないように注意してください。過去であれば、景気の良いキャッシング業者でそのような対応も可能であったというだけです。現在では、新しい賃借についての規制も出ていますので、3分の1までとなっているのです

次に、日雇いのキャッシング審査を行っている業者の利益についてですが、利益と言うのもは最初から決まっている金額分となっています。例えば、キャッシングの場合には利息がそうでしょう。一般的に日雇いバイトなどをされている人は少しずつで返済されている人もいるので、業者にしてみると利息が大きい美味しい相手というだけです。なにも何かしらの補助金などが出るので日雇いのキャッシング審査などをしているわけではありません。また、ローンなどについてはキャッシングやカードローン以外の借金についても、借金の1つとしてカウントがされるようになっています。

キャッシング利用を考える日雇い労働者が審査が通るのか?

社会人となると付き合いが多くなり、急な出費として何かと現金が必要となります。かと言って、お金は使うスピードと稼ぐスピードや貯めるスピードの違いがあるため、いつでも自由自在に出せるということは無いようです。

しかし、クレジット会社や消費者金融によるキャッシングは使用目的が自由で生活の中で非常に便利です。キャッシングはそもそも、銀行での貸し出しとは違います。銀行融資と違う側面として以下のようなことがあるでしょう。

1、貸し出し審査が早い。
2、保証人や担保が不要。
3、使用用途が審査条件とはならず自由な使用目的として借りられる。
4、金利が銀行融資に比べて高く設定されている。
5、パートタイマーであっても定期収入とみなし、借入が出来る

などです。

ただここで、一つの疑問があるのですが、日雇い労働者にもお金を貸すのかという疑問です。銀行に比べて金利水準が高い消費者金融では、貸し出しに関する条件を低くすることで、利用者を広く獲得しています。以上の条件を見てもわかる通り、貸し出し条件に対するハードルが低く、そのリスクを負う条件として、金利を高くしているものです。返済時に付加する金利を高くしてリスクを補っていることになります。

パートタイマーであっても、不定期でなく毎月収入があれば、その収入内で無理のない返済が可能な借入額が設定され、借入が可能となります。パートタイマーを含める非正規雇用者は、正社員と大きく区別されるもので、正社員としての雇用でなければ、概念的には非正規のすべて人が、給与算定が日雇い労働者として、勤務日数や勤務時間の累計で支払われます。

このことから言えるように、雇用条件的にはパートと派遣契約などの社員であっても概念的な差がないことが言えます。そのため、日雇い労働と言っても、毎月定期的な収入さえあれば、キャッシング利用が可能となります。ただし、職場が変わったり、派遣契約打ち切りや介助となればそのことを貸金業者に知らせる義務があります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY