> > > 免許証を持っていないのですがキャッシングの利用は可能ですか?

免許証を持っていないのですがキャッシングの利用は可能ですか?

免許証を持っていないのですがキャッシングの利用は可能ですか?

これからの備えとしてキャッシング出来るようにしておいたほうがいいかもと考えて、私の名義でカードローンを申し込んでみようかと思っています。とっさの出費の時に利用するつもりで、普段から継続的に利用することは考えてはいません。パートくらいなので、あまりたくさんのお金を借りることは出来ないですが10万円くらい借りられればきっと十分だと思っているので大丈夫かな?と思っています。(参考ページはこちら→仕事によって借りられる金額なども変わる?

けれどちょっと困ったことがありまして、私は免許証を持っていないんです。取っても全然運転しないだろうしな…と思ってとらなかったのですが、やはり身分証明証と言えば運転免許証といった風潮がありますから、今になって取っておけばよかったと公開しています。キャッシングについても運転免許証がないとわざわざパスポートを取得しに行ったりしなければならないなら、かなり手間がかかるのでキャッシングの利用は避けたいなと思っています…。

キャッシング(カードローン)の申し込みには運転免許証がなくても問題ないでしょうか?

運転免許証がない場合は保険証でも問題なく借り入れが可能です

運転免許証は手軽な写真入りの身分証明証としては最適なため、やっぱり持っていると便利ですよね。私も全く運転はしないゴールド免許持ちですが、身分証明証のつもりで更新は続けています。

さて、ご質問のキャッシングの申し込みには運転免許証がないとダメなのか?ということですが、これはそんなことはありません。もちろん運転免許証が一番望ましいとはされているようですが、それ以外の身分証明証でも問題ありません。パスポートや健康保険証でも申し込みが可能です。健康保険証の場合は写真がついていませんが、別途写真を用意する必要などもありません。
(⇒融資申し込みで欠かせない物

ただ、記載されている住所と現在住んでいる住所が違う場合は別途書類が必要になることがあります。その際は納税証明書や公共料金支払いの領収書、住民票の写しなどを一緒に提出してください。こちらも多少手間はかかりますが、パスポート取得ほどではないかと思います。特に公共料金の領収書なんかはすぐに捨てずに取ってあることもあると思いますので、提出しやすいのではないでしょうか。

現在住んでいるところと健康保険証に記載されている住所が同じであれば保険証だけで提出書類がことたりますので、気軽にキャッシングに申し込むことが出来るのではないでしょうか。スムーズに審査に可決するといいですね。

キャッシングの利用には免許証などの身分証明書が必要です

キャッシングはすでに何度も利用されている場合もあれば、初めて申し込みを行うという場合もあります。初めて利用する方の場合は、まずはサービス内容をよく確認しておきましょう。そして、サービス内容が確認できたら、いよいよ申し込みとなりますが、このときにどのような準備が必要なのかも調べておきたいところです。
(⇒金融業者によってサービス内容が変わる事に注意

まず、キャッシングの場合は土地などの担保も必要ありませんし、保証人を用意する手間はありません。まとまった借入をする場合は収入を証明する書類が提出となる場合もありますが、50万円以下など比較的少ない借入の場合は本人を確認できる書類があれば手続きが行えます。

まず、本人を確認できる書類としては、免許証があげられます。バイクや自動車の免許証があると言う場合はそれを用意すると良いでしょう。顔写真も付いていますので、信頼性も高い書類と言えます。

そして、免許証がない場合は他の身分を証明できる書類を選ぶこととなります。パスポートがある場合はそれを利用するのも良いですし、パスポートも持っていない場合は健康保険証で対応することができます。本人確認のためにも身分証明証は必要となりますので、いずれかの書類を用意しておきましょう。

書類の渡し方としては、来店の場合はその場で提出し、確認を行うこととなります。来店できない場合はインターネットや電話から申し込みすることもありますが、この場合はどのように提出すれば良いのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

インターネットや電話の場合でも、あとでコピーを郵送することもできますし、特に急いでいる場合であれば、ファックスを利用して送信する、インターネットからなら、その書類をデジカメで撮影して、アップロードしたり、メールで添付して送信することもできます。

消費者金融のキャッシングの場合も銀行のカードローンの場合も本人が確認できる書類が必要となりますので、忘れずに用意しておきましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY