> > > キャッシングの審査通らない場合は借りる方法が間違っている?

キャッシングの審査通らない場合は借りる方法が間違っている?

キャッシングの審査通らない場合は借りる方法が間違っている?

結構何度やってもキャッシングの審査通らないという時がありますよね?自分の調子が悪いのかどうなのかよくわからないんですけれども、キャッシングの申し込み方法や借りる方法なんかが悪いのかなと思っています。普通ネットから申し込みをすると思いますが、そこで特別こういうことをしてはいけないとかした方がいいというのはあるんでしょうか。

キャッシングの審査通らないと困るときに、こういうスランプ状態であるのは困るんですよね。何とかならないんでしょうか。

キャッシングの審査通らないのは借りる方法は関係ない

キャッシングの審査通らない時というのはたしかにあります。何度やってもうまく行かなくて、会社を変えてもうまくいかないし、銀行系カードローンから他のカードローンに変えてみたけれどもうまくいかないという時もあります。どういうことかよくわからないと思うかもしれませんが、その時にキャッシングの審査通らないのは別に借りる方法に関係しているというわけではありません。

キャッシングの借りる方法はかなり色々とありますが、借りる方法によって通ることもあれば通らないということもあるとなれば、その借りる方法は廃れていくはずです。しかし今では電話でもできるし無人契約機や有人店舗で借りるという方法もあります。もちろん、インターネットからの借入という方法もありますが、どれを利用したからといって通らないようになるということはありません。

今はネットからの申し込みが主流になっていますが、ネットからの申し込みをしたからダメとかいいとかそういうことはないのです。むしろネットや無人契約機のような方法を使ってくれたほうが嬉しいと業者側としては思っています。思っているだけでそれで審査に通りやすくなるわけではないんですけれども。

審査に通らない可能性としては申し込みブラックになっている可能性があるんじゃないでしょうか。また、申込ブラックでないならば、他からの借入が多いとか、そもそもの記入事項などに間違いが合ったりしないでしょうか。自動車ローンや教育ローンなどを使っていながら、キャッシングをすれば当然借入の難易度は上がりますよ。

正直なところこれが原因ですとははっきりとはいえないんですが、まず間違いなく言えることとしては、キャッシング業者側が申し込み方法や借りる方法について、審査で区別しているということはないということです。どういった方法でも借りてくれるならお客さんだと認識していますから、それ以外のところに落ちる原因を探ったほうがいいかと思います。

審査通らないキャッシングと、借りる方法について

必要な時に、すぐに現金を借りる事が出来て便利なキャッシングを利用したいけれど、審査通らない、という人は珍しくありません。審査を受けても、通らない、という場合は、業者の選び方に問題がある可能性があります。(参考ページはこちら→融資での業者選びはとても大切です

お金を借りるのであれば、銀行や、名前の通った消費者金融の方が良いと考える人は少なくありません。そして、消費者金融等の場合、CMで誰でも手軽に利用出来るように宣伝をしているという事も珍しくありません。ただ、それはあくまで宣伝の為であって、収入がない、雇用形態が不安定といった場合は、審査を受けても審査落ちをしてしまう可能性が低くなります。(参考ページはこちら→非正規雇用ではお金を借りにくい?

ですから、誰でも借りる事ができると考えると簡単に考えるのは間違いです。正社員で働いていて、年収も高く、勤続年数も長い、他の業者で借入をしていない等、審査に通りやすい条件が揃っていれば、銀行でも消費者金融でも問題なく審査をクリアすることが出来るでしょう。

ですが、条件が揃っていない場合、不安要素がある場合、まずは、落ち着いて業者選びをする事が大切です。お金を借りるならば、少しでも有名な業者を利用したいと考える人は少なくありません。ただ、銀行でも消費者金融でも、有名な業者程、ブランドイメージを大切にする傾向が強く、その為、審査条件が厳しくなっている事も珍しくありません。

ですから、利用したい業者があれば、まずは口コミ等で、実際に審査を受けた人の話を確認してみる事がお勧めです。明確な審査基準までは分かりませんが、非正規でも通りやすそうか等、大体のイメージを掴む事が出来ます。それにより、審査に通りやすいかどうかを判断する事ができます。

人によって、条件は様々な為、誰でも確実に借りる方法というのは存在しません。ただ、審査を受ける前に、しっかりと業者の下調べをしておく事で、審査落ちの可能性を減らす事が出来ます。ですから、不安がある場合、口コミ等で、業者について調べておく事が大切です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY