> > > リストラされても利用できる?キャッシングローンの借り入れ

リストラされても利用できる?キャッシングローンの借り入れ

リストラされても利用できる?キャッシングローンの借り入れ

先日、会社をリストラされました。現在求職中で就職活動をしています。退職金は住宅ローンの返済に充てて残っていません。再就職先はなかなか見つからず、いつ仕事が見つかるか不安な日々が続いています。職安にも毎日通っているのですが、いい条件の仕事がみつかりません。

貯金も減ってきていて生活が段々と圧迫されているのを感じて焦るばかりです。在職中に作ったカードローンのカードを持っているのですが、お金がないので利用したいと思っています。このカードはリストラされていても使えるのでしょうか?
(⇒収入が無い状態で融資は受けられるの?

リストラされても利用できる?キャッシングローンの借り入れ

リストラとは大変ですね。以前に作れたカードを既にお持ちであれば利用することはできますよ。キャッシングローンは解約しない限りいつでも限度額以内であれば利用することができます。キキャッシングローンは返済が終了すれば契約が終了ということではありません。返済の終了は借り入れていた分を完済していたに過ぎず、その後も借り入れはできます。契約を終了するには契約手続きをしなければなりません。手続きをしない限りカードは有効いということになります。

リストラされて申し込んだ時と状況が変わったのであれば、本当は届けないといけません。キキャッシングローンは借り入れ限度額を増額ができますが、その逆で減額というのもあります。収入がなくなったといなればカードは停止という可能性もあります。キャッシングローンは安定した収入があるということが最低条件になっています。収入があるから返済ができるだろうという信用によって金融機関はお金を貸してくれるのであって、収入がない人にはお金は貸してくれません。(参考ページはこちら→金融業者はこちらの状態をシビアにチェックしています

しかし、リストラされたことを届け出なければ金融機関は定期的に在籍確認などを行っているわけではないのでわからないでしょう。カードは普通に使えます。しかし、リストラをされて仕事も見つからず、状況が苦しくなるばかりでとにかく何とかしたいというのはわかりますが、借りたものは返さないといけないので現状収入がない状態で借りても一時的に助かるだけで来月から返済をしなければならないことはよくよく考えられた方がいいと思います。まずは派遣でもいいので登録をして短期でもなんでもバイトをされてもいいのではないでしょうか。その上で借り入れを行って月々ちゃんと返済をしながら今後のことを考えていかれるといいのではないでしょうか。(参考ページはこちら→仕事をしていると安心して借りられる?

リストラされた人がキャッシング契約を結ぶ際に気をつけたいこと

日々の生活では急な出費が後を絶ちません。ライフステージが上がってくると、将来のことを考えて保険を組んだり、または自動車や住宅の購入に伴ってローン契約を行うなどすることで月々の支払いが生活費を圧迫するようになります。さらに仕事上の付き合いなどで接待や飲み会などの費用を捻出しなければならないケースもあるでしょう。また、家族のリクリエーションや病気の際の通院費、そして子供の成長に伴う教育費なども親としては何とか用意してあげたいところ。そのような事案にひとつひとつ丁寧に対応していくためにも、万が一にもお金が不足した時には消費者金融のキャッシングを活用すると便利です

キャッシングとはネットや電話などから利用申請することで、迅速に銀行口座に一括振り込みしてもらえるという融資サービスのこと。最近では時にネットの普及に伴ってパソコンやスマートフォンからの申し込みが急増しています

しかしながらこういったサービスを利用するにあたっては審査を通過しなければなりません。その際には申請画面にて必要事項を記載する必要がありますが、とりわけ職業や勤務先、年収などはその人の返済能力や経済力を試算する上で重要な審査基準となります。

また、消費者金融での借入には貸金業法によって定められた総量規制の原則が適応されますので、年収の3分の1を超える融資は禁止されており、それを超えると罰せられることとなります。そのため、もしも申請者が全くの無収入であれば審査通過できる可能性がゼロとなりますので気をつけなければなりません。もちろんリストラされて現時点で収入がない場合も同じことです。まずは何らかの新たな仕事を見つけるか、あるいはアルバイトなどで収入を得られる環境に就いた上でキャッシング申請すると良いでしょう。

さらに、もしもキャッシング利用している期間中にリストラなどで職を失った場合には、契約者情報が大きく変わるわけですので速やかに消費者金融側に連絡したほうが良いでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY