> > > なぜキャッシングの年齢制限は20歳からになっているの?

なぜキャッシングの年齢制限は20歳からになっているの?

なぜキャッシングの年齢制限は20歳からになっているの?

多くの消費者金融で年齢制限ってあると思うんですが、キャッシングの年齢制限って多くのところで20歳からというようになっていると思うんですよね。キャッシングの年齢制限で20歳よりも下の年齢から始まっているところってほとんど見たこと無いんです。

こういうのってだいたい横並びになっていることや20歳を下限としているのにはなにか理由があるんでしょうか?キャッシングの年齢制限が横並びなのは意味があるのかなと最近気づいて思ったんですが、どうなのでしょうか?
(⇒融資審査は画一的?

キャッシングの年齢制限は法律に大きく左右されている

キャッシングの年齢制限が何故かだいたい20歳からになっていて、上は65歳位になっていることが多いというのは確かに不思議ですよね。ほとんどの業者で金利なんかも少しずつ違うんだから、こういうところでもちゃんとキャッシングの年齢制限も変わってたらというように思うかもしれません。しかしこの20歳から始まるというのにもちゃんと意味があるんです。

それは法律が大きく関わっています。法律の中にはいろいろなものがありますが、契約というものが法律で決められています。日本では両者が合意したら契約は決まるというようになっているんで、消費者金融やカードローンキャッシングの契約も同じように両者の合意で決まる事になります。ですがこの時に契約主体になれるかどうかという問題があります。

つまり契約が交わせるのかどうかですが、未成年というのは契約の主体になれないというようになっているのです。20歳からは青年というように区切りがついていますから、20歳からは青年であり19歳までは未成年というように分かれています。未成年の間は契約は基本的に交わす事はできず、そのためには親の同意などが必要になってくるというルールがあるのです。
(⇒未成年のうちは思うように融資を使えません

なので消費者金融やカードローンキャッシングの年齢制限というのは20歳からというようになっているのです。20歳からなら契約できるできないとか、親がどうとかいちいち説明をしたりする必要もないですからややこしくないでしょう。そういう理由で消費者金融やカードローンキャッシングの年齢制限というのは20歳からというようになっているのです。

もしそれ以下でも使いたいというのであれば親に相談するしか無いでしょう。親に相談したとしても、未成年はどうやっても貸出をしないという厳しいところもありますから、借入をしたいのであれば審査がゆるいと言われているところを使うのがいいかもしれません。もしくは20歳になるのを待つのがいいでしょうね。

キャッシングの年齢制限は一体何才から何才まで?

キャッシングを利用したいと思う人は、その用途は様々ではありますが、年齢に関係なくいます。しかし、年齢によってキャッシングの契約ができない場合もあります。会社によって多少の違いはありますが、年齢制限が定められているのです。

キャッシングを利用するに当たって、審査に通らなければなりません。審査に通るためには、借入の希望額と年収が釣り合っていなければなりません。収入がなければ、お金を借りたとしても返済する事ができなくなるからです。特に、消費者金融から融資を受ける場合には、総量規制という法律の定めによって、年収の3分の1までしか借入をする事ができない事になっています。従って、収入があまりない人は審査に通るのが難しいのです。

キャッシング会社が年齢制限を設けているのは、収入の見込みがあり、しっかり返済できる人だけに融資をするためです。キャッシングの年齢制限の下限は、多くの場合が20才以上となっています。会社によっては、18才以上でも契約をする事が可能となっていますが、未成年の場合は親の同意書が必要です。年齢を満たして、かつ、定期的な収入が認められるなら、学生であってもキャッシングを利用する事ができます。
(⇒安定した仕事をしていると簡単に借りられます

一方、上限は60~70才と会社によってばらつきがあります。平均寿命が延び、老人であっても元気に働ける人も増えているため、各会社の年齢における上限が伸びてきている傾向にあります。しかし、年を重ねているために、お金を借りたとしても返済するまでの期間が短くなりがちなので、70才以上がキャッシングを利用するのはかなり難しくなっています。年配の方の収入源は主に年金のみですが、その他にも収入源があれば審査に通りやすくなります。

このように、キャッシングには年齢制限があります。しかし、融資を受けるためには、年齢だけでなく、返済能力が十分になければなりません。自分の収入と生活についてよく考え、上手にキャッシングを利用する方法を考えてみましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY