> > > 年収400万だとキャッシングは確実に借りられる?

年収400万だとキャッシングは確実に借りられる?

年収400万だとキャッシングは確実に借りられる?

今どき年収が1000万円ある人なんて少ないですけれども、まだまだ女性はそのくらい年収がある人を求めているそうですね。すごいなぁ、夢を追うなぁと思いますが、一般的には400万円も年収があれば十分すぎるくらいじゃないかと思います。貯金もできるしそれなりの暮らしも出来ます。

私も含めて私の周りもだいたい400万円程度が普通なんですけれども、これってキャッシング出来るレベルですよね?キャッシングでもそれなりの優遇してくれるくらいの収入だと思っているんですが、違いますか?
(⇒年収と融資審査

キャッシングで年収400万円なら使えないところはほぼない

今でもなかなか女性はバブルの頃の考え方が変わらないということもあって、そういう年収が高い人を求めているようですが、質問されている方のほうがその辺りのバランス感覚はちゃんと持てているようだと思います。一般的には1000万円位あればお金持ちというようなイメージでしょうが、キャッシング業界では400万円もあればほとんどすべての業者を使うことが出来るでしょうね。

まずキャッシングをする人たちというのはやはりお金に困っている人が多いのです。パートで働いているけれどもお金が足りないであるとか、趣味にお金を使っているので、そのお金が足りなくなってしまう、子育てのためのお金が足りないなどなど、色々な悩みというのがあります。そういう人は年収で言えば400万円もない人たちばかりでフリーターだったら200万円そこそこでしょう。(参考ページはこちら→フリーターでも融資を受ける事は十分可能です

400万円もない人が多く、お金に困っている人たちに向けてキャッシングは行っているので、基本的にはキャッシング業者としてはパート・アルバイトでも収入があればとりあえず貸す、というような感覚でいると思います。しかし400万円となると大手の銀行系カードローンや地方銀行の特別な商品なども使えるくらいのクラスになりますからかなり有利な借入を使うことができるでしょう。

有利な借入ができれば、支払いも楽になりますし、たくさんの借入をすることができてできることも広がることになります。結果的に400万円の収入であったとしてもかなりの金額を使うことができますから、1.5倍位の収入がある人と変わらないくらいの生活をすることもできるのです。決して年収がたくさんあればそれでいいというわけではなく、キャッシングの使い方によって生活レベルを上げることは可能です。

年収400万円の方が多いというのはだいたい平均給与がそのくらいなので、皆さん多いんでしょうね。キャッシングをするときは驚くくらいいい扱いを受けることができると思いますよ。

キャッシングで400万円ものお金を借りるためには

一般的に考えると、金融機関からお金を借りることは特に困難とは言えません。たとえば銀行や消費者金融などから10万円ほど借りようと思えば、普通の社会人であれば誰にでも可能と言えます。もしもそれさえできない人がいたら、無職で無収入であるとか、金融事故の経験者であるとか、何か問題を抱えた人に違いありません。(参考ページはこちら→金融事故ありで融資を受けられない理由

しかし金融機関からの借り入れも、金額が大きくなればなるほど困難になってゆくことは間違いありません。たとえ10万円は楽に借りることができた人でも、50万円は難しいかもしれません。また、50万円借りられた人でも、100万円は無理かもしれないのです。

このように考えると、もしもキャッシングで400万円ものお金を借りようと思ったら、それは常識的に考えて、決して簡単なこととは言えません。それどころか、かなりハードルが高いと言わざるを得ない金額です。何しろ400万円と言えば、低所得者層にとっては年収に匹敵する高額なお金です。簡単に借りられるわけがありません。
(⇒安定した仕事をしていれば大抵の融資では希望あり?

それから、もしも貸金業者のキャッシングであるならば、総量規制の問題も発生します。つまり、年収の三分の一を超える借り入れはできないのです。ですから貸金業者から400万円の借り入れを本気で考えるならば、最低でも1200万円以上の年収がないと不可能だという結論になります。

また、たとえ総量規制の対象にならない銀行からの借り入れでも、高額の場合は基本的には貸金業者と同様と考えるべきです。つまり400万円のお金を借りるためには、それ相応の高い年収が必要になるということです。その目安の年収は、貸金業者と同程度と予想されます。

結論として言えることは、もしもキャッシングで400万円もの借り入れがしたいなら、その前に、なるべく年収を増やしておくことが必要になります。その具体的な金額は、最低でも1200万円以上です。しかし、ギリギリでは審査に不安がありますので、できれば1500万円から2000万円くらいあったほうが良いでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY