> > > なぜ主婦でもほとんど審査通るキャッシングが存在しているの?

なぜ主婦でもほとんど審査通るキャッシングが存在しているの?

なぜ主婦でもほとんど審査通るキャッシングが存在しているの?

40代の主婦でパートをやっているのですが、年収にして80万円ほどです。正直、収入については自信がないのですが、私と同じような立場の女性でもキャッシング審査については受かっている人が多いという話を聞きました。これはどうして審査で受かるのでしょうか?(参考ページはこちら→融資審査に通過する法則

また、主婦でもほとんど審査通るキャッシングが実際に存在しているのも知っているのですが、どうしてあまり借入を行えないような主婦であっても審査で通るのでしょうか?昔は、パートやアルバイトというだけでも嫌がられていた時期があるのを知っているので、余計に主婦でもほとんど審査通るキャッシングのメカニズムのようなところが気になっています。怪しい業者でないのであれば使いたいところなので、安全かどうかについても教えて欲しい。
(⇒主婦がお金を借りるまで

新しいサービスなどが開始しているので審査が甘いです

回答からとなりますが、「新しいサービスを導入している」業者が増えているからです。例えば、サラリーマン金融などでも「借金苦で困っている人専用のカードローンプラン」が存在していたりしますし、有名な銀行でも「レディースローン」を導入している業者が増えています。つまり、昔に比べると審査される幅が広がっているだけに、感じ方として主婦でもほとんど審査通るキャッシングが多いと感じるわけです。

ちなみに、レディースローンだと審査が甘くなるというわけではありません。よく勘違いされている人がおられますが、レディースローンとは「女性向け職業も審査対象」としている一般的なカードローンのことなのです。審査が厳しくなる、借入額が通常よりも大きい・・・というのは根も葉もない噂なので、あまり信用しないように注意しておきましょう。次に、主婦でもほとんど審査通るキャッシングのメカニズムについて案内します。

まず重要な点として、安全なのかどうかについてですが、主婦でもほとんど審査通るキャッシング関係は全体的に安全です。また、近年ではシステムにおいて審査されている業者も存在しますので、昔に比べると審査は甘くて当然とされています。昔はサラリーマン金融などが独自の審査方法により審査を行っていました。ですが、近年ではそのような審査を行っていないのです。なので、月によっては非常に甘い審査を行っているサラリーマン金融が増えていますし、近年ではグレーゾーン金利が廃止されたので、女性の利用者も増加中とあり女性に対しては特に甘い傾向にあるのです。

ほとんど審査通るキャッシングの特徴について

ほとんど審査通るキャッシングがあるかといえばだいたい通るキャッシングサービスはあると言えます。通らない場合を考えておいたほうが良いといえるほどです。(参考ページはこちら→融資審査に落ちた場合の事

そもそもキャッシングサービスは消費者金融が始めたと言われており、現金を貸してその金利で成り立つ商売でもあるのでどうにかして借りて欲しいと考えています。しかし、以前のように貸せるだけ貸している場合に多重債務の問題が起きたり、返済不能になって取り立てが厳しくなるなど社会問題化してしまいました。そこで国と業界団体が力を合わせて健全なキャッシングサービスを作るためにさまざまな取組が始まっています。

その一つが総量規制です。総量規制は消費者金融が現金を貸し出す際、貸し出す相手の収入の3分の1を超える現金を貸してはならないという制限です。しかも、他の借り入れも含めて収入の3分の1が制限となりますので注意が必要です。借入情報を厳密にするために消費者金融、金融機関が共同で借り入れと返済の各情報を管理する会社を設立しており、審査の際には本人の同意を持って会社のデータを審査に利用しています。

また、業界としても無理な貸付や採りたてをしないように各社で努力したり、金融機関の資本を受け入れることで社内の体制も一新した消費者金融も多くあります。このような努力をした上でキャッシングサービスは運営されています。そのため、借りづらい方よりも借りやすい方が増えたのは事実です。これまで不安が多くて消費者金融を利用しなかった方にも利用しやすい雰囲気と方法を作ったことで利用者は増加傾向にあります。
(⇒すっかり使いやすくなった消費者金融

そのため、審査が通らない方は自身で理由を考えられるようになっています。審査が通らない理由の多くは所得ではなく、借りすぎです。所得については職業での選別がなくなったことでアルバイトやパート、個人事業主などこれまで借りられなかった方でも借りられるようになってきていますので、借りすぎていない方は殆どの場合審査は通ると考えられます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY