> > > 自己破産後のキャッシング、絶対に審査で落ちてしまうの?

自己破産後のキャッシング、絶対に審査で落ちてしまうの?

自己破産後のキャッシング、絶対に審査で落ちてしまうの?

絶対に避けたいことといえば借金をしている我々にしてみれば自己破産、これが一番じゃないかと思うんですよね。まぁ債務整理をするっていうのもあまり良くないですし避けられるんなら避けたいところですけれども、でもこの自己破産、なったことがないのでよくわかりません。

自己破産後のキャッシングというのはブラックリストに入っていて、それで借りられないというように言われていますが、これって本当なのですか?中には絶対に借りられないと言われているようなところでも借りられたりするというのを聞いたりしますが…現実はどうなっているのでしょうか。

自己破産後のキャッシングは原則できないが業者による

自己破産後のキャッシングが出来るかどうかという話で言えばまず出来ない、これは原則間違いありません。有名な銀行系カードローンでもそうですし、大手と言われている消費者金融でも借り入れが出来ません。街金やサラ金でもほとんど使うことは出来ませんし、一般的に自己破産をしてしまうと借入自体は無理だと思ったほうがいいでしょう。

しかし場合によっては借入をすることが出来る場合もあります。それがブラックOKと言われている業者を選んだ時です。ブラックOKのキャッシング業者というのが中小の業者の中には少しだけあります。それらを使うことでブラックであっても、自己破産をしていたとしても使うことが出来るのです。ほとんど聞いたこともないようなところですし、使い勝手もあまり良くないところばかりですが。

そんなブラックでもOKのところは使える、借りられるというメリットが有るにせよ、それ以外のデメリットの部分はかなり大きいといえるでしょう。例えば金利、これはほぼ間違いなく上限金利での借り入れ以外はできません。上限金利での借入に加えて手数料を色々と取られてしまうこともあります。また当然ですがATMなどもありませんから店舗に行かなければ借りられないということもあります。

というように何かと面倒なことが多いのがこのブラックでもOKと言われている業者なのです。ブラックでもOKというとすごいありがたいように思えるかもしれませんが、そんなことは実際はないのです。ブラックでも借りられるのは間違いないのですが、だからといって今までの消費者金融や銀行系カードローンで使っていた借入の条件と同じレベルで使えるわけではないのです。

やはり自己破産後のキャッシングというのはブラックから抜け出さない限りはかなり厳しいと思っておいたほうがいいと思いますよ。

自己破産後のキャッシングはどうなるのか解説

自己破産を行うと個人信用情報機関にこの情報が登録されるため、クレジットカードの作成やキャッシングの利用などに悪影響ができます。自己破産後のキャッシングがどのようになるかは、具体的には次のようになります。

まず、自己破産を行った際に借り入れがあった金融機関は債務の免責対象になるため、これによってカードの契約が破棄されて利用できなくなります。借り入れがなく、免責対象にならなかった金融機関はこの時点ではまだ自己破産を起こしたことを把握できていません。そのため、使えそうに見えますが、借り入れを行う際に個人信用情報機関の情報を参照するためここで発覚してしまい、利用できなくなります。

しかし、この自己破産の記録の保管期間は最長で10年間であり、これを過ぎると削除されます。削除されれば自己破産を起こしたことが分からなくなるため、利用できるようになります。この情報が残っているかは個人信用情報機関に申し込むことで確認できます。

ただし、免責対象になった金融機関では自社で記録を残しているため、個人信用情報機関の情報がなくなってからも利用するのは難しいです。銀行と消費者金融で提携しているような場合、過去の事故情報を共有していることもあり、免責対象ではなかった金融機関でも審査に落ちてしまうことがあります。
(⇒融資審査に通らない理由を考えてみよう

しかし、中小の消費者金融では自己破産後、まだ情報が残っている期間でもキャッシングを利用できるところがあります。自己破産で免責が認められていれば借金はなくなっているため、十分に安定した収入があれば返済能力を認められて利用できます。

銀行や大手の消費者金融でも、数年でクレジットカードの作成やキャッシングができた例も稀にありますが、一般の人は期待しない方が良いです。過去に事故を起こしていても、現在の収入が非常に高く安定していたり、医者であるなど比較的安全と判断できる要素があれば利用できることがあります。このような要素がなければ利用は認められません。(参考ページはこちら→融資で確実に借りられる要因とは?

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY