> > > 総量規制で主婦のキャッシングが夫にバレたらブラック情報に乗る?

総量規制で主婦のキャッシングが夫にバレたらブラック情報に乗る?

総量規制で主婦のキャッシングが夫にバレたらブラック情報に乗る?

これからキャッシングを利用しようと考えている主婦ですが、何から手を付けてよいのか分からずネットや知り合いの話など聞きながら、あちこちを調べてカードローンのキャッシングを利用することに決めました。夫の収入安定してありますし、私もパートに出ていますからキャッシングの審査自体は通るだろうと思っています。
(⇒融資は使う前に会社の下調べをしよう

しかし主婦が借入をする際には総量規制というものがあることを知りました。これは年収の三分の一以上はお金を借り入れることができなくなるというものらしいのですが、もしも万が一それを超えて借りてしまった場合、ブラックリストなるものに私の名前が載ってしまうことはありますか?(参考ページはこちら→ブラックリストは何故なってしまうのか?

それほど多額のお金を必要としているわけでありませんから、借りたお金を返せないほどキャッシングを利用しようとは考えていませんが、身内の中からブラックリストに載っている人間が出ると子供の就職などに悪い影響が出ることがあると聞いて、契約した後になってからその利用に不安を感じています。考えすぎかもしれませんが、キャッシングというものやブラックリストというものを聞きますとやはり悪いイメージが先行してしまいがちです

限度額以上の借り入れは不可能。ブラックリストもない

個人であれば自分の裁量でどうにかやりくりできそうなことでも、家族が関わってくるとやはり慎重にならざるを得ない部分がありますね。その上でキャッシングに対して不安を持つ気持ちは分かります。子供の将来を考えれば当然のことですが、まず対象となるキャッシングが銀行のものであれ消費者金融のものであれ、総量規制の対象になっているものから既定の額を超えた借り入れを行うことはできません。それを行うには総量規制の対象外になっているものと契約する必要があるからです。

それについてはご自身の契約したカードの情報をもう一度確認することをお勧めします。次にブラックリストについてですが、厳密に言いますとブラックリストという名前そのものリストは存在しません。金融機関に存在している信用情報が記載されているものをそういう風に読んでいるだけです。これは借り入れしたお金の返済が滞ったこのとある人などの情報が載っているものになるのですが、先にも申し上げたようにキャッシングには総量規制があるものがありますので、それがあるにも関わらず限度を超えて借り入れをして返済が出来なくなる、といったことはありませんのでご安心ください。

【参考ページ】
主婦は融資の実行ができるのか?

主婦のキャッシングとブラックや総量規制について

ブラックの状態になっている場合キャッシングの審査に通る事は無いと言います。そもそも、ブラックと言われているのは、個人信用情報の中に延滞の記録や自己破産の記録が残されている事を意味しており、一般的に言われているブラックリストと呼ばれるリストが有るわけではありません。

延滞は借金の返済を数か月間滞ったことであり、返済能力に関わらず返済をしない事を続けた人物ですので、新たな申し込みをしお金を貸したところで返済をきちんと行ってくれるかどうかは解りません。そのため、延滞の記録が残されていればお金を貸す側も審査に通さないのです。

自己破産は官報に掲載されると言う特徴を持ちますが、日本には信用情報機関が3つあります。3つの信用情報機関は官報に掲載されている情報を共有化していることからも、どのような金融機関で申し込みをしても審査に通らないのです。また、自己破産は返済能力が無いと認められた場合に限り、免責が確定する事からも、破産の記録があれば申し込みをしても審査に通る事は無いということです。因みに、ブラックの状態は永遠に続くのではなく、一定期間の中で消滅するため、情報が消えることで再びキャッシングやクレジットカードの申込みが可能になるのです。

最近は専業主婦の人もキャッシングの申し込みが可能になっています。専業主婦の人は自らの収入がゼロであり、本人には返済能力はありませんが、配偶者が安定した収入を持っている事で利用可能な上限が定められキャッシングが利用出来るのです。

消費者金融などの場合は総量規制が有り、年収の3分の1を超える貸付が禁じられており、本来収入がゼロの専業主婦の人は年収自体がゼロであり、お金を借りることが出来ないのです。

しかし、総量規制には例外貸付とよばれるものがあり、配偶者との収入を合算させることで収入がゼロの専業主婦の人でもキャッシングの申込みが可能になっているのです。因みに、例外貸付はこのほかにもおまとめローンも適用されるのが特徴なのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY