> > > 未成年だとキャッシングの金利には変化があるのでしょうか

未成年だとキャッシングの金利には変化があるのでしょうか

未成年だとキャッシングの金利には変化があるのでしょうか

未成年でもキャッシングが可能という話を聞きました。そこで質問なのですが、未成年でキャッシングしている場合には、金利が低くなったりはしないのでしょうか?現在、カードローンとキャッシングなどは使っていない状況なので気になっています。

また、未成年のキャッシングではどこのキャッシング業者を選択するのがいいでしょうか?サラリーマン金融を利用しようか迷っているのですが、インターネットではサラリーマン金融よりも銀行を使ったほうがいいとあったりしますので迷っています。その他で、キャッシング業者の選び方で上手な方法があるのであれば、なるべくそちらについても教えていただけると助かります。
(⇒ネット上の融資に関わる意見の取り入れ方

未成年はキャッシング利用が不可となっています

借入でよくある失敗に、未成年なのにキャッシングを利用としたというものがあります。そもそも、借金は未成年では法律上で禁止されていますので、対応しているキャッシング業者もありません。どのようにして利用されようとしても、基本的に審査よりも先に進展しませんので利用しないのが得策です。もし、未成年のキャッシングが気になっている場合には、親権者の同意を得ている状態で利用するといいでしょう。

親権者の同意がある場合には、基本的に利用できるようになっているからです。また、その場合の金利についてですが、通常の金利とまったく同じとなっています。カードローンとキャッシングについては、借入上限額の設定で金利が決まってくるようになっています。なので、10万円借りられる人と100万円借りられる人とでは金利がまったく違っています。例えば、10万円の金利が18.0%となっていて、100万円の金利は12.0%となっていたりします。

それと、未成年でも借金などをしたいというのであれば、クレジットカード審査を受けてみるといいです。キャッシングについては原則利用できないようになっているだけで、クレジットカードでは審査に通る人もいます。というのも、クレジットカードは返済能力だけでも審査してくれるようになっているからです。ただし、未成年がクレジットカード契約をしようとしても20万円以上は借りられない場合が多いです。もし、未成年のキャッシングの金利などで悩んでいる場合には、それ以前にクレジットカード審査に通してみるのが賢明でしょう。また、クレジットカードは3ヶ月間ほど利用されていると、増額検討してくれるケースもあります。

未成年のキャッシングは金利も安いのか?学割はある?

未成年でキャッシングをしたいと考える人の多くは学生かもしれません。特に大学生になると出費も大人同様に必要となりますし、時にはまとまった額が必要となることもあります。そうなるとキャッシングを利用して、なおかつ学割で安くならないのかな?と考える人もいるかもしれません。(参考ページはこちら→学生のうちから融資を使うのってどうなの?

たとえば未成年の学生がキャッシングを利用したとして、その金利が学割で安くなるとすれば、これほど嬉しいことはないといえます。しかしながら実際はというと、金利の学割サービスを行っているところは、ほぼないといえるでしょう。

そもそも未成年の場合、キャッシングの利用自体が難しくなってしまいます。親の同意書を提出するか、もしくはアルバイトや就業しており安定した収入がある場合というのが基本条件となります。というのも、未成年に貸金するのは違法行為となるため、もしトラブルが起きた際などは金利を回収できなくなる恐れがあり、それだけに貸す側も慎重になっているのです。
(⇒仕事さえしていれば融資は簡単に受けられる?

いずれにしても、キャッシングできただけでもよかったと考えた方がよさそうです。当然金利は通常と同じように支払う必要があります。ただし学生ローンなどの場合、学生対象としているだけに最初から低金利で設定されていることもありますから、こだわって探してみるのも良いでしょう。

ただし成人して定職がある人であっても同じですが、何百万円というまとまった大金を得る事は、まず無理だと考えておきましょう。長年安定した企業に勤めたとしても収入によって借りられる金額は大きくかわってしまうものです。それが未成年だというのであれば尚更だといえるでしょう。少なくとも新車のベンツを購入するために利用することはできません。
(⇒様々な職業と融資の関係

なにはともあれ、基本的には信頼できるところから借りるというのが大きなポイントになってきます。宣伝文句だけで決めないように、借り先の会社の信頼度も判断に加えるようにしましょう。借りやすかったから、と申し込んでトラブルに巻き込まれないように注意が必要です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY