> > > 専業主婦ですがキャッシングの審査を通るのになにが必要ですか?

専業主婦ですがキャッシングの審査を通るのになにが必要ですか?

専業主婦ですがキャッシングの審査を通るのになにが必要ですか?

結婚を機にそれまで勤めていた仕事を辞めて専業主婦になることにしました。夫の年収については私が専業になっても十分だったので結婚生活を始めた当初は問題ないと考えていたのですが、子供が生まれた時のことを地域の人に相談すると、やはり思わぬ形でお金がいる場合があるらしく、そうしたときには保険に入っておくことをよいとすすめられましたが、それに加えて子供のトラブルにすぐに対応できるようにカードローンを使ったキャッシングを利用できるようになっておきたいと考えるようになりました

しかし一度、仕事を辞めてしまったので今の自分には収入がまったくありません。学生であったころに利用していたカードローンの審査では確かアルバイトであれなんであれキャッシングを利用するには自分に収入があることを証明する必要があったと記憶しているのですが、こ今の自分は専業主婦なので収入がなく、そうした証明を行うことができません。(参考ページはこちら→仕事無しでは融資を受けられない?

困って近所の同じ専業主婦の方に相談してみると、その方は自分はパートをしているので収入があるからカードローンを利用しているとのことでした。家庭環境には差がありますから、向こうのケースを参考にすることは難しいとは思いますけど、将来のことを考えて自分もカードを作っておきたいと思っています。
(⇒主婦でも融資を受けられるかどうかは分からない?

専業主婦のキャッシング審査に知っておくこと

子供さんの怪我や学業に必要なもろもろの準備に対しては、それに対応できる保険がありますから前もって準備しておけば大丈夫と思う人が多いのが実情でしょう。しかしいくら小さくても子供さんだって立派な個人。時の大人の思いもよらぬことをしでかしすこともあれば、子供さん独自の人間関係があって急な出費を求められるケースは十分に考えられます。こうした場合に備えてキャッシングを利用できるようにしておきたい。そう考えるのは親として普通でしょう

ただし、現在のカードローンを使ったキャッシングには総量規制というものがあって、年収の三分の一以上は貸してはいけないという決まりがあります。これでは収入のない専業主婦の方はいくら子供のために必要なのにキャッシングを利用できなくなってしまうという問題がありました。そのため現在では夫の収入が証明できるものがあれば主婦の方でもカードローンを使えるようになっている金融機関が多いようです。

こうしたキャッシングは借りた場合の利率について会社によって大きく差がありますので、その辺りにつきましては個人に事情に合わせたものを選ぶことをお勧めします

専業主婦でも審査通るキャッシングはあるのか

急な出費が必要で自分では工面できない時、どこかでお金を借りることになるのですが、家族や親せき、友人などに借金をするのは難しいものです。「返済するときには利子を付けて返した方がいいのか」「もし返せなかったら縁が切れてしまうかも」などの心配事がついて回ってしまいます。しかしそんな心配がなく借り入れができるのがキャッシングです。返済方法や利息はきちんと決まっているのでその方式に従って返済すればよく、借り入れを申し出るときに気を使わなくてもよいのです。

キャッシングには消費者金融や銀行カードローン、クレジットカードローンの3通りがありますが、借り入れをする際には審査があります。きちんと返済能力があるかどうかを見極めるための審査です。きちんと職業に就いて安定した収入があるかどうかの審査なのですが、その審査通ることが必要になってきます。パートやアルバイトでも安定した収入があればほとんど審査通るのですが、専業主婦の場合はどうなのでしょうか。消費者金融には総量規制という決まりがあって年収の3分の1までの額しか借り入れることができません。専業主婦の場合は収入がないので借り入れることができないのです。

しかし専業主婦出も旦那さんの同意が得られて収入証明書などの書類を用意できれば借り入れができるところもあります。また銀行系のキャッシングなら総量規制の法律に当てはまらないので専業主婦でも上限は少ないですが借り入れることができるのです。

冠婚葬祭や子どものためなど旦那さんの同意が得られる場合は、消費者金融で借り入れをする方が旦那さんの年収の3分の1まで借り入れることができるので、銀行のカードローンで借り入れるよりも上限が高くなりますが、旦那さんに内緒で借り入れをしたい場合は銀行カードローンに申し込んでみるとよいでしょう。

このように収入のない専業主婦でも借り入れができるところもあってキャッシングは便利ですが、返済に困らないよう計画的に借り入れることが大切になってきます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY