> > > 担保を家にしてキャッシングすると有利になるのだろうか?

担保を家にしてキャッシングすると有利になるのだろうか?

担保を家にしてキャッシングすると有利になるのだろうか?

カードローンとキャッシングは無担保ローンで運営されている場合が多いと聞きますが、担保を家にしてキャッシングできるようなキャッシングでも同じなのでしょうか?以前にマンションを購入したのですが、すでにローンについては払い終えています。

また、キャッシングの借入限度額というのは500万円で限界なのでしょうか?銀行やサラリーマン金融で提示されているものでは、これ以上の金額がなかったのでガッカリしています。マンションを担保とする場合ですが、自宅といった住宅などと比較すると有担保としてのメリットはあるのでしょうか?過去に自宅を担保とした場合のローンは、通常よりはるかに大きな金額で金利も安いというのを聞いているので気になっています。

キャッシング業者が対応しているかどうかにかかっています

キャッシング業者が対応しているか確認してみるのが先決です。その理由ですが、基本的にキャッシング業者というのは無担保ローンで運営をされているからです。業者が担保を要求していない場合には、業者で提示されている借入限度額までしか借りられないようになっています。また、今回のケースで有担保ローンを組まれたとしても、実際は他のローンと大差ないとなるはずです。というのも、近年ではマンション価値もそれほど高いものではなくなっているからです。

キャッシング業者は、昔と違って年収や収入などが高いだけで、貸す金額を高く見積もってくれるというわけではありません。そうではなく、どれだけの返済能力があるのかを見ているのです。なので、現在キャッシングを有担保ローンで行おうとされている場合には、審査においても他にローンがないかチェックされるようになっています。つまり、その点で余裕がないのであれば、有担保ローンにしても無意味なのです。

次に有担保ローンのメリットについて案内します。一番大きなメリットは借入限度額が大幅にアップすることです。銀行などで住宅に関するローンを希望されてみるとわかりますが、有担保ローンであった場合には1000万円以上でも借りられるようになっているものです。通常のローンではサラリーマン金融で300万円か500万円が上限となり、銀行などのフリーローンでは500万円から1000万円までが限度額によく設定されています。これらについて納得の上で利用されるのが一番でしょう。また、サラリーマン金融は有担保ローンを積極的に対応されていない場合のほうが多いです。

【参考ページ】
融資限度額は金融業者によってそれぞれです

キャッシングは家を担保に入れなくても借りられる

お金を借りるときには審査を受けなければなりません。審査を受けることによって借入極度額が決まり、また金利も決まります。ですから、審査は非常に大事なものだといえるでしょう。

会社経営を行っている人や、あるいは大規模に自営業を行っている人なら知っているとは思いますが、お金を借りるための審査は非常に難しいです。書類の提出をしなければならないのは当然のことですが、会社でお金を借りる場合であっても、たいていは代表者が保証人にならなければなりません。代表者の保証能力がない場合には、審査に通らないことも珍しくはないのです。

もしも保証能力が必要となった場合には、家など、資産価値のあるものを担保に設定しなければならないケースもあります。そうすることによって禁輸期間は貸し倒れになるリスクを小さくできるのですから、審査に通る可能性も高くなるといえるでしょう。このようにして審査を通過している人も多くいます。

しかし、大した資産がない人にとっては、これもできないことです。このような人がお金を借りるための手段の一つとしてキャッシングがあります。キャッシングというと渦かしい言葉のように聞こえるかもしれませんが、担保や保証人を必要とせずにお金を借りられるサービスだといえばわかりやすいでしょう。ですから、保証人になってくれる人がいなくても借りられますし、資産がなくても借りられるというメリットがあり、そのために多くの人が利用しているのです。

ただ、このようなメリットの裏側には、もちろんデメリットもあります。それは、借入極度額が小さいことです。家などの試算もないわけですから、借入極度額が小さくなるのは仕方がありません。しかしながら、たいていは数十万円くらいまでなら借りることができますから、ちょっとしたお金の不測の状態であれば、キャッシングを利用して対応していくことができます。うまく活用していけば、非常に便利なサービスなのです。
(⇒融資上限が少ない場合の対策

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY