> > > サラリーマンでキャッシングしすぎ…返済どうすればいいですが

サラリーマンでキャッシングしすぎ…返済どうすればいいですが

サラリーマンでキャッシングしすぎ…返済どうすればいいですが

学生時代って本当にお金に関して楽だったな…と思うことしばしばです。確かにちょっとした飲み代がなかったり、友達と遊びに行くのが難しかったりと色々あったものの、本当の意味で「お金がない」なんてことはまずありませんでしたね。今思うと奨学金をもらってバイトをしている友人に「同じくらい大変だ」なんて愚痴ってたのが恥ずかしいですよ。

会社員になってからは安定した給料なんですが、いつの間にかキャッシングの味を覚えてしまいました。しかもあまり良い使い方じゃないんじゃないかな…って使い方なので、気がつけば知らないうちに借り入れ額がかなりものもになってしまってまして…。最近どうも支払いがきついな、と思って、返済している額を正確に調べてみたら、かなりまずいことになっていました。キャバクラに入り浸りすぎました。

多分このままだと、ボーナスをあてにした返済にしてもいつか行き詰まります。キャバクラはしばらく行かないようにしますが、とにかく返済を何とかしないとまずいです。でも正直、今の時点でかなりまずい状況です。支払いがまずい時ってどうすればいいんでしょう?自己破産するほどじゃないですが、日々の生活がかつかつになってきています。ちょっと余裕が欲しいので、良い案があったら教えて下さい。(参考ページはこちら→自己破産してしまった場合の問題を確認

厳しくなったら返済額の見直しを!無理ならおまとめローン!

学生時代は学生時代で「お金がない、お金がない!」って言っていたものですが、社会人になるとそんなものは比ではないくらいの「お金がない!」感と生きることになるものです。私も社会人になってから、学生時代は恵まれていたものだと思いました。奨学金をもらってバイトをしている、という友人もいましたが、今思うと本当に彼らは凄い人たちでした……。

キャッシングは一度使い始めると、その便利さに感動しますよね。しかし計画的に使わないと、返済が厳しくなってしまうことも多々あります。あなたの場合、どうもそれが顕著だったようです。それにしてもキャバクラですか……。ああいった所は確かに楽しいですし、日常生活にはいない美しいお姉さんたちに喜んで欲しくて、ついつい……ということがあるのも分かりますので責めることもできません。
(⇒学生でも使える融資には注意も必要

返済に確実に行き詰まってしまう前に、できるだけのことはしてみましょう。少々手間がかかることばかりですが、返済が遅れて社会的な信用に傷が付くよりはずっとマシなことです。世間の人が思っている以上に、社会的な信用というものは簡単に傷が付きますし、同時にとても大切なものです。一度傷ついてしまうと回復させるまでが大変です。

まず今の状態のあなたに一番にオススメするのは、キャッシング会社に相談し、返済期限を長くしてもらい、月々の支払いそのものを減らすことです。今の状態で厳しいのなら、一ヶ月にこれくらいなら金利を含めて支払いができる……という計算をするわけです。これは正直に相談すればキャッシング会社の人が計算してくれますので、遠慮なく相談しましょう。

もうひとつはおまとめローン。一括で全額返済できる資金を借り入れ、後はそのおまとめローン資金の借り入れだけを返済していけば良い、というスタイルです。月々の支払いが楽になることが多く、また、複数の支払いがあった場合は月に一度だけの返済に変わるわけですので、金銭管理が楽になるという地点があります。(参考ページはこちら→困ったときのおまとめローンについて

どちらの方法もメリットがありますので、どちらが良いとは言い切れません。しかし、一度金融機関の窓口に行って相談してみてはいかがでしょうか。きっと今よりも楽になれますよ。

サラリーマンがキャッシングを利用するなら

サラリーマンは定収入があるからと言っても決してお金に困らないわけではありません。長引く不況の影響で給料も思った以上に増えないしボーナスも下げられたりカットされることもあります。また色んなお付き合いもあり出費が重なります。こんな時にお金に困ることがあったらキャッシングを利用することが出来ます。

サラリーマンの場合、毎月安定した給料が入ってくるので、金融会社の融資には審査が通りやすくなっています。また金利の低いサービスで融資を受けることも出来ます。低金利のキャッシングは審査が難しいですが、安定した収入のあるサラリーマンの場合でしたら金融会社側もお金を貸しやすくなります。

どれくらいの金額の借入を行うことが出来るのかというと、年収の3分の1まで融資が受けられると決まっています。これには消費者金融が総量規制という法律の賃金業法が適用されるためで、あらかじめ借入出来る金額は決まってきます。審査には特に基準はなく通りやすいとされているのは年収が200万円以上であったり、勤続年数が1年以上であるとされていますが、働き始めたばかりであっても融資の利用は出来ます。

キャッシングは正社員である方が審査に通りやすいとされていますが、派遣社員やアルバイトであっても安定した収入があれば審査には通ります。働き始めたばかりで収入が少ないと審査に通らないこともありますが、必ず審査に落ちるとも限りませんので大手の消費者金融の扱う融資を申し込んでみると良いでしょう。

以前は消費者金融の取り扱う融資はサラ金と呼ばれており、これはもともとがサラリーマンを対象にした無担保融資であることから呼ばれていたものでした。最近に鳴門消費者金融に対するイメージは良くなり、会社員の他にも公務員や自営業者、アルバイトの方でも利用する人が増えていきました。会社員の方が審査に通りやすいというわけではありませんが、現在でもサラリーマンで融資を受ける人の割合は多いです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY