> > > なんで学生ローンは18歳でキャッシングできるの?

なんで学生ローンは18歳でキャッシングできるの?

なんで学生ローンは18歳でキャッシングできるの?

学生ローンって結構マイナーなキャッシングだと思うんですが、皆さんキャッシングを良くしている人だったら知っている人が多いんですね。驚きましたが、このマイナーだと思っていた学生ローン、実は18歳でキャッシングできるところが多いんですよね。大手の銀行系カードローンとかは20歳からじゃないと借りられない所も多いし、学生だと厳しいと言われているところもあります。

それと比べると学生ローンはかなり自由度が高いなと思うんですけれど、この学生ローンはなぜ18歳でキャッシングできるんでしょう?大手ができないことをあえてやっているというのは何か否決なんかがあったりするんですか?

18歳でキャッシングできるのは大学生が豊かだから

学生ローンだから、というふうに言えれば楽なんですけれども、これは経営戦略的なものもあります。あえて学生というあまり誰も狙っていなかったところにスポットを当てて、そこに焦点を絞って行くという経営戦略でもあります。ただ一番心配なのはそこで返済されない可能性が高いんじゃないかということでしょうが、そこは大学生が豊かだから大丈夫だといえるでしょう。

これは時代によって二つの意味で使われています。今の時代ですが、この大学全入と言われるようになってきた時代は親が非常に豊かで大学に行くまでのお金を出してくれるところが多いです。大学に行くのがあたりまえだからといって親がお金を出してくれるので、最悪の場合学生ローンは親に返済させればいいと考えているのです。もちろん法的には借りた人が返済義務がありますが。

もう一つ、これは昭和の時代ですけれども大学に入る人が少なかった時代にあった学生ローンは大学に行く人達はエリートでした。エリートの人たちは社会に出てから確実にお金を稼いでくれるという勝算があったため、エリートの人たちが学生ローンを使って借り入れをするというようなことができたのです。結局業者は18歳でキャッシングできるとしてリスクがあっても、後で得をする事ができたのです。

このように学生ローンというのはある意味で大学生という恵まれている存在だからこそ貸出をすることができるという点があります。恵まれているという点では最近の専門学校生も同じで、学生ローンの対象になっています。結局18歳というと働けないことはないですが、親のお金を当てにしているわけで、それは学生ローンも同じなのです。

18歳でキャッシングできるところは他にもありますが、やっぱり親の同意が必要だったりします。未成年のうちは親の保証がないとキャッシングも難しいですから、早く稼げるようになりましょう。

【参考ページ】
未成年が融資を使う場合の注意点

18歳でキャッシングできる方法はあるのか

未成年でもお金が足りなくなってキャッシングを利用したいことがありますが、多くの場合、キャッシングを利用できる年齢が20歳以上になっています。しかし、18歳でキャッシングできる方法もあります。

未成年がキャッシングを利用する場合、民法によって保証人がいなければ無効にできるという規定が問題になります。利用者側が一方的に契約を破棄し、使ってしまったお金を返済する必要がないため金融機関にとってリスクの大きな契約になります。そのため、未成年の利用を認める場合、18歳以上で保護者の同意があることが条件になります。

学生の場合は学生専用のキャッシングがあるため、それを利用すると良いです。これも基本的に未成年者は保護者の同意が必要になりますが、同意がなくても利用できることがあります。法律で例外とされているわけではなく、金融機関が学生という身分によって信頼できると考えてキャッシングを許可するものです。金融機関側にリスクがあることには変わりがないため、銀行や大手の金融機関では同意なしでの利用は難しいです。

また、未成年でも成人として扱われればこの年齢の制限はなくなります。結婚していれば法律上は成人になるため、18歳でも利用できます。しかし、実際に利用を認めるかは各金融機関の判断に委ねられるため、結婚していても保護者の同意が必要になることもあります。

キャッシングの利用では収入も必要になります。消費者金融などの総量規制の対象になる金融機関では年収の3分の1までしか借り入れできないため、収入がないとこの法律の制限によって利用できなくなります。銀行や信用金庫などは総量規制が適用されませんが、収入が全くないと審査に通りにくくなります。

収入に関しては就職している必要はなく、パートやアルバイトの少額の収入でも利用できます。ただし、利用限度額は収入の影響を受けるため、多額の借り入れをしたい場合は就職していた方が審査で有利になります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY