> > > 本人確認書類は学生証であってもキャッシングで利用できる?

本人確認書類は学生証であってもキャッシングで利用できる?

本人確認書類は学生証であってもキャッシングで利用できる?

学生証を本人確認書類としてキャッシングしたいのですが可能でしょうか?ちなみに、本人確認書類にはどのようなものがあるのですか?今のところ、運転免許証とパスポートと健康保険証については知っています。(参考ページはこちら→融資申し込みで使える書類とは?

他にもあると聞いているので、それらについても合わせて教えていただけると助かります。ちなみに、学生証を本人確認書類としてキャッシング契約を結んでしまうと、メリットやデメリットについてはどのようなものが発生するのでしょうか?出来れば損をしたくないので、デメリットについて詳細の案内をして頂けると助かります。

メリットやデメリットはあまり存在しません

学生証を本人確認書類としてキャッシング契約を結んでしまえるのは確かです。また、学生なのでデメリットについてはあってもないようなものと思っておいたほうがいいでしょう。その理由ですが、基本的にメリットのほうが圧倒的に多いからです。メリットその1についてですが、学生証であっても提示するだけで今であればネット経由でも契約できるようになっています。ない場合には、別のものを直接店舗に持っていかないといけないので面倒でないのがメリットでしょう。
(⇒学生でも普通に融資可能です

メリットその2についてですが、学生証であっても結構借りられるようになっている点です。ただ、学生の稼ぎについては結構多くはありませんので10万から20万程度だと思っておいたほうがいいでしょう。後になって、信用が上がってくると30万円以上でも借りられるようになるのですが、早い段階で使うようにしていくとそのような増額審査についてもされやすくなるので、これもメリットと言えます。次にデメリットについてですが、一般的にデメリットのようなものはないとされています。

審査についてはずいぶんと甘くなっているので誰でも通るとさえ言われていますし、特に制限のようなものもありません。ただ、サラリーマン金融でもそうですが、利用するキャッシング業者によっては知人などに、キャッシング利用をしているのがバレるのがデメリットでしょう。人によっては、それもあるのでネット非対応の業者については利用しないそうです。また、学生証などの本人確認書類についてですが、他のものでは公的機関を利用して発生する料金表の低地となっています。料金表であっても決められた月数分を用意できるのであれば、そのまま本人確認書類として利用できます。ただ、全体において利用できるわけではありません。

学生のキャッシングで提出する本人確認書類は学生証

キャッシングはいざという時にはとても便利なもので、審査に通って限度額内であれば何度でも利用できるのが魅力です。

最近では主婦やパート、派遣、学生の方でも利用できる会社が増えてきていています。学生はもちろん勉学が一番優先されるべきものではありますが、様々なイベントごとなどつきあいが多いのも現実です。そういう時には費用が足りなくなってしまうこともありますので、キャッシングを利用できるのはとても助かるのです。(参考ページはこちら→学生にもおすすめ出来るキャッシングとは

キャッシングはインターネット環境があれば自宅で申込をすることができますし、大手の消費者金融会社などでは即日融資をしています。インターネットで申込をし、その時に本人確認書類も提出してしまうことで契約をできます。後日書類が送られてくる場合もあります。学生の場合は学生証のコピーを提出することになりますが、学生証のみだけではなく、その他の本人確認書類を準備しなければいけない場合も少なくありません。

その他の本人確認書類とは車の運転免許証や健康保険証、パスポートなどです。これらの本人確認書類は審査の際に利用されます。学生の場合は限度額を決められる時にはあまり高額にできるということはほぼありません。理由として勉強優先のためにアルバイトであることが多いですし、長時間働けるという人も少ないので収入面では多いとは言えないからです。キャッシングの限度額は収入面を考えて決められるのです。

あくまでキャッシングはお金を借りるということであり、後々には返済が待っています。いくら限度額内であれば何度でも借りられるとはいえ、借り過ぎてしまえば逆に苦労をしなければいけなくなります。お金を借りるのはどうしてもという時の最終手段だということを肝に免じておくことは大切です。

また各消費者金融会社であれば返済シミュレーションというものをサイトに設置してあることが多いです。これはどれだけ借りたら毎月の返済額はいくらになるのか、利息がいくらになるのかということを出すことができるものです。借り過ぎの防止になりますので、申込をする前にやってみるのがオススメです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY