> > > 清水銀行の各キャッシングローンが事業資金を拒否している理由

清水銀行の各キャッシングローンが事業資金を拒否している理由

清水銀行の各キャッシングローンが事業資金を拒否している理由

清水銀行の各キャッシングローンが事業資金を拒否している理由

清水銀行のキャッシングローンが面白い。普通のフリーローンに「しみずスピードローン」と「しみずクイックローン」というものがある。教育ローンや住宅ローンもあるが今は除く。

このフリーローンだが借りたお金の使い道に関して自由となっているにも関わらず、但し書きで事業性の資金として使ってはならないとある。この理由は勝手な解釈になるが事業資金はリスクが高くなるからではないかと考えている。貸したは良いけど倒産でもされたら貸し損になる。
(⇒事業者の立場ではお金が借りられない?

きっとそういうことだろうと思うのだがどうだろうか?

事業資金の拒否しているのは審査方法が異なるからです

推測お疲れ様です。なんだか確信を持っているみたいですがちょっと間違えてます。質問内容のような側面があることは事実でしょうけど、その理由でいくと消費目的だとしても使えないということになるんですよねえ。そこんとこ考えてますか?

なぜ禁止しているのかは業者によって多少違いはあるんでしょうけど、第一は審査方法が違うということだと思いますよ?個人への貸付であれば、収入や返済能力を調べるだけで済みますけど事業目的での貸し出しでは企業の価値なども調べます。あなたが言ったように倒産しないかの調査も含まれますよね。これって相手が「個人」か「会社」かという違いがあるからとっても大事なことです。

その他にも保険の意味もあるでしょうね。例えば完全にフリーとしてお金を貸したとしましょうか。そして貸した相手が麻薬の購入資金として活用して捕まりました。その場合に貸した銀行もちゃんと調査をしたのかを追及される可能性がありますから。分かってて貸していたら問題有りですね。

まぁこれはあくまでも可能性の話しです。ただお金を貸したときに理由は聞いたかくらいは警察から聞かれるでしょう。企業たるものそういった事態は想定してますよ。いわゆるリスクマネジメントですね。こういった理由も大なり小なりあるでしょう。

そして最後に清水銀行と限ってますが銀行ローンの大半は目的を限っています。大半であって完全にフリーとしているローンもあるんですけどね。

説明としてはこんなところでしょうか。言葉使いが良ければ真剣に答えるんですけど、これはどうも答える気が半減するというか…とか言いつつちゃんと答えてますけどね。でも、もう少し考えて質問して欲しいものです。次の機会があれば期待しておきます。

清水銀行のカードローンを利用してキャッシングをしたい

清水銀行は静岡県の静岡市に本店を持つ地方銀行です。

静岡銀行では、個人の人を対象にしたカードローンを用意しています。カードローンは、利用限度額の範囲内で繰り返しお金を借りる事が出来、ATMなどを利用してのキャッシングが可能になる便利なローンです

お金が必要になった時、身近な場所に在るATMを利用すればお金を引き出すことが出来、ATMが24時間営業となっている事でいつでもお金を引き出される便利さをもっているのです。

清水銀行のカードローンには、10万円以上、500万円以内で1万円単位での融資を受ける事が出来るもの、30万円コース、50万円コース、100万円コースの中から選べるようになっているものなどが用意されているのが特徴です。

そのため、ニーズに合わせて選べるのが特徴なのです。

因みに、10万円以上、500万円以内で利用できるカードローンは、申し込みを行う時の年齢が満20歳以上、65歳未満の人が対象となり、完済時の年齢は70歳以下であると言う条件が設けられています。また、安定した収入で、且つ継続している収入が有る人、前年度の税込み年収が150万円以上と言った条件が設けられており、更に、サラリーマンの人の場合は勤続年数が1年、個人事業主の人の場合は、同一事業を2年以上営業をしていると言った条件が設けられているのが特徴です。
(⇒融資の限度額は借りられる額に条件があります

一方、3つのコースから選べるカードローンは、満20歳以上、65歳未満の個人が対象となっており、勤続年数における制限などが設けられていませんし、年収についても同じです。

尚、これらのカードローンでのキャッシングの利用使途と言うのは何れの場合も原則自由と言う形になっており、旅行や結婚式、引越し、家電品の購入など幅広い用途に使えると言うメリットを持っています。また、本人確認書類として運転免許証などの書類を提出する事で審査を受ける事が出来ると言った特徴もありますし、保証会社の保証を受ける事で保証人や担保が不要での申し込みが出来ると言うメリットも有ります。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY