> > > 一度審査に落ちたからキャッシングはもうできないの?

一度審査に落ちたからキャッシングはもうできないの?

一度審査に落ちたからキャッシングはもうできないの?

1ヶ月くらい前のことでしょうか、使おうと思っていたキャッシングがあって、そのキャッシングを申し込んだら審査に落ちてしまいました。審査に落ちたから仕方なく自分の出来る範囲で借入を使わずに節約して生活していたわけですけれどもそろそろまた借入をできたらなと思っています。

一度審査に落ちたこういうキャッシングというのは、また申し込みを下もダメなものなんでしょうか。借入ができるようにはもう二度とならないのでしょうか。

一度審査に落ちたならキャッシング申込は慎重に

同じキャッシング業者で審査に落ちたけれども、また申し込みをしたらなんとかなると思っている人もいるようですが、正直なところを言えばなんともなりません。すぐに申し込みをしたところで一度落ちたと言う記録というのが残っているので、その記録と照らしあわせて「この人は駄目だ」というように判断されます。なのでもう一度キャッシングに申し込みをする場合には慎重さが必要です。(参考ページはこちら→融資審査を受けるにしても慎重に

慎重にというのは簡単にいえばキャッシングに申し込みをするときには記録と照らしあわせた時に「この人は変わったな」と思わせないとダメということです。何か小手先のことをするのではなく、例えば年収であるとか働いている場所であるとか、そういったところが変わっていれば業者側としても「これならいいだろう」と思うわけです。

つまりキャッシングを申し込みして審査に通るために必要な物は収入アップや職業を変えてより安定した職業に変わること、それ以外にも信用力を上げるということが必要です。そうすれば以前に申し込みをしたキャッシングであっても「この人は変わったな」と思わせて、借入をすることができるようになるでしょう。ですから審査を一度受けたら二度目は出来る限り期間を空けてください。

そして期間を空けた上で借入審査に通るための工夫というのをすれば、通りやすくなるということです。一番わかり易いのは収入ですけれども、収入をアップさせるのはなかなか難しいでしょう。でしたらできる限り審査の簡単と言われているところで借入をして返済をするという実績をつけておくというのもいいでしょう。確実に返してくれる人に業者は優遇をしてくれますので。

信用実績をつけるために借入をして返済をして、その後はちゃんとその借金を全額返済した後に、キャッシング業者に申し込みをして審査を受けるといいでしょう。過去に落ちたと言っても、他の業者で信用実績が付いている、返済をしっかりしたということがわかれば、考え方も変わるというものです。

これらの方法を参考にしてみてください。

キャッシング審査落ちた場合の対処法。丸秘テクニック大公開

高齢者になると、病気や家が壊れてリフォームしなければいけないので、まとまったお金が必要になることもよくあります。子供や親戚には迷惑をかけたくないので、自分でお金は工面したいと考えますが、貯金があまりない人はとても困ってしまいます。そんな時に利用すると便利なのが、金融機関からキャッシングすることです。

金融機関からキャッシングできるカードを一枚持っているだけで、万が一の時でも安心できます。キャッシングの申し込みは、安定いた収入があれば、どんな職業の人でも申し込めますが、金融機関によっては年齢制限があるので注意が必要です。金融機関によって、年齢制限の上限も違ってきます

銀行の年齢制限の上限は65歳までという人が多いですが、消費者金融では上限制限が69歳までという所が多いです。申し込む前によく確認することが大事です。キャッシングに申し込めば、審査に誰でも通るわけではありません。基準は金融機関によって違ってくるので、1社に落ちたからといって、他社でも落ちるとは限りません。審査に通りやすい金融機関と、通りにくい金融機関があるので、口コミなどで情報を確認してから申し込むといいでしょう。

しかし、審査に落ちたらすぐに他社に申し込むことはやめた方がいいいです。お金にすごく困っていると思われて審査に通りにくくなります。最低でも3カ月以上たってから、申し込むようにしましょう。収入が多い人よりは、勤続年数が長い方が審査に通りやすいので、最低でも半年以上勤務してから申し込むようにしましょう。

キャッシングは消費者金融などでは、総量規制があるので借りれる額が限られてしまいます。総量規制とは年収の3分の1までしか貸さないので、どうしても年収の少ないアルバイトやパートの人は、借りれる額が少なくなってしまいます。銀行では総量規制がないので、専業主婦などでも申し込むことができます。自分のニーズにあわせて、金融機関を選ぶようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY