> > > キャッシングサービスを利用したいけど借りられない場合は?

キャッシングサービスを利用したいけど借りられない場合は?

キャッシングサービスを利用したいけど借りられない場合は?

キャッシングってとっても便利なんで利用したいんだけど申し込んでも断られちゃったんですよね。こういう時ってどうしたらいいんですかね?(参考ページはこちら→融資審査に落ちてしまった場合の対策

自分の条件を見直し、別の会社にトライ

一か所落ちただけで諦めるのは早いです。別のところに行って申し込んでみましょう。意外と「あの会社はダメだったけど、この会社はOKだった」なんてことはあるものです。しかし、自分がなぜ落ちたかを理解していないことには、次の場所に申し込んでも断られる可能性が残ったままです。ですので、審査に落ちた要因を探し出し、改善してから次の会社に申し込むのがベストでしょう。(参考ページはこちら→気になる融資審査に落ちる理由とは?

よくある審査落ちのパターンなのですが、年齢が低い、もしくは高いことがあります。18歳以上65歳未満とか、20歳から70歳までなんて提示されていても実際は上限年齢、下限年齢に近ければ近いほど落とされる可能性は大きいものなのです。提示されたラインの年齢は【ギリギリこの年齢なら貸してあげてもいいかな】【まあ、審査してやってもいいかな】と言う年齢なので、このんで貸してもらえる年齢ではないのです。ですので、ギリギリ年齢だとすると、他の条件を少しでも良くしておくことが大切です。

債務整理をした人も審査落ちの対象になります。これには過払い金請求や自己破産も含まれますので、このあたりに心当たりがある人は借り入れに慎重になる必要があるでしょう。自己破産していても絶対に借り入れできないわけではないんです。ある程度年数がたっていて、その間、他の金融事故がい場合は、中小タイプの消費者金融だと貸してくれることもあるようです。そういうところで信用をつけてから大手に申し込むのも良いですね。もちろん、債務整理ほどは大きくとらえられませんが、返済遅延が頻繁にある人も審査落ちの対象になります。

借入先を選ぶのも重要ですね。審査の緩さで言えば、中小タイプの消費者金融>大手の消費者金融>銀行系消費者金融>銀行です。前回落ちたところよりも一段、審査の緩いところに申し込んでみましょう。

余談ですが、独身よりも既婚、子どもがいないよりも子どもがいる家庭のほうが借りやすいです。また、マイホームなどの資産があるかどうか、勤め先が安定しているかどうか、年収はどれくらいなのかと言うことも審査に影響してきますのでそのあたりも少し気にしてみましょう。

いくら落ちたからと言って短期間にいろんなところに申込をしまくっていると信用は落ちますので一度に申し込むのは2~3社にとどめるようにし、一度落ちたら数日は開けて申し込むようにしてくださいね。

キャッシングサービスで借りられない場合とは

お金が足りなくなると、生活をしていくのが大変になります。そんなときには、知り合いや身内に借りる方法もありますが、後でもめたりするのも嫌なものです。それなら、外部の金融会社から借り入れをするようにしたほうがいいでしょう。

外部の金融会社からの借り入れは、キャッシングサービスを使うと便利です。そのサービスは、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などの会社で行っているものです。通常、ローンカードやクレジットカードをコンビニや銀行、商業施設、駅などにあるATMに挿入して、暗証番号と利用金額の操作により利用していくことができるのです。(参考ページはこちら→コンビニからお金を借りる方法

しかしながら、キャッシングをするには、申し込みをして審査に通り、融資可能な状態にしなければなりません。審査の難易度も金融会社のジャンルにもよりますし、各会社でも基準が異なります。借りられない場合としては、基準を満たしていないということです。銀行やクレジットカード会社では、安定したある程度の収入がないということや今までの返済歴に問題がある場合などになるでしょう。家族についても同様です。また、消費者金融はかなり審査が緩いといわれており、アルバイトやパートであっても審査に通ったりするものです。それも通らないのは無職であったり、度重なる遅延やブラック、自己破産といった人ではありえることです。

審査を受ける際には、収入や職業、ほかの借り入れや住宅の形態などの個人情報の提供も含まれます。それを踏まえて、在職確認や収入の確認をした上で判断していくことになります。

また、カード関係があっても、ATMで借り入れができないことがあります。それは返済が滞っているか、これ以上の借金は危険と判断されて利用停止になっている場合でしょう。

ですから、いくら簡単にお金が借りられるといっても、キャッシングは借金と同じだという意識を持っていなければなりません。そして、計画的にお金を使い、返済をしていくようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY