> > > キャッシングで事前確認書と審査の関係について解説して欲しい

キャッシングで事前確認書と審査の関係について解説して欲しい

キャッシングで事前確認書と審査の関係について解説して欲しい

キャッシングで気になっているものがあるのですが、それは事前確認書と言われているものです。キャッシングの事前確認書というものを提出してキャッシング審査を受けることができたりしますが、通常の審査となにが違うのでしょうか?
(⇒キャッシングにて良く必要になる書類

また、キャッシングでもカードローンであっても同じような審査方法が存在します。これってどちらのほうが有利になるものなのでしょうか?というのも、現在カードローンを前提として借入を検討しているのですが、インターネットではキャッシングのほうがオススメとなっていたからです。ただ、新しい情報で同じような条件で悩んでいるQ&Aが見当たらなかったので、今回このような質問をさせていただいたわけです。
(⇒カードローンとキャッシングって違うの?

基本的に大きな違いについてはなかったりします

大きな違いについてですが、カードローンとキャッシングでは存在しないとなっています。インターネットでは、「過去の情報」についてもそのまま利用されていることがあるので注意してください。例えば、キャッシングの事前確認書と審査については、「審査スピードを高める」という目的で利用されているだけで、それ以外の理由については特に存在しない・・・となっているのです。その為、インターネットでは誇張表現が使われている場面が多いようにも思われます。

次に事前確認書についてですが、カードローンでは段々と用いられないようになっています。その理由ですが、「借入シミュレーション」というものが現代では代替的に用いられるようになっているからです。借入シミュレーションでは、実際に借入ができるかどうかを入力フォームだけで判断します。なので、年齢・年収・借入の3点で問題がなければ審査については、そのまま合格する可能性が高いと判断されるわけです。

多くの人は、「結局のところ借りられるのか?」という点に疑問をもっているので、借入シミュレーションを行うだけでカードローンについては困らないとされています。つまり、この借入シミュレーションの前身のような存在こそ事前確認書なのです。過去では、サラリーマン金融であっても24時間対応のようなサービスを行っていませんでした。22時から24時にかけて営業終了となっていたのです。

しかし、事前確認書をATM設置店舗で入手しておき、そちらに記入を行いサラリーマン金融に送信するようにすると、実際の審査についてどれだけ安定性があるかを教えてもらえるようになっていたのです。今は、そのような確認書は必要ではなく、口答やインターネットからで仮審査をしてもらえるようになっています。

キャッシング事前確認書は審査の時に利用される書類です

キャッシングに申し込みをする時は、キャッシング事前確認書が必要になります。このキャッシング事前確認書と言うのは、運転免許証、健康保険証、パスポートなどの本人確認書類になります。(参考ページはこちら→融資申し込みの際に欠かせない物

また、利用希望額が大きくなることで必要になるのが収入証明書類です。収入証明書類と言うのは、サラリーマンであれば源泉徴収票や最近の給料明細書などであり、個人事業主などの場合は納税証明書や確定申告書等の所得を証明できる書類の提出が必要となるのです。

キャッシングの審査と言うのは、返済能力が有るのかどうかだけではなく、申し込みをした人がどのような人物であるのか、信頼が出来る人物であるのかを確認するために、個人信用情報を照会します。この個人信用情報は個人を特定できる情報が記載されており、借金が有る場合などでは、借金の件数や返済がきちんと行われている否かを確認する事が出来るようになっているのです。

運転免許証や健康保険証と言うのは、キャッシング事前確認書の中でも基本的な書類であり、この情報を元にして申し込み者が本人であるかどうかを確認し、更に個人信用情報で申込者の信頼性を確認する事になるのです。

一方、収入証明書類と言うのは、比較的金額が大きい時に必要となる書類なのですが、消費者金融などの場合は総量規制が有りますので年収の3分の1を超える貸付が出来ません。そのため、希望利用限度額が100万円を超える場合や、現在の借金と希望利用限度額の合計額が100万円を超える場合などでは、収入証明書となる源泉徴収票などの写しの書類の提出が必須になっているのです。
(⇒融資の審査で年収が大事な理由

尚、消費者金融で年収の3分の1を超える貸付を行ってしまうと、行政処分の対象になることからも、収入を証明出来る書類で申込者の年収を確認し、申し込み金額などが年収の3分の1を超えていないか否かを確認した上で審査を通し、キャッシングの利用が出来るようになるのです。

因みに、銀行などの金融機関は総量規制が有りませんが、希望利用限度額が多くなることで返済能力を確認するため、収入証明書の書類が必要になってくるのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY