> > > 実際に借りていなくてもキャッシング枠の上限金額が借金になる?

実際に借りていなくてもキャッシング枠の上限金額が借金になる?

実際に借りていなくてもキャッシング枠の上限金額が借金になる?

キャッシングしようと思って某大手消費者金融に行ったのですが、断られました。自分は定職にもついているし、そんなに大きな金額を借りようとしているわけではないので、理由として思い当たるのは、過去に他社でキャッシングカードを作り、解約しないままでいることくらいです。実際に借りてはいないんですが、他社の借入枠が他の借り入れに影響することってあるんでしょうか?(参考ページはこちら→融資審査で影響する事とは?

キャッシング枠は借入と同じように扱われる

他社の借り入れ枠がそのままになっていると、どの記入会社であっても【他社で借金をしている】と判断されます。借入枠があるということは、その額の分だけ、その会社からお金を借り入れることができるということ。つまり、自分の預金通帳のように使うことができるという仕組みになっていますので、その分、お金を借りているのと同じような意味合いを持つということになります。

実際にお金を借りていない場合も同様で、審査が厳しいところですと、借入枠があるだけで、実際の借金と同じように判断されることだってあるのです。これは総量規制にも関係してきます。また、他のところで借りていて、さらにまた借りようとしているということで多重債務予備軍ととらえられることもありますので、使わない借入枠は無くしておいた方が賢明でしょう。
(⇒総量規制の決まりとは?

よく、カードにはさみを入れて処分したつもりになっている人がいますが、カードを処分しただけでは解約したことにはなりません。キャッシング会社に解約の申し出をしてきちんと手続きをしておかないといつまでも借入枠が残ってしまい、消費者金融利用者として扱われることでしょう。ですので、必要がないと思ったキャッシングカードはきちんと解約しておくことが重要となってくるのです。

結論としては、借入枠は消費者金融利用者の証となり、その次の借り入れの足を引っ張るということになります。借入枠があるだけで次の借金が絶対にできなくなるというわけではありませんが、足かせとなるのは間違いありません。審査に落ち、その原因が借入枠であると想像するのであれば、その借入枠を解約してみることをお勧めします。カードがすでにない場合でも、契約会社に問い合わせればすぐに解約手続きができるようになっていますのでまずはカスタマーサービスに問い合わせるようにしましょう。解約手続きが済んで、2~3か月たったらまた、審査に申し込んでみるといいですよ!無事に借入できるといいですね。

実際借りていなくてもキャッシングの枠の上限は上がります

実際借りていなくてもキャッシングの上限枠は定期的に上がることが多いです

キャッシングの利用限度額、いわゆる枠は審査の際にカード会社や消費者金融などで独自に設定されるものです。この時、気をつけたいのがキャッシングには法的な制限がかけられているということです。法的な制限は総量規制とも呼ばれ、主に消費者金融に向けた制限ですが、一部の金融機関では法律に準拠した独自の制限を設けており、どのカードローンやクレジットカードのキャッシング枠も総量規制がかかっていると考えておくと良いです。

そのため、クレジットカードでもカードローンでもキャッシングの上限枠は収入と借入状況から自動で決まります。ただし、法的な上限とは別に各審査ではさらに上限を下げることが一般的です。特に取引が他に無い方の場合は、利用可能額がかなり下げられていることに驚く方も多いようです。

審査で決まった利用限度額についてはいくつかの条件によって上がりますし、上げることも可能です。利用限度額を上げる条件は審査から半年以上経ってから増額申請をすることです。増額申請は会社によって申請可能時期が違いますが、多くは半年から1年利用し続ければ利用限度額を上げる増額申請が可能となるようです。

また、自身で増額申請をしなくても各会社では定期的にカードの利用状況を確認し、各社の社内規程に合えば増額申請がなくても自動で増額を行うカード会社も多いです。あまり使っていない、もしくは、使っていないのに増額が行われる方もいるので増額の条件ははっきりしませんが、ひとつはっきりしているのが法的な制限は必ず守られているということです。

他の会社で現金の借り入れを行った場合には総量規制に照らし合わせて必要があれば利用停止の処分が下ることもあります。利用停止は宣告されずに行われますので注意が必要です。使いたいときに利用可能額は未だあるはずなのに使えなくなる場合はほとんどがこの総量規制に当てはまっていると考えてよいです。
(⇒この辺の対応は金融業者で変わってくるので注意

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY