> > > キャッシングしていて身辺調査されれば就職に響くの?

キャッシングしていて身辺調査されれば就職に響くの?

キャッシングしていて身辺調査されれば就職に響くの?

キャッシングしていて身辺調査されれば就職に響くの?

就職先に対してその身辺調査の結果がいくことはまずありえない

キャッシングしていて身辺調査されれば就職に響くのかどうかのご質問ですがこの類の質問は本当に沢山あります。これは就職先にこの身辺調査の結果が提示されるようなことは個人情報の管理上ありえない話ですので就職には響かないという解釈で構いません。就職活動ともなると、身辺調査がみなさん気になるのですね。それもいたしかたないことだと思いますが、神経質になってしまうのも分かりますが大丈夫ですよ。

キャッシングしていたということ自体、悪いことではないのです。それほど気にされることはないと思いますが、気になる方の為に、ご説明すると会社側はそこまで全員分の身辺調査にお金をかけていない場合もありますし、その身辺調査が原因で破談になったり、首になったりすることはありません。キャッシング会社は個人情報を守る義務があり、その情報を開示ずるのは、何かしら事件性があるようなことがあり、警察などへ情報を提出するというような時です。それ以外は一般の企業に情報をもらすことはありません。

キャッシングは前述したように悪いことではありません。きっと面接官だって、キャッシングカードの1枚も持っていることと思います。大切なのはトラブルを起こさないことだといいます。ブラックにならない様に、返済期日を守る、とか、きちんと返済するとか、本当にそういう基本的なことで構いません。特別、就職の前だから、とかそういう気持ちではなく社会人として当たり前のルールは守りましょう、ということですね。
(⇒融資でブラックになると別の意味で困ります

もう学生のころから学生ローンを利用されている方もいらっしゃいますし、それをいちいち咎められるようなことはありません。だっておかしいですよね、学生ローンは学生だから利用できるローンであり、それを利用する理由も本当に様々あると思います。それを、この学生ローンは何のためですか、とか聞いたりすることがあるとしたら、全く滑稽です。学費が足りなかったため、少しでも実家に楽をしてもらうためという場合だってあるはずですから。それに面接官は原則、することはできないのです。それは知らないからです。
(⇒学生に特化したローンとは?

もう、ご安心頂けましたか?ご自分が告白するようなことがない限り、就職のときに身辺調査をされて、キャッシングのことで、影響が起こるようなことはありません。キャッシングは上手に利用すれば、信用を勝ち取るための武器にすらなるのですから。

キャッシングにおける身辺調査はなぜ必要なのでしょうか

最近は消費者金融や銀行のカードローンでキャッシングをする人も多くなってきています。インターネットなら24時間いつでもどこからでも申込むことができ、街なかにあるATMも気軽に利用することができます。申込むと、仮審査がありますが、コンピュータで自動的に審査されるので、数秒から数分間で結果が出るようになっているところが多いです。

仮審査では年齢や勤務先、年収、他社での借り入れの有無などを自己申告します。それをコンピュータに照らし合わせてその金融会社の借り入れ条件とあっていれば審査に通過します。仮審査後は収入証明書や本人確認のための書類などを提出し、その内容自己申告した内容、または実際の様子が合っているかを確認する審査に入ります。その審査のために身辺調査も行われます。

お金を貸す方は申込んできた人全員に希望の額を貸すわけではありません。やはりお金を貸せばきちんと利息を付けて返済してもらわないといけないので、借り入れを申し込んだ人の信用度を確認する必要があるからです。たとえば自己申告で勤務先が示されていてもそれが事実かどうか確認しなければ、本当は仕事をせず収入もないのに虚偽の申告をするということがないとも限りません。

きちんと返済できるかどうかを確認するためには申告された勤務先に連絡をして在籍確認をしたり、その勤務先に在籍することが分かるような書類を提出してもらう必要があるのです。また複数の金融会社でキャッシングをしているかどうかも返済能力の有無の判断基準になります。

それらを確認するための身辺調査の方法は各金融会社によって違いますが、きちんと返済できる人であることを確認するための身辺調査ということです。それが本審査になるのですが、それに問題なく通過できれば借り入れが可能になります。さらに毎月きちんと返済していれば借り入れ限度額も上がっていくことでしょう。

キャッシングの時のこれらの審査があるからこそ、借りる人も貸す金融会社もお互いに信用してお金の貸し借りが成立するのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY