> > > 信販系キャッシングは具体的にどんな利点がありますか?

信販系キャッシングは具体的にどんな利点がありますか?

信販系キャッシングは具体的にどんな利点がありますか?

今まで信販会社と言われても「?」という感じでしたが、『クレジットカードを取り扱っている金融業者』と言われて、ようやくピンときた感じです。私はこうした事とは無縁な暮らしをしてきましたので、実際に融資が必要になるまではこうした事は本当に知らなかったのです。

だからこの信販系キャッシングというのに今興味を持っているのですが、銀行や消費者金融みたいに目立つ金融業者が居る中で、ここ独自の利点というのは何なのでしょうか?信販系、って言っても私みたいにすぐにはピンとこない人も多い中で、利点らしい利点があるのかどうかは気になります。利点が無いようなら、有名どころの消費者金融や銀行の方がむしろ良さそうな気もしますし。

信販系キャッシングに詳しい皆様方、どうか初心者の私に教えて下さい。利用した事があるないに関わらず、有益な情報お待ちしております。

信販系はクレジットカードキャッシング自体が利点と言えそうです

信販系キャッシングは、確かに銀行キャッシングや消費者金融キャッシングに比べてマイナーと言わざるを得ないでしょう。しかし、信販会社はクレジットカードや目的別ローンの取り扱いからも見るように、かなりの規模に成長していると言っても過言ではありません。信販会社、と表現しても分かりにくいですがクレジットカード会社の○○、みたいな感じで説明を受けると、合点がいくという人は結構いそうなところです。

そんな信販系キャッシングの利点をとても分かりやすく、一言で言うとしたら『キャッシング機能付きクレジットカードの存在』となるでしょう。クレジットカードと言えば国内だけでなく国外でも買い物に使える便利な一枚ですが、その反面で融資には使えない…そう思い込んでいる人は多いです。でも、それは単なる思い込みであるといっても良いでしょう。そう、キャッシングという融資機能に注目です。
(⇒国外の融資利用もクレジットキャッシングの強み

クレジットカードは作る時にキャッシング枠を希望すれば、買い物の機能に融資機能をプラスする事が可能になっています。つまりは一枚で融資と買い物ができる便利アイテムになるという事で、融資を受けたいけど買い物ができるカードも欲しいという願いを兼ねるにはピッタリなのです。消費者金融や銀行でキャッシングというと、大抵は融資専用のカードの発行になってしまいますからね。

金利や審査基準は銀行と消費者金融の中間という傾向が強いので、銀行か消費者金融かで悩む人にフィットする事がしばしばあります。ゆえに、信販系キャッシングというのは十分な存在感があると断言できるのです。

【参考ページ】
信販系融資の基本的なサービスと強み

信販系キャッシングは具体的にどういった特徴があるか

キャッシングやカードローンは多くの金融機関が提供しているサービスで、大きく分けて銀行系、信販系、消費者金融系、流通系などが挙げられます。中でも信販系キャッシングは買物も借り入れもする人にとって使い勝手の良いサービスとなっていますし、初めて借り入れをするときにこちらを利用するという人も少なくありません。

具体的に他の金融機関と信販系キャッシングの違いを見てみると、まず、審査の厳しさの順で見ると、銀行系が最も厳しいといわれています。次いで信販系、消費者金融系と言う順番になっています。ただし、信販系の場合には、あらかじめキャッシング機能つきのクレジットカードを作るという流れになっていますので、この審査に受かれば借り入れをするときに改めて審査を受ける必要はありません。

次に、利用限度額の多さについてみてみると、やはり資金力の大きい銀行系が最も融資額が大きくなりやすく、次いで大手の消費者金融系となっています。信販系や中小規模の消費者金融系は数十万円程度を上限としているところも少なくありませんが、一部の業者はある程度まとまった融資も可能になっており、個別の差が大きくなっています。

金利については、銀行系、信販系、消費者金融系の順になっており、銀行系が最も低金利で利用できます。ただ、信販系も消費者金融系と比べると比較的利用しやすい金利になっていますので、全体的にバランスのよい借入先といえます。返済方法はショッピングと同じで、毎月指定した預金口座からの引き落としになってますので簡単ですし、繰り上げ返済なども簡単にできるようになっています。

また、クレジットカードについているポイントが、キャッシング利用時にも貯まるようになっているものも多いため、買物メインで利用したい人、ポイントをお得に集めたい人、カードの管理枚数をできるだけ少なくしたい人などは、信販系キャッシングで時折借り入れをするといった方法が良いでしょう。
(⇒銀行で借りるのが最善とは限らない

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY