> > > キャッシング審査に備えて何を準備すれば良いですか?

キャッシング審査に備えて何を準備すれば良いですか?

キャッシング審査に備えて何を準備すれば良いですか?

今度キャッシングを申し込みたいと思ってます。キャッシングの審査に必ず通りたいと思うので、何か準備できることがあれば準備しておきたいんです。

キャッシング審査に備えてできること、何かあれば教えてください。対策をとっておきたいと思います。
(⇒キャッシング申し込みの対策は審査基準を知る事で捗る

キャッシングをしたいなら現在あるローンは完済しておこう

キャッシングをしたいから絶対審査に通りたい、審査に通るために出来ることはしておきたい、そう思う人は少なくないでしょう。キャッシングの審査は自分の力で今すぐどうにかできるようなことではない項目をチェックされることもあります。年収、勤続年数、勤務先、扶養家族の人数などですね。より審査に有利になるためには年収は高い方が良いですし勤務先は有名企業の方が良いです。勤続年数は長い方が良いですし、独身よりも結婚している人の方が良いと言われています。ただ、これは自分の力ですぐにどうこうできるものではありません。今の状況で審査に挑むしかないんですね。
(⇒勤め先情報は特に融資で大事です

何か審査に備えて出来ることがあるとすれば、今ある他社の借り入れ、ローンをすべて完済しておくという事です。審査では現在他に借金がないかどうかをチェックされます。他に借金があって返済中であるという事になれば、返済能力について多少信用に欠けるという判断がされてしまうんですね。毎月返済をしている上にさらに返済が上乗せされるという事になりますので、キャッシング先としては新たなキャッシング分についてきちんと返済されるかどうか不安に思うのも無理はありませんよね。ですから、今他に返済をしているキャッシング、ローンがあればすべて完済しておくと審査で不利になる要素を減らすことが出来るのです。

あとは審査の中で勤務先に在籍確認が行われますから、在籍確認に対応してくれるかどうか確認しておくことも大切です。セキュリティーやプライバシーの問題から在籍確認に応じてくれない勤務先も少なからずあります。対応してもらえない場合はキャッシング先と在籍確認についてどうするのかそうだんしなければいけません。キャッシングからの電話も担当者名のみでかかってきますので、キャッシング先だと知られる心配はありませんが、在籍確認は審査の中でも重要な項目ですから事前に確認できる部分はしておきましょう。

審査を受ける時には申込書に記載された内容も考慮されます。年収は高い方が有利にはなりますが、嘘の記載をしてはいけません。勤務先についても同様です。年収については、キャッシングしたい金額によって収入証明書の提出を求められる場合もありますし、勤務先は在籍確認や必要書類の提出で嘘がばれてしまいます。嘘をつくというだけで信用できなくなってしまいますから、審査で不利にならないよう正直な記載をしておきましょう。

キャッシング審査に備えて考えておきたいこと

キャッシング審査に備えて考えておきたいことがいくつかあります。

審査を突破するためにまずやっておきたいことは自分の状態を知ることです。収入についてはサラリーマンの場合によく間違いが起こるのが給料明細のみで申請をする方です。サラリーマンの所得は月収以外にもボーナスがありますし、各種手当がある企業も多いです。そのため、申請の際は源泉徴収票を提出することをおすすめします。源泉徴収票にはすべての所得が書かれていますので利用限度額を決める際に有利に進みます。複数の所得がある、もしくは複数の会社で働いた場合には確定申告をしていると思います。確定申告をすれば翌年の4月には市町村で所得証明書を得られますので正確な所得を申告して利用限度額を有利に適正に設定してもらうことが大切です。
(⇒融資審査で収入の証明として出来る事

2つ目は借り入れ状態を把握することです。審査では借入総額の他に現金の借り入れがチェックされます。総量規制と呼ばれる貸出制限が消費者金融向けに法律で定められており、所得の3分の1を超える現金は貸してはならない制限です。審査では主に現金の借入状況と所得のバランスを見て審査を通す、または利用限度額を決めています。

キャッシング審査を受けようと考える際は現在の状況を自分で確認し、総量規制に抵触していないかを必ず確認することが大切です。また、借り入れの確認の際、見過ごされがちなのが借入件数です。借入件数は法律での制限はありませんが、審査では必ずチェックされると言われており、借入総額が比較的少ない方でも借入件数が多すぎると判断されれば審査は通らないと言われています。

借入件数で問題になるのは小額ローンと呼ばれる数万円のローンです。額面は低いですが、件数がまとまると月の返済額が増え、生活を圧迫します。そのため、ローン審査では件数が多すぎると不利になると言われています。多すぎる借入件数はおまとめローンで一本化できますので検討してみることをおすすめします。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY