> > > 年収証明書を送付後、いつからキャッシングできますか?

年収証明書を送付後、いつからキャッシングできますか?

年収証明書を送付後、いつからキャッシングできますか?

一体キャッシングというのはどのくらい申込みをしてから時間がかかるのでしょうか。申込みをすると年収証明書なんかが必要だというのを聞いています。この年収証明書を送付する必要があると思うんですが、送付してからいつからキャッシングできますか?

もしキャッシングに1週間くらい時間がかかるというのであれば、それは問題が大きいので年収証明書を送ってから大体2,3日で借入ができるようにならないと厳しいかなと個人的には思っています。実際の期間はどのくらいなのでしょうか。

年収証明書を送らなくても借り入れできるところも多い

年収証明書を送付してから借入までの時間がいつからキャッシングできますかという話ですが、これは昔の方法を使った時であって、今はほとんどそのような借り入れの仕方と言うのはされていないと思っていいでしょう。実は今はこういった書類の送付というのも殆ど行うこともないと言われています。それこそ、Webだけで終わらせられることも多いのです。

ネット上だけで完結するというのは簡単に言うと仮審査まで終わらせることが出来るのです。さらに増額であるとかたくさんの金額を借りたり、本審査を終わらせるためには書類の送付なども必要になりますが、数万円程度の小額の融資だけならネットだけで済ませられます。つまり、ネットで借り入れができるということはかなりスピーディーに借り入れが可能ということでもあります。

スピーディーな借り入れが可能といいますが、大体の機関としてはその日のうちに借りられるというところが多いようです。いわゆる即日融資と言われているもので、この即日融資を行えばスピーディーな借入というのが可能になります。ただし少額融資が基本で本審査を受けるためにはいろいろな書類を提出することになります。契約書などが送られてくるのでそれも返送する必要があるでしょう。

ただ単にお金をすぐに借りたいという時には今どき1週間も待たないといけないということはまずありません。1週間どころか1日すら待たなくても借入自体はできるというところがほとんどです。ですので、借入はそんなに時間を待たなくても出来るということで考えてもいいでしょう。もちろん即日融資に対応していないところもありますので、早く借りたいときには即日融資の業者を選んでください。

昔のように借入までにかなりの時間をかけて借金の審査をするもの、というような考え方というのは間違っているという事になります。今はスピーディーに少額ならばすぐ借りる事ができる、そんな時代に変わったのです。

【参考ページ】
カードローンが速攻で使えるようになる方法解説

年収証明書を送付したあとはいつからキャッシングできますか

キャッシングやカードローンに申し込むときには、本人確認書類と収入証明書が必用になってきます。ただ、カード会社によってはある一定の限度額までなら年収証明書などは不要になっているところもあります。

年収証明書は、最近は大手の消費者金融系では郵送などをしなくても、スマホなどで画像を撮影してメールなどに添付して送信するなどの方法で受け付けているところもあります。ただ、多くの場合は申し込んだ後に、本人確認書類と一緒に収入証明書を提出するようになっています。送付したあとに審査があり、その後通った場合は電話などで本人に確認があります。

その中で、気になるのは証明書を送付してから審査に通った後、いつからキャッシングできますかです。これは、カード会社によって異なってきます。例えば、大手の消費者金融業者だと、早ければその日のうちに審査を行ってくれて、自動契約機などが近くになればその日のうちにカードを発行してからキャッシングが出来ます。カードがない場合でも、指定した口座に振り込んでもらうことも出来ます。

一般的な銀行系だと、審査に数日間かかりその後に専用のカードが郵送されることになりますから、キャッシングが出来るのはカードが送られてきてからになります。カードが発行されるまでの期間は、会社によって異なっていて数週間から中には一ヶ月ぐらいかかるところもあります。そのため、緊急でお金が必用なときには、カードの発行がいつごろされて、いつからキャッシングが出来るのかを最初に会社に確認しておく必要があります。

急いでいるときには、即日融資を行っているキャッシング会社を選んだ方がよいでしょう。例え即日が無理だったとしても、数日ぐらいで融資を行ってくれます。また、自動契約機を利用するという方法もあります。自動契約機なら、申込からその場でカード発行出来ますから、ATMさえ利用出来れば直ぐにでもキャッシングすることが出来ます。
(⇒急いで借りたいなら金融業者選びも慎重に

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY