> > > キャッシングに必要なものをザックリと教えて下さい

キャッシングに必要なものをザックリと教えて下さい

キャッシングに必要なものをザックリと教えて下さい

キャッシングに必要なものをザックリと教えて下さい

借りたい額によっても大きく違いますが、身分証明書は必要です

キャッシングに必要なもの・・・これは、借りたい額によってかなり内容が異なりますのでご注意ください。必ず必要なものは、身分を証明するものです。運転免許証、健康保険証、パスポートです。で、これは現住所と異なるものであってはならないので、お引越しをされたあと、まだ変更届を出していない方は社会保険料の領収書または請求書、公共料金の領収書または請求書、住民票の写しまたは住民票の記載事項証明書などで代用可能な場合がございます。詳しくは、お申込みになる金融会社にお確かめください。

大体、借り入れ希望額が30~50万円以上くらいから必要になるのが、収入証明書書類です。源泉徴収票、直近2か月分の給与明細、賞与明細など金融会社によって、そしてあなたの現在の勤務状況などによって求められるものは様々ですのでこれも、これも窓口にご確認ください。あとは、少し特殊なパターンですね。無職である専業主婦の場合、配偶者の同意書と婚姻関係を証明する書類だったりすることもあります。でも、かなりの数の人が配偶者にキャッシングしているのは知られたくないのですよね。そういう場合、消費者金融は無理です。対応してくれる銀行のカードローンに申し込みましょう。

次に個人事業主や自営業の方ですが前年度分の源泉徴収票や納税証明書(収入証明書)、確定申告書等だそうです。また借り入れたい額により必要書類が変わる場合も考えられますので事前に窓口に問い合わせすることをお勧めいたします。基本的に書類を揃えるのは基本中の基本です。これが不揃いでは始まりませんのでご注意ください。みなさん、お立場(無職、主婦、正社員、派遣社員、パート、アルバイト)や、(配偶者の分を含めての)収入、年齢など、全く一致するところはないわけです。ザックリとパターン別にご紹介はしましたが、同じとは限らないので、必ず事前に確認を取ってください。
(⇒仕事内容によって融資審査も変わる

キャッシングに必要なもの最後は、返済を期日までにきちんとするという覚悟です。これが滞ってしまうと、ブラックと判断されかねません。もしもご家族には内緒でキャッシングに申し込んでいて、住宅ローンなどの大きな借り入れをする時に、そこがネックになってしまったらどうしますか?借りたら返すのは当たり前のことなのですが、そこを計画立てられない方がいらっしゃるのでブラックと判断されてしまう事態が起こりうるのです。

【参考ページ】
最終的に融資審査で必要なものとは

キャッシングに必要なものには本人確認証明書や年収証明書がある

私たちの日常生活ではことあるごとに多額の出費が必要となります。住宅や自動車を購入するにしてもそれなりの資金が必要となりますし、ローンを組むならその分の返済計画の策定も欠かせません。他にもお子さんのいる家庭ならばベビー用品や成長に合わせた服の購入、さらには習い事をはじめとする教育費の捻出も不可欠です。そして時には家族水入らずでリクリエーションに繰り出したり、旅行したりといった局面でもある程度のお金を用意しなければなりません。

もしもこういった際に財布の中身や銀行の預金残高が不足するようであれば、思いきって消費者金融のキャッシングサービスを活用してみるのも良いでしょう。キャッシングは手軽な手続きで、迅速にお金を借り受けることが出来る便利な金融サービスとして広く知られており、大きく分けると振り込みローンやカードローンといった手法がこれにあたるでしょう。インターネットや店頭窓口、電話、郵送、ファックス、自動契約機などからでも申し込みが行えて、その後、約40分から60分ほどの審査時間を経て融資の可否が判断されることとなります。

このキャッシングに必要なものとしては身分証明書が挙げられます。自動車免許証や健康保険証、パスポートなどがこれにあたります。また、融資希望額がある一定の金額以上に及ぶものに関しては申請者の年収を証明する書類を提示する必要があります。これは主に給与明細書や源泉徴収票、確定申告書などが相当します。この年収証明書の提示が不可欠となるボーダーラインに関しては各消費者金融によって50万円だったり100万円だったりと各々に異なるので注意が必要です。

これら二種類の証明書を手元に用意してさえおけばキャッシングの申請をスムーズに行うことが出来ますが、さらに最近ではスマートフォンの写真機能を使ってこれらの書類を撮影し、その画像データを送信すれば受け付けてもらえるケースも増えています。このシステムを使えば自宅に居ながらにして全ての手続きを完了できるのでとても便利です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY