> > > 今無職の状態ですがキャッシングで50万ほど借りたい

今無職の状態ですがキャッシングで50万ほど借りたい

今無職の状態ですがキャッシングで50万ほど借りたい

そのままですが、キャッシングローンを50万以上で希望しています。ちなみに、今無職となっているので無理なのではないかと考えていたりもするのです。ローン申請については、何度も行うとペナルティがあるそうなので、先に可能かどうかをおおまかに教えてもらえないでしょうか?

また、どうしてリスクがありそうな今無職の人であってもキャッシング出来るのでしょうか?最近では、キャッシングの金融商品をおいている銀行であっても同じようなところを見かけます。このようなキャッシングについてはリスクがありそうな気がして怖いものです。このようなリスクについても、どのようなものがあるのかを丁寧に教えていただけると、安心して利用することができるので対応をお願いします。

リスクやペナルティは少なくなってきています

過去であれば、今無職の状態でキャッシングというのは危険性の高い行為でした。というのも「詐欺が横行していた」からです。また、どうしてキャッシングはリスクがあると見られていて、カードローンはリスクが少ないと見られているのかというと、カードローンは中小のサラリーマン金融で借りられるケースがあるからです。知名度は低いのですが、今では10年以上の実績がある業者までいるので、キャッシング業者と比較されるケースも多いとなっています。

次に、今無職の状態でキャッシングを50万円以上で希望についてですが、基本的に担保なしなのであれば50万円以上というのは難しいです。実際に業者を利用してみるとわかりますが、収入実績について証明できるものを提出してください・・・とメールなどで連絡されるようになっておりますので、もし、申請の際に就職されているかのように連絡していると、この後にバレてしまう可能性も高くなってしまうのです。基本的に、ローン業者に対して就職状況で嘘をついてもすぐにバレてしまうようになっています。

今では、ローン業者についても個人信用情報機関というものを利用しています。こちらは数分ほどの対応で、実際のローン状況や就職などの個人情報についても調べられるようになっていますし、もし、仕事されていないのに仕事をしているように連絡をしても、在籍確認が取れないので審査については落ちてしまう結果になるのです。

また、先ほどの詐欺が横行しているというものについてですが、一般的にキャッシングローンが出来ないので、クレジットカードなどの契約を結んで指定の商品を購入して郵送を行うように言ってくるものが多いです。詐欺として、今では有名なので引っかからないように注意しておいてください。

【参考ページ】
やはり無職なら融資利用は避けるべき?

今無職でもキャッシングをすることができるのは

お金が足りなくなると、生活をしていくのが大変になります。そんなときには、知り合いなどにお金を工面してもらうという方法もありますが、これはもめたりすることもあるので、できれば避けたほうがいいでしょう。そうなると、やはり外部の金融会社を頼るという方法をとることになります。

しかし、無職の人の場合では、どちらの金融会社であっても、審査に通ることができないことが多いでしょう。銀行やクレジットカード会社ではかなり審査が厳しく、時間がかかります。消費者金融に関しては、審査自体は緩いのですが、それでもアルバイトやパートなどで収入がある人でないと、審査落ちになるでしょう。それでは、今無職である人でもキャッシングができるようになるには、どういった条件が必要になるのでしょうか。

これは金融会社によっても基準が異なります。例えば、親や配偶者などに資産があったりして十分に経済的な余裕があり、代わりに返済が出来る納涼がある場合や、契約社員や派遣などで契約期間の切れたところで、今後再び収入のある状態に戻れる見込みのある場合、学生などで就職の採用内定をもらっている場合、年金生活者でありながらもまだ60代で若いということで働いて稼ぐことが出来る場合などになります。
(⇒金融業者で変わる審査の水準

ですから、その人の置かれている状況によって、かなり違ってきますし、会社によっても審査が違うのです。ですから、はじめからダメだと諦めるのではなく、とりあえず申し込みをして審査を受けてみるのがいいでしょう。

このように、無職であってもキャッシングが出来る可能性もあるのです。しかしながら、仕事をしていない状態で借金をするというのは、とてもリスクの高いものです。ですから、よく検討してからどうしても借りなければいけない状態になったときにだけ借り入れをするようにしましょう。キャッシングをするのであれば、計画的にお金を使い、返済をしっかりとしていくようにしなければなりません。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY