> > > お金がピンチ無職OKのキャッシングはないかなあ

お金がピンチ無職OKのキャッシングはないかなあ

お金がピンチ無職OKのキャッシングはないかなあ

おい!俺はよ、働く気はあるんだよ。あるんだけどな、もう年が59才だからよ、つまり還暦だな。なかなか仕事がねえんだよな。この前ようやく仕事があったからよ、一週間ぐらい働いていたんだけど、若い主任ってやつがさあ、俺がちょっと外でタバコを吸ってただけで説教しやがんの。いいじゃんなあ!ほんの5分くらいなのにさあ、何回かガマンしたけど頭にきたから文句言って辞めてやったよ。だから無職に舞い戻っちまった。

女房と子供は当の昔に出ていったからいないし20年ぐらい会ってねえよ。でも生活がきつくてよ、頼むぜ信用してくれよ、キャッシングしたいんだけどよ、無職OKなところないかなあ…

無職は無理なので短時間でも仕事をしてみてはいかがですか

大変活発な男性様でしらっしゃいます。ご希望はキャッシングをしたいけど無職OKの金融機関を知りたいとのことですが、残念ながらお仕事をされていないとお金は借りられないのはご存知だと思われます。だからと言って闇金に手を出すと大変ですよね。それだけはしないようにしてください、お願いしますよ。信用はしていると思います。ですがタバコの問題で仕事を辞めてしまいますと、信用も継続できなくなってしまうのではないでしょうか?そばに家族がいらっしゃらないのも大変ですね。独りでは考えも浮かばないのだろうなと察します。
(⇒お金を借りるにはそれなりに条件も必要です

そこで提案なんですが、タバコがお好きなようですが、仕事中はガマンしてもらえませんか?長時間とは言いません。短時間です。一日で3時間か4時間だけタバコをガマンして、その間だけアルバイトなりをしてみてはいかがでしょうか?毎日働けば気持ちも落ち着くでしょうし、収入が安定してきます。そうすると毎月安定した収入があるという事でキャッシングの可能性が出てくるのです。勤続年数が少ないと審査に通過しない事がありますが、その場合は一度窓口で相談してみてはどうでしょう。最初は少ないキャッシング額だと思いますが、給料も最初は少ないでしょうから返済するのに負担がなくていいと思います。

そのうちに働くのもタバコをガマンするのも慣れてこれば、長い時間働けるようになるでしょうし、キャッシングも多くできるようになりますよね。辛いのはわかります。私の兄も55才になりますが、無職で腰が悪くてお金がなくて大変な時期がありましたが、徐々に働く時間を増やすようにして、今は毎日6時はコンビニで働いています。生活も安定してきましたし良かったですよ。無理に長く働かないで、あなたの具合に会った仕事をすればキャッシングもできるようになる可能性がありますよ。

ただ、心配なのは返済を考えてキャッシング計画をしてほしいのです。せっかく借入できるようになったのに滞納したら借りれなくなりますからね。ですから仕事もキャッシングも少しずつ始めるのが良いと思われます。それとお体に気を付けてくださいね。

無職ok!キャッシングができる場合とは?

お金に困ったら、どこに頼りますか。できれば、知り合いや身内に頼らずに生活したいものですが、そうなると外部の金融会社から借入をすることを考えるといいでしょう。

しかし、ほかの金融会社でキャッシングをするといっても、その人の置かれている状況によって、借り入れが難しいこともあります。特にある程度の安定した収入がない人ではどちらでも借りることが出来ないと思っていた方がいいでしょう。銀行やクレジットカード会社ではまず審査は通りません。しかし、消費者金融などの金融会社では、一定の条件をクリアしている場合に限り、無職okということもあるのです。

これはどういった場合なのかというと、近い身内で代わりに返済できるだけの経済的余裕がある人がいたり、採用内定をもらっていて働く予定があり、収入の見込みがあるという人や契約社員や派遣などの形態で一時的に契約と契約の間で無職の状態にあった場合などになります。また、年金生活者であっても、金融会社によっては60代くらいで働く見込みがあると判断されたときには審査に通ることもあります。これはその会社によってかなり基準が異なりますので、注意しましょう。

ですから、仕事をしていないからといって諦めるのではなく、まずは申し込みをして審査をしてもらうことで、融資をしてもらえるかどうかということがわかるので、やってみる価値はあるでしょう。

しかしながら、無職の状態で借り入れをするということはとてもリスクが高いものであり、先の収入を期待してお金を借りるということは、あとで返済をする義務も発生するということなのです。ですから、あまりおススメできるものではありませんが、それでもどうしても困っている時の手段の一つとして考えるようにするといいでしょう。

このように、キャッシングと行っても借金の一つであることは変わりないので、そういった意識を常に持って、計画的にお金を使うように心がけるといいでしょう。

【参考ページ】
どうしても無職で融資を使うなら

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY