> > > 消費者金融系キャッシングは本当に審査は緩いの?

消費者金融系キャッシングは本当に審査は緩いの?

消費者金融系キャッシングは本当に審査は緩いの?

ネットなんかを見ているといろいろな情報がある中でいつもあるのが「消費者金融系キャッシングと言うのは審査は緩いから使いやすいんだ」という話です。その話を聞いた人の多くが消費者金融系キャッシングが審査は緩いからということで借りに行く人もいるのでしょう。

しかしこの話はそもそも本当なのかどうかわかりません。本当に消費者金融系キャッシングと言うのは審査は緩いのでしょうか。何に対して緩いと言っているのか、そのあたりもよくわかりません。
(⇒まずは融資の審査基準について知ろう

消費者金融系キャッシングが審査は緩いが比較的だ

これは消費者金融系キャッシングが審査は緩いと言われていることに対して、本当なのか?という疑問を持つということですが、多くの人が一度は考えたことがあることでしょうね。実際に緩いのか?という人は審査を受けてみて落ちてしまったという人も多いようですが、これは比較的緩いというのが本当のところです。何かと比較しなければ緩いか厳しいかというのは普通はわからないですからね。

じゃあ何と比較しているのか、というとこれは消費者金融系キャッシングと銀行系カードローンを比較していると言われています。もしくは銀行のフリーローン、これと比較した上で「審査は緩い」とネット上では書かれているのです。借り入れができるところというと銀行、その中でも個人が使うものはフリーローンです。最近ではそこに銀行系カードローンも加わってきています。

加えて人によっては住宅ローンや自動車ローンなどと比べたところで、キャッシングは非常に使いやすく審査は緩いと言っている人もいるのです。これもある意味では個人が使えるローンですから、それと比べると消費者金融系キャッシングは楽に使えていいよ、と宣伝しているわけです。実際に多くの人が誤解してしまうかもしれません、なかなかそういうローンと比べているとは思わないでしょうから。

なので比較的審査は緩いというのはその通りで、実際にこれらのローン商品を審査が厳しい順に並べていけば最も緩いものとして、消費者金融キャッシングがあげられると言われています。これ自体は間違いないですから、比較的審査は緩いので多くの人が使いやすいというのも間違いではないということです。もちろん審査に誰もが通ると言っていないので、落ちる人も出てくるのですが。

比較的審査は緩い消費者金融系キャッシングではありますが、じゃあ銀行系カードローンなどがどのくらい厳しいのかというのも知らないとわからないという人もいるでしょう。それなら両方とも使ってみることをオススメします。銀行系カードローンは落ちてしまうという人はパート・アルバイトなど比較的多いのですよ。

【参考ページ】
色んな金融業者同士を比較する

消費者金融系キャッシングの審査は緩いのか

お金が足りなくなる時には、知り合いなどに頼るのも一つの方法ではあるのですが、揉めたりすることを避けたいのであれば、ほかの金融会社に借りることを検討してもいいでしょう。

他の金融会社としては、銀行系やクレジットカード系、消費者金融系などがあります。それぞれメリットやデメリットがあるのでそれを踏まえて、自分の状況に合っているところにするといいでしょう。

銀行やクレジットカード会社では、審査は厳しく、時間もかかるのですが、金利手数料が安く、経営が堅いので安心感があります。それに対して、消費者金融は即日審査・即日融資、さらに審査は緩いので、すぐに借りることが出来る場合が多いのです。正社員などはもちろんのこと、派遣や契約社員、アルバイトやパートなどでも借入が出来る可能性が高いので、ハードルがかなり低いのです。さらには条件によっては、無職であってもキャッシングができることもあるのです

そういった審査は、申込時に氏名や年齢、職業、年収、家族構成、ほかからの借り入れ、住宅形態などの個人情報を事細かく伝えていく形になります。さらに、金融会社のほうで在職確認や年収をきちんと確認して審査を進めていきます。そして、返済能力のあるい人物であると判断されれば、借り入れができるようになるという仕組みです。
(⇒融資在籍確認の仕方について

このように、それぞれの金融会社によって基準が異なるのですが、テレビコマーシャルやインターネット、街角で配付されるティッシュペーパーについているチラシなどでよく宣伝をしているような消費者金融系キャッシングではわりと審査が緩いので、借りやすいのは確かです。いざという時には頼るというのも一つの方法になります。

しかしながら、キャッシングというのは借金の一つであり、借り過ぎてしまうと人生をダメにしてしまうことさえもあります。ですから、利用するときにはお金の使い方に十分注意をして、返済の計画を立てていくようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY