> > > 金融機関は就職内定者にキャッシング可能としていますか?

金融機関は就職内定者にキャッシング可能としていますか?

金融機関は就職内定者にキャッシング可能としていますか?

現代の金融機関は銀行であっても審査がゆるいというのを、ネットなどではよく耳にします。そこで質問なのですが、金融機関は就職内定者にキャッシング出来るようにしているのでしょうか?就職の内定については1ヶ月ほど前に貰っている状態で、もう少しほどしてから就職となります。

また、就労しているかどうかというのは審査に関係してくるのでしょうか?ネットなどで調べていると、曖昧な回答が多いので・・・どれを信用すればいいのか?という感じなのです。それと、金融機関は就職内定者にキャッシングを許可している理由についてですが、詳細についてどのようになっているのかについても知りたいので、詳細を知っておられましたら教えていただけると嬉しいです。
(⇒仕事と融資審査の関係

必ずしも許可しているわけではありません

金融機関は就職内定者にキャッシングを許可しているというのは、ネットの噂だと思っておいてください。というのも、実際は返済能力があるかどうかで判定をしているからです。詳細について案内をすると、実際に就労をしているかどうかを収入が発生しているかどうかで判断しています。では、どうして金融機関の中には就職内定者にキャッシングを許可しているような業者もあるのか?ということになります。

その理由ですが、キャッシング業者といっても「どこも経営が安定しているわけではない」からです。中小のキャッシング業者でもそうですし、中小のサラリーマン金融であってもこれは同じです。サラリーマン金融の場合には、実際は取り扱ってはいないような商品についても、客によっては取り扱ったりするのです。その流れで、段々と金融機関が就職内定者にキャッシングの審査で甘くなっていっただけです。ちなみに、このような甘さはあるのですが、審査後の増額については厳しくなっている傾向にあったりします。

例えば、許可しているような業者については年々減っているという点が該当します。このようになってきている理由ですが、今では過去に比べて中小のキャッシング業者というのはかなり減っているからです。そうなると、自然と契約者というのは他の業者にも流れていくようになっているので、過去のように金融機関を利用するだけで就職内定者であれば審査に通るというわけではなくなっているのです。特に最近になって、カードローンとキャッシングというふうに、多様な対応を見せるようになっているような業者では、審査そのものを内定者に対して行っていないケースまであります。

就職内定者にキャッシングが可能な金融機関とは

個人が自由に使える用途のお金を融資している金融機関としては、消費者金融やクレジットカードなどのキャッシングや、銀行のカードローンなどがあります。これらの大前提は安定した収入があるということであり、基本的に無収入の場合には審査の対象にはなりません。また安定した収入が少なければ、融資金額が制限されたり金利が高めに設定される場合もあります。特にクレジットカードや銀行の場合には、金利や融資枠で消費者金融よりも有利に設定されている場合が多く、収入のほか職業や勤続年数も審査に大きく影響してきます。

一方で、就職内定者にキャッシングを行なってくれるかどうかは、その金融機関の審査基準または担当者の裁量によるところが多くあります。基本的にインターネットや郵送など書類で申し込む場合には就職内定というのはまったく審査のプラス評価にはなりません。そのため現段階に収入があるかどうかが審査の基準となります。就職内定前にアルバイトやパートなど何らかの収入があれば、その範囲内での融資を受けることができます。また就職後に融資枠を増額してもらうことも可能です。

まったく収入がない場合には、書類のみではまず審査は通りませんし、基本的に加入審査に落ちるとその金融機関に悪い印象を与えてしまうので、無収入であることが分かっていて申込みをするのは再度の審査に悪影響を与えるので行わない方が無難です。窓口で担当者と直接相談を行えば、就職内定者でも審査に通る可能性がありますが、それでも融資上限はかなり制限されますし、万が一、内定が取消になった場合のことを考えると無理に金融機関でお金を借りるのは得策ではありません。

ただ就職内定が決まっているものの、現段階の収入がまったくなく生活に困窮しているなどといった条件にある人の場合には、地域の市町村福祉協議会などでの資金の貸付けを受けることができます。融資金額は少額ですが、無利子または低金利でお金を借りることができます。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY