> > > 巣鴨信用金庫におけるキャッシングカードの利用限度額はいくら?

巣鴨信用金庫におけるキャッシングカードの利用限度額はいくら?

巣鴨信用金庫におけるキャッシングカードの利用限度額はいくら?

巣鴨信用金庫におけるキャッシングカードの利用限度額はいくら?(参考ページはこちら→信用金庫系キャッシングの使い勝手について解説

お金が必要となり巣鴨信用金庫のミニカードローンに申し込もうと考えてます。使用目的は兄の祝い金と交通費です。1泊することになるから念のために15万ほど借りるつもりです。ただキャッシングカードの貸越極度額が30万と50万とあるんですが、これってどういう意味でしょうか?利用限度額が30万か50万のどちらかということですか?

貸越極度額は利用限度額のことだね

口座貸越という言葉を聞いたことないかな?「かりこし」とか「かしこし」って言われるけど聞いたことないよね。実際にあまり聞かないし(笑)。質問とは少し異なるけど口座貸越というのは簡単に言うと銀行に予め預けておいたお金を担保として、小切手などを振り出すことができるって感じだね。

えっと、分からない?銀行の口座を作ると普通預金と当座預金っていうのがあるでしょ?その当座預金に関係があるんだけど、担保金って考えたらいいよ。小切手を出して、後程小切手で現金の受け取りに来たら、当座預金から出されるって感じだね。

話しを戻すけど口座貸越ってのはさ、仮に普通預金がなくなっても当座預金に預けている額の80~90%くらいを銀行が用立ててくれることをいうんだね。「限度を超えて貸してくれる」ってことね。そういう意味では「貸越」ではなく「貸超」だから僕自身は貸越極度額って言葉はおかしいし、担保金以上を貸し出さないと意味が通じないんじゃないかなって思うんだよね。

ようするに「貸越」と「極度額」は相反するってわけだね。あくまでも僕個人の意見だから気にしないで。まぁ、そんなことはどうでもいいんだけど、貸越極度額は利用限度額とかクレジット枠なんかと同じ意味だね。(参考ページはこちら→クレジットキャッシングの使い方

貸越極度額が30万円と50万円って2つがあるけど、こういうのって銀行では結構あるんだ。例えば巣鴨信用金庫以外では徳島銀行のカードローンパートナーのそうだね。こっちも30万円と50万円のコースがあって自分で選べるんだ。巣鴨信用金庫のミニカードローンのキャッシングカードでも同じことだね。

実際に申し込み画面まで行ってみたらわかるよ。申し込むときに30万円か50万円かを選ぶようになってるからさ。もちろん額が低いほうが審査は甘くなるだろうね。僕から言えるのはこれくらいかな?あとは巣鴨信用金庫が貸し出しているのは営業地区内だけだから注意してね?

巣鴨信用金庫の営業エリアや特徴とキャッシング

巣鴨信用金庫は、東京都豊島区に本店がある信用金庫です。

豊島区、板橋区、練馬区、荒川区、新宿区、足立区、文京区、北区、中野区などの東京都の他、戸田市、川口市、朝霞市、さいたま市、新座市などの埼玉県エリアを主な営業エリアとしており、営業エリア内に住む人や会社などに役立つ存在となっている信用金庫なのです。

尚、巣鴨信用金庫には貸越極度額が50万円と100万円の何れかを選べるカードローンと、貸越極度額が30万円と50万円の何れかを選べるカードローンの2種類を用意しています。どちらのカードローンも、営業エリアに住む人や営業エリアに在る会社に勤めている人が申し込みをすることが出来るのが特徴で、専用のカードを使ってATMで現金を引き出しキャッシングの利用が出来るようになっているのです。

また、貸越極度額の中で有れば繰り返し何度でもキャッシングが出来るため、急にお金が必要になった時など、一度申し込みを行っておけば安心なのです。

尚、巣鴨信用金庫の2つのカードローンの申し込みの年齢制限は、満20歳以上、65歳未満の人が対象で、公的健康保険に加入をしている事が条件となります。また、安定した継続収入が有ることや、巣鴨信用金庫が指定を行う保証会社の保証を受ける事が出来る人が対象となります。

尚、申込を行う時の必要書類と言うのは、店舗での契約を行うため、印鑑と運転免許証、運転経歴証明書、健康保険証、写真付きの住民基本台帳カードなどの何れかが必要になります。

因みに、貸越極度額が30万円と50万円の何れかを選べるカードローンは、アルバイトやパートをしている人も申込みが可能になっているのが特徴で、条件を満たしていて、審査に通ることでパート収入やアルバイト収入を持つ人などが利用する事が出来るのです。(参考ページはこちら→アルバイトでも今は大抵のキャッシングが使えます

また、申し込みはインターネットでの仮審査申し込み、ファックスでの仮審査申し込みが出来るため、1年365日、1日24時間いつでも申し込みは可能になっているのです。
(⇒ネットを利用した融資申し込みの新時代

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY