> > > 学生時代にキャッシングしていい経験になりました

学生時代にキャッシングしていい経験になりました

学生時代にキャッシングしていい経験になりました

私は学生時代アルバイトもしていましたが、キャッシングやカードローンも利用し返済が苦しくなった経験があります。社会人の今となっては返済の大変さを知ったという意味ではいい経験だったと思っています。私のように返済で苦しんだことのある人は結構いるのではないですか。
(⇒バイトで融資を使うなら注意しよう

私も返済遅延になり新たにカードローンを借りた経験がります

すぐにお金が必要だったり審査に通る自信がなくて数社にカードローンの申込みをしてしまう多重申し込みは、信用情報に登録されているので、以前にも申し込んだ情報も含め数社申し込んでいることも申込先企業にわかり、、審査に影響しますね。何社までいいとかはわかりませんが、審査に通りにくくなります。今後はできるだけ同時期に数社に申しこむのではなく時期をずらしことにしています。ただ審査に落ちるのは、多重申し込みだけが原因ではないのですが。

申込み履歴も信用情報機関に登録されていますし、過去や現在の借り入れ状況、クレジットカードや携帯電話の分割払いなども登録されているのですがMこれらを自分でも確認することができるのはご存知ですか。あなたはすでに過去の経験で身に覚えがあるかと思いますが、返済遅延から何年経っていますか。身近ならまだその登録内容は情報機関に残っていますね。一度確かめてみてはいかがですか。たとえば、カードローンを初めて申し込んで審査に落ちた人は、過去の返済がないので身に覚えがないかもしれません。

ですが調べてみたら、クレジットカードの支払いが遅れた経験があったひともいます。ただの申込み履歴は半年ほどで消えると言われていますので、申込みを2,3件して落ちた場合は半年ほど申込みをしない方がいいでしょう。借りられたとしても複数の返済をするより、おまとめローンといわれる複数ローンを1本かもしくは少なくすると、返済日の管理をしやすいですね。できれば同時進行で借りずに完済して新たに借りることを目指しましょう。

過去の返済遅延などや自己破産債務処理も年数がたてば登録情報が消えたとしても、消えるまでの数年は金融行動にいろいろ制限されていきますので、まず借りられても返済に遅延がないようにしましょう。学生時代の経験ですが、社会人になっても影響します。携帯を新たに借りたり、クレジットカードや銀行口座と新たに作るなどの時も、信用情報は見られるのです。社会的信用は大事ですので、計画的に借りましょう。

【参考ページ】
融資返済に苦労しない為に知っておきたい事

学生にとって「いい経験」となるキャッシング

「キャッシング」というと、ふつうは「大人が利用する金融サービス」の典型であるというイメージがみなさんの中にあると思いますが、しかし実際には、特に最近では、学生さんにとっても比較的ポピュラーな金融サービスとなってきているといえるでしょう。実際、学生さんを対象としたローンを提供する会社、そしてこれを推奨、あっせんする機関も増加してきている印象があります。(参考ページはこちら→融資に関するサービスも企業も多種多様です

キャッシングは、確かに利用することによって生じるデメリットもあり、それがお金にかかわることだからこそ、どうしても敬遠したくなってしまうファクターをそなえているサービスであるということに関しては否定できません。ただ、大人になってからのことを考えると、たとえば家を買うとか車を買うとか、そのほかにも高額な買い物をするときにはどうしてもキャッシングやローンのサービスは、好むと好まざるとにかかわらず必要になるサービスですから、そういったサービスを早くから利用してみるというのも、実は若い人にとっては非常に「いい経験」になるといえるわけです。

キャッシングに関して悪いイメージが先行してしまうその背景には、そういった金融サービスの古いイメージが先行してしまい、「怖い」とか「返済がたいへん」、「取り立てが厳しい」などといった、少々時代錯誤であるといわざるを得ない先入観が真っ先に支配してしまうことが挙げられるでしょう。そういった「大人の事情」を若い人が経験するとなると、やはり多くの大人が批判的な意見になってしまうのも不自然なことではないでしょう。

ただ、そこでよく考えていただきたいのは、キャッシングの意義というのは、「本来であればお金がないために不可能だったことが、お金を借りることによって可能になる」というところにあることです。若い人にとって「不可能なことが可能になる」という事実は、大きな希望となるに違いありません。

ですから、そうした根本的なメリットを、いわれのない悪しき先入観から見逃してしまうのは、いかにももったいないことなのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY