> > > 未成年で借入れできないので他人名義でキャッシングってどう

未成年で借入れできないので他人名義でキャッシングってどう

未成年で借入れできないので他人名義でキャッシングってどう

他人名義のキャッシングってどうなる。どうしても学費とか生活費で現金が必要で、どうしても今、工面しないといけないんだよね。(参考ページ→学費向けの融資はこちら

未成年者でしかも他人名義のキャッシングがいいわけないでしょ!

基本、未成年者がキャッシングは出来ません。ありえません。どうもインターネットで「18歳よりOK」みたいな広告がなされていますが、実は良く内容を見て見ると間違いだったりします。すべて20歳以上が対象です。インターネットでの情報は何でも有りみたいなところがあるので、そのサイトがフィッシングサイトである可能性もあるので、よく注意しましょう。さらにインターネットのセキュリティーも強めに設定した方がよさそうですね。

他人名義で借入れするということ。これも基本的には有り得ません。あの手この手で現金を引き出したい様ですが、例え同意があったとしても今は法律が大変厳しいですので、審査が通らない可能性が大きいですね。しかも他人名義ですから、ある意味、警察沙汰の話ですよね。ひと手間ふた手間かけた、全くシンプルでないキャッシングの申請は、審査の段階で信頼を失い、まず審査は通らないと考えた方がよさそうです。

もし未成年者でキャッシングの必要な理由が学費や生活費なら、何もカードローン頼みじゃなくていいんですよ。学費なら貸付タイプの奨学金もあれば学業績席が良くで学校で最も優秀な学生とみなされれば、給付の奨学金もある。学費で限定すれば、学業でチャンスを手にすることもできるし、ご両親のお仕事のお手伝いで生活が優先でどうしても、勉強どころじゃないというのであれば、市町村役場にでも生活支援援助の申請だってできる。未成年者が他人名義で借入れするほどキャッシンングに貪欲にならなくてもいいと思うけど。
(⇒お金を貸してくれるところはたくさんあるのでチェックしよう

キャッシングの法律が厳しい分、不正に審査をすり抜けようとすると、不正に審査を通してまった事実が信用情報にも載ってしまいます。名義を貸してしまうと、後にどのようなトラブルに巻き込まれるのか分かりません。友達を助けるためだとかそういう理由で、お人好しになって詐欺に遭っては、このようなムダな親切はありません。キャッシングなど資金融資については法律の規制があります。友人が借金しているからといって、これを感情的に助ける必要は無く、借金を整理することも救済の一つで法律ですべて片付くことでもありますから、名義貸しなどの行為は絶対必要ないことを心得ておきましょう。

他人名義でキャッシングするとどうなるのか

他人名義でキャッシングを行うことは金融業者を騙すことになるので詐欺行為にあたります。他人名義であってもその本人がきちんと返済すれば問題ないかと言えばそうではありません。金融会社側にしてみるとその申し込みの時に書かれた名義が、本人であることを信じて契約をすすめることになります。
そこで申込者が他人名義を使うということは、その他人が返済を保証している関係になってしまうことになります。

しかし現状では他人名義でキャッシングは行われています。なぜ他人名義で利用するのか、消費者金融を利用する人の中には金融事故を起こして融資を受けることが出来なくなってしまった人もいます。こうした人が他人の名義を借りて融資を受けることがあります。
(⇒金融事故を起こした結末

原則として申込者が他人名義でカードを作ることは不可能です。それは申し込み時に本人確認書類が必要になるので、名義を置き換える他人の本人確認書類を手に入れなくてはならなくなりますが、他人名義で本人確認書類を入手することは犯罪とみなされます。新規の申し込みに他人名義を使用することは不可能ですが、他人名義のカードでキャッシングを利用することは出来るのです。
(⇒融資申し込みで必要な身分証について

すでにカードが発行されていれば、そのカードから借り入れを行う際に本人確認書類の提出を求められることはありません。他人名義でキャッシングをするケースでよくあるのが、家族名義のカードの利用が多く、たとえば夫のカードで妻がキャッシングを行うことがあります。もちろんこの場合は妻がカードを作ることが出来ないが、夫の同意を得てキャッシングを利用するという場合なら問題はありません。家族の場合でも利用する者が他人でカード本人の同意を得た上で借り入れが行われたとしたら問題がないことになります。

しかしいずれの場合でもカード本人の同意なしで借り入れなどの利用を行った場合、民法上賠償請求ということになります。カードの利用も実際は他人が悪用されないために暗証番号などが設けられていますが、夫婦や家族で共有して使う場合もあるようです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY