> > > 30万円でいいのでキャッシングするなら収入ゼロでも大丈夫?

30万円でいいのでキャッシングするなら収入ゼロでも大丈夫?

30万円でいいのでキャッシングするなら収入ゼロでも大丈夫?

キャッシングには収入が大きく関係するっていうのはよく知られていますし、自分もよくわかっているつもりです。たくさんの収入があれば借り入れできる金額も増えていくでしょうが、もし少ない借入でいいなら収入なんていらないんじゃないかと思うのですが。

仮にですが30万円程度の借入であれば、キャッシングをするときに無職だったり無収入だったりしても借りられるものなのでしょうか。そのくらいの少額融資を借りることが出来る収入っていくら位くらいのものなのですか?

立場にもよるが専業主婦なら30万円の借り入れは可能

少額融資については確かにあまり収入がなくても借りられることが多いですけれども、さすがに無収入で借りるというのはほとんど無理だというように言えるでしょう。普通は返済される可能性がないと借りられないわけですから、無収入だとさすがに厳しいです。その代わり専業主婦であれば無収入でも30万円くらいのキャッシングは出来るかと思います。専業主婦だけの特権でしょうね。

そもそも専業主婦は無職とはいえ、ちゃんと夫が働いてそれで生活ができているわけです。全くゼロの収入というわけではありませんし、扶養してもらっているので無職とは違う扱いになるのです。ですから専業主婦の場合は30万円くらいのキャッシングは銀行系カードローンを使うならできます。最近は銀行系カードローンで主婦向けのものも出てきていますし、そこならかなり審査は楽でしょう。

無職では無理ですけれども、30万円くらいの借入をしたいのであればどのくらいの収入があれば大丈夫か?というと総量規制で考えるとだいたい100万円もあれば年収の要件はクリアしているので、借りられるというのが基本的な考え方でしょう。ただ法律的にはクリアしていますが、さすがに返済できるほどの余裕が無いということで、厳しいかと思います。

もしそのくらいの少額融資を希望しているなら、だいたい30万円くらいであれば200万円も年収があれば大丈夫ですから、フリーターの人でも簡単に稼ぐことが出来るんじゃないでしょうか。地方だと厳しいですけれども、地方の業者もその辺りは考慮してくれますから、地方に済んでいる場合は30万円くらいの借入のときは200万円の年収がなくても可能な場合もあるでしょう。

専業主婦向けのものと無職や無収入んの人向けの貸出については、キャッシング業者も違うものとしてみているでしょう。たった30万円でも200万円程度の収入はないと専業主婦以外は厳しいでしょうね。

30万円のキャッシングを実施したい時にはいくらの収入が必要?

日常生活の中では何かと出費の機会が重なって、いつの間にか財布の中身も銀行の預金残高も目減りする一方です。そんな時に限って更なる不測意の出費が舞い込んでくるもので、各種ローンや税金の支払い、急な冠婚葬祭、家族の怪我や病気に伴う治療費など、必要不可欠な支出に対してきちんとお金が用意できないと生活が立ち行かない事態にも陥ってしまいかねません。たとえばこういった事態の中で30万円のお金が必要になった時、親や友人にお金を借りて迷惑をかけるよりも、消費者金融でキャッシング申請を行った方があくまで自己申告にて手続きを行えるので大助かりです。

このキャッシングとは自宅のパソコンや手元のスマートフォンから手軽にインターネット接続することで、公式ホームページに必要事項を記載して送信するだけで申請が完了となります。また、必要に応じて身分証明書や年収証明書の提示が求められることもありますが、最近ではスマートフォンの写真機能でそれらの証明書を撮影し画像データを送信するだけで受け付けてもらえるので、つまるところ自宅に居ながらにして全ての手続きを終えることも可能です。

ただし、最終的なキャッシングを受ける為にはこの後、然るべき審査をクリアする必要があります。審査では主に職業や年収といった部分を重点的にチェックされ、融資額に見合った返済能力が備わっているかどうかが精査されます。この時に重要なのが総量規制という制度です。貸金業法では年収の3分の1を超える融資は行ってはいけないこととなっており、30万円の融資を希望している場合には少なくとも一年間の収入がその3倍にあたる90万円を充たしている必要があります。もしも年収がそれ未満であれば融資は不可となるのです。

そして既に他社から借り入れを行っている場合にはそれを差し引いての計算となりますので、さらに条件は厳しくなります。これらの借り入れ額は信用機関へ照会すればすぐに判明する仕組みとなっており、消費者金融の審査ではこの点もチェックを怠ることはありません。それから審査は最終段階の在籍確認へと移行してこれで問題がなければ全て終了ということになります。融資が決まれば後は銀行口座に希望額が入金されるのを待つだけ。多くの場合、即日融資が可能ですので、今日や明日にでも支払いが差し迫った際にも大助かりというわけなのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY