> > > 銀行員ですが訳あってキャッシングしなければ

銀行員ですが訳あってキャッシングしなければ

銀行員ですが訳あってキャッシングしなければ

銀行員です。わけあって急に現金が必要になり今まで利用したことがないキャッシングを利用しようと思いますが、以前銀行員で利用した方のアドバイスをください。

借りても早く完済してください

銀行員はお金の管理がしっかりしていてあまりローンを組むことを好まないような私の勝手なイメージがあります。お金に対して堅実に使い少しでも利息分は抑えるような使い方など。そういった勝手なイメージですが、今は以前よりもカードローンやキャッシングを利用する銀行員も増えていると聞きました。以前は、消費者金融はよくないイメージがありましたが、慰安は経営母体が銀行のところもありますし、銀行も消費者金融も同じあなのムジナのように思えます

銀行員でも、とくに融資担当の人はいろいろなお客さんを見てきてどう思われるのでしょうか。景気の影響もありますが自営業者にとっては頭を下げて銀行から融資をお願いして、必要ないときは銀行から頭を下げられ、付き合いで借りることもありました。うまく借りて返してとできていればいいのですが、中には返済が苦しく利率を相談する人もいるでしょうし、融資の審査に通らない人もあるでしょう。
(⇒自営業だと何故融資審査が厳しいの?

そういった経験も踏まえて自分のキャッシングなど利用すのでしょう。キャッシング利用者側からすれば、銀行の融資に比べキャッシングは金利が高いですが、融資の日数がかかることに比べれば、なんとスピィーディに現金が引き出せることか。これはとても利点ですよ。確かに銀行員さんでも急に現金が必要になることはあるでしょう。ただ金融業界の裏事情もわかってらっしゃるでしょうが、カードローンやキャッシングや携帯電話の分割払いやクレジットカードなのの支払い履歴、借入履歴はしっかり残っていきますよね。

信用情報機関に、過去や現在のローンやキャッシングなどの借り入れ履歴、返済の仕方で遅延はないかなども、情報の内容によって違いますが、数年残りますね。カードローンが審査に通らなくても、申込みしただけでも情報は残ります。これら情報がこんごの住宅ローンや自動車ローンを組む時にどれぐらい影響するかはわかりませんが、情報はみられます。返済の遅延があれば銀行員でなくても銀行員以外の人でも、その後の借り入れに影響します。信用が損なわれます。銀行員の方なら尚更でしょう。

とてもプライベートな情報なのですが、金融業界では情報が見られるのであなたのキャッシングした履歴もたの行員に見られるかもしれません。今後金融業界で働きたい学生が過去にキャッシングの履歴があるとして、就職試験時に過去のキャッシングやクレジットカードの返済履歴を確認されているかもしれません。

キャッシングサービスは銀行員によって審査が変わるという噂

キャッシングサービスは消費者金融独自のサービスだったのですが、現在では多くの金融機関でもサービスしています。金融機関でのサービスの使い勝手はプラパーの融資とは全く違い、借りやすく、利用しやすい方式が取れれているのですが、それでも依頼する銀行員によって審査が違うのではないかという噂が出るほど審査に差があると思われているようです。

結論から言えば銀行員が何人いようともキャッシングサービスの審査は何も影響しません。キャシングサービスの審査はどの金融機関でも同じ審査方法が取られることが多いと言われています。

審査は収入と借り入れの各バランスをチェックします。収入については月収制のサラリーマンだけではなく、年収による審査が行われるので学生や主婦、年金生活者や自営業者など、これまで金融機関からお金を借りられないと言われてきた人まで借りることができるサービスです。月収以外の方々は年収による審査を受けられます。

また、サラリーマンでも複数の収入がある場合は年収による審査も受けられます。借り入れについては金融機関や消費者金融が共同で運営している会社に個人、法人のすべての借入状況、返済状況がが集められますので、そこから個人の同意をもって情報が引き出されてチェックされます。

収入と借り入れのチェックは主に法律で定められている総量規制に当てはまるかをチェックしてます。総量規制は消費者金融向けの制限ですが、金融機関の多くが総量規制に触れないように審査をしていることが多いです。総量規制は収入の3分の1を超える現金は貸してはならないという制限です。物販や担保付きのローンには適用されませんが、キャッシングサービスの多くは適用となります。

金融機関でのキャッシングサービスの審査は銀行員が独自で行うプロパーの融資ではないので、システムがきちんと整備されており、銀行員はデータを入力するだけで審査が行われますので安心してどの銀行員でも申し込めます
(⇒銀行融資にも色々ある?

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY