> > > 会社に知られずにキャッシングで契約までしたい

会社に知られずにキャッシングで契約までしたい

会社に知られずにキャッシングで契約までしたい

キャッシングしたいけど勤めている会社に知られないか気になる。会社の人に知られずに契約までもっていきたいけど、そんなことは可能なのか。会社にばれないようにキャッシングで契約できる方法があるのであれば教えてください。
(⇒内緒で融資を受けたいならまず気にすべき事

会社にばれないようにキャッシングで契約するには

自分が勤務している会社にばれることなくキャッシング契約まですることはできる。ただし100%ばれないというわけではなくもちろんばれてしまうこともある。万が一が起こるかもしれないからばれるリスクもある、ということも覚えておくこと。とはいえ、最近はお金を貸してくれる会社も配慮してくれるからばれにくいともいえる。心配なら、電話で聞いてみるのもいいだろう。

キャッシングで契約するには、在籍確認を済ませる必要があるから自分が勤めている会社に電話が掛ってくる。勤めているところに電話がくる、そう聞くとばれてしまうのではないかと心配になるだろう。しかし上記に書いたとおりそこは相手の会社も配慮してくれるようだ。電話をかける時にはキャッシング会社名でかけてくるのではなく、担当者個人の名前で電話をかけてきてくれるようになっている。同じように借金している人が電話に出れば怪しまれる可能性もあるが、ばれる可能性は低い。
(⇒融資審査にて欠かせない工程

ちなみにこの在籍確認の電話は自分がでなくてもOKで、いつのまにか終わってしまっていることもある。そのことも覚えておけば、電話がこないと心配になることもないだろう。最近のキャッシングの在籍確認審査は、電話確認でなくて書類で済ますこともできるようだ。どうしても自分が勤めてくるところに電話がかかってくるのが心配なのであれば、この方法を使ってみるといい。

書類での在籍確認がOKなのかは、電話で聞いてみたりするとわかる。申し込みをして審査を受ける前に聞いておけば、書類での在籍確認ができない、と悩む心配もない。最近はネットにもキャッシング会社の情報が詳しく載ってるから調べてみてもいい。申し込みをする前に確認しておくようにするといいだろう。長くなってしまったが、キャッシングは自分の勤めている会社にばれずに契約まですることは可能だ。
(⇒金融業者で審査の仕方を変えてもらえる?

ばれてしまう可能性ももちろんあるのだが、相手の会社も配慮してくれるからあまり心配することもない。お金関係の事はやはりばれたくないという人が多く、このような質問する人も多い。ネットで調べてみると、勤め先の会社にばれないようにするために解決策も結構ある。参考になるからばれないようにキャッシングで契約までしたいのなら、自分でよく調べてみるといいだろう。

お金借りたいけどバレたくない!会社に知られずにキャッシング

毎日の生活の中で、どうしてもお金が足りなくなるというケースは誰にでもあることです。そんなときはキャッシングが便利ですが、やはりキャッシングを利用しているという事実を誰にも知られたくないというのが本音だと思います。

特に会社で知られてしまいますと、その後の会社での立場に大きく影響するという方もいらっしゃるでしょうし、キャッシング自体は何も悪いことではないのですが、やはりイメージとしてはあまりよくありません。ですから、会社に知られずにお金を借りたい、というニーズは多くあるのが現状です。

では、どうしても会社に知られずにお金を借りたい、という場合にはどうすればいいのでしょうか。会社にバレてしまうとしたら、やはり在籍確認などのときがリスクが高いです。ですから、在籍確認をされずに審査が通過できれば会社にバレるということはまずないと考えて大丈夫です。ですから、在籍確認なしのキャッシングを見つければいいのです。

大々的に「在籍確認なし」と謳っている会社はあまりありませんが、申し込みの際に相談してみることによって在籍確認に変わる方法を提案してくれる消費者金融があることも事実です。消費者金融にしても、身元が証明されればそれでOKとしていることも多いので、会社の社員証の写しや給与明細などを提出することで在籍確認の代わりとしてくれるケースもあるようです。ですから、会社に知られずに申し込みをしたいという方は、まずはそのように相談してみることをおすすめします。
(⇒在籍確認無しでお金を借りるコツ

とはいえ、在籍確認によってキャッシングを利用していることがバレるケースはほとんどないので、あまり心配する必要もありません。何がなんでも会社に知られたくない、知られたら困る、という方は相談してみることをおすすめしますが、そうじゃない人であっても在籍確認の際には「鈴木です」などの個人名で電話をかけてくることがほとんどですので、会社にバレるリスクはほとんどないと考えて良いでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY