> > > キャッシングの審査に確実に通れる方法は?

キャッシングの審査に確実に通れる方法は?

キャッシングの審査に確実に通れる方法は?

どうしてもお金が必要なんで、絶対に借り入れしたいんですよね。でもお金借りるには審査があるじゃないですか。落ちたら困るんで、審査に確実に通る方法が知りたいです

確実はないけれど通りやすい方法ならある

消費者金融で確実にお金が借りれる方法と言うのはありません。しかし、金融会社には貸したい人とそうでない人の基準があるのは確かです。一つでも有利なポイントを稼ぐことで借りやすくなることでしょう。また、自分に不利な点が多いようであれば借入先を慎重に選ぶことも視野に入れるとより、借入できる可能性が上がると思われますのでその辺もよく考えて申し込みをするようにしてください。

まず、金融会社から借り入れがしやすい人は、【今までの借金で返済遅延がない】【多重債務ではない】【債務整理をしていない】【総量規制に引っ掛かっていない】【安定した収入がある】などの人です。特に債務整理を行っている人は信用面では致命的なので大手の消費者金融では借入できないと思ったほうが良いでしょう。また、総量規制は借り入れる人の年収の3分の1以上の金額の貸し付けを禁止する法律です。銀行や銀行系はこの限りではありませんが、一般の消費者金融であれば総量規制に引っ掛かる金額の貸し付けは絶対にできません。

その他にも、金融機関がプラスだと思う情報には【配偶者がいる】【子供がいる】【マイホームなどの資産がある】などがあります。また、先述した安定した収入の中でも、公務員は収入が途絶えることがほとんど考えられないため、絶大な信用が得られるでしょう。もしも公務員であればほぼ確実に借入は可能でしょう。反対に、独身で親と同居であったり、フリーターであったりするのはマイナス要因となります。

以上を踏まえて少しでも審査に不安がある場合は審査基準が緩い消費者金融を選ぶようにしましょう。審査が厳しい順で言えば、銀行>大手消費者金融>中小タイプの消費者金融です。中小タイプの消費者金融は、自己破産経験者であってもある程度の時間がたっていれば貸してくれたりもするほど融通の利くところです。しかし、大手の消費者金融などと違い、利息が高かったり、保証人が必要であったり、サービス面が不十分であったりと不便な面も多々あるでしょう。それでも、より確実に借り入れがしたいと思うのであればこの手の消費者金融に頼るべきでしょう。

気を付けてほしいのは、確実に借入したいがために闇金の誘惑に負けてしまうことです。確実に借り入れできる!などのうたい文句で貸してくれる闇金は法律の範囲外の利率での貸し付けを行います。また、取り立ても激しく、違法性を含むようなものである場合はが多く、精神的にも追いつめられるケースが後を絶ちません。絶対に闇金には手を出さないようにしてください。

キャッシングの審査に通れる方の特徴について

キャッシングサービスはほとんどすべての消費者金融と金融機関がサービスを行っており、各種特典や差別化によって多くのサービスがあり、複数のサービスを契約しているという方も珍しくなくなりました。

しかし、何度出しても審査が通らないという方もおり、通れる方、通らない方の特徴を考えてみました。通る方に共通しているのは利用希望額を適正に出しているということです。利用希望額は好きなだけ書けますが、実際に通るのは法律の制限がありますのがかなり低いことが多いです。

例えば年収で400万円の方は120万程度が利用限度額と言われています。この制限は法律で決められており、所得の3分の1を超える現金は貸してはならないと定められています。法律は消費者金融に対してですが、金融機関の多くが法律に準拠した利用限度額にしているようです。

自分で希望する金額だから好きなだけ書いても審査で自動で減らされるから問題ないという方も多いのですが、審査によっては利用希望額と収入のみで仮審査をして足切りをしている場合も多いようです。そのため、利用希望額は実態にあった申請が大切です。

利用可能額を書く際に注意したいのは借り入れは他社も含めて合算することです。その中でも車と住宅ローンの以外の現金の借り入れは対象であると考えてよいです。特にクレジットカードのキャッシング機能の利用分は見過ごしやすいので注意が必要です。

クレジットカードの場合は利用限度額が2種類、物販とキャッシングに分かれていることが多いので明細はよく確かめておくと良いです。利用限度額が適正になっていればあとは既存の借入額と収入とのバランスをチェックします。収入の3分の1を超えるような借り入れがある場合は申請をせずに返済をまず行うことが大事ですし、3分の1を超えていないなら借入希望額を適正に申請すれば審査は順当に進みます。この時、利用してないキャッシングの契約がある場合でもそれは考慮しなくて問題ありません

【参考ページ】
融資審査で見られている事を今一度確認しよう

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY