> > > キャッシングの審査の内容は会社によって大きく違いますか

キャッシングの審査の内容は会社によって大きく違いますか

キャッシングの審査の内容は会社によって大きく違いますか

キャッシング(カードローン)について質問です。たくさんの会社がありますが、その審査の基準というのは会社によって大きく違いはあるのでしょうか?

わたしは一般的な会社員ですので審査にあまり通らないのではないだろうか?と考えています。そのため、もし自分でも通りやすそうな審査基準の会社があればそこに絞って申し込みをしてみようかと考えているんです。ですが審査基準がどんなものか全くわからないので、そのような会社があるのかどうかも全くわかっていない状態です。

特殊な地位や職業というわけでもないため難しいかもしれませんが、私みたいな一般人、普通の会社員でも通りそうな審査基準の会社はあるでしょうか?そして、審査基準は各社によって大きく違うでしょうか?

審査基準は大きく変わらないので特別通りやすいところはないかも

確かに複数の会社に申し込みをおこなった際、ひとつのところは審査に通ったけれどももうひとつの会社の審査には通らなかった…というのはままあることです。しかし、審査基準として大きく違うから審査結果が割れたとは断言しがたいところではあります。どの会社も基本的な審査基準として大きく変わることはありません。

それではなぜ結果として分かれてしまうことがあるのかと言いますと、どこを重要視するかというポイントは会社によって違う場合があるからです。また、会社の考え方でも審査結果は左右されるところが大きいですね。重要視されるポイントとしましては例えば「結婚しているかどうか」「持ち家があるかどうか」「固定電話があるかどうか」といった生活の基盤が安定しているかどうかを重要視するところもあれば、「勤続年数」といった仕事の面でどれだけ安定しているかを重要視するような会社もあります。

しかしこれらのポイントも、基本的にお金を貸していいという判断がされてからこそ。このようなポイントがあったとしても「やっぱりこの人にお金を貸すのはちょっと不安だ」と判断されてしまうと審査には通りませんからね。あくまでプラスアルファとして考えておく…という方がいいかと思います。基本の「安定した収入があり、返済出来る能力がある」と判断されることが大切。

そしてその判断は殆どのカードローン、キャッシング会社で共通した認識があります。大きく審査基準が変わっている会社というのは、個人経営のところではあるかもしれませんが中手、大手と規模が大きくなっていけばなっていくほどその基準は均一化、画一化に近づいているといっても過言ではないでしょう。質問者様のような一般的な会社員という方であればどこのキャッシング会社でも問題ないかと思いますよ。

審査に通りやすいおすすめキャッシング会社はプロミスです

必要なものを購入する目的や、生活をしていく上で日常生活で使うもののためにお金がいるときには、知り合いにお金を借りることができればベストな選択と言えますが、いつもそういうわけにもいかないでしょう。

いつでもニーズに合わせて簡単な手続きのみでお金を借り入れできるサービスとしては、消費者金融業者が行っているキャッシングがあります。消費者金融業者のキャッシングは、利用者のニーズに合わせて、すぐに資金が必要なときには即日融資が可能な金融業者を選ぶことができますし、店舗に行けないときにはインターネット上から申し込み可能な金融業者を選ぶと便利です。

それぞれの消費者金融会社にはサービス内容に特徴があると言えますが、キャッシングを利用するために消費者金融会社に申し込みを行うと審査を受けることになります。消費者金融会社のキャッシングを選ぶ際の基準としては、金利や融資が実行されるまでのスピードを重視する人も多いと考えられますが、審査が通りやすいことも大切な要素と言えるでしょう。

審査が厳しくて落ちやすい金融業者に申し込みを行っても、時間を無駄にするだけでお金が手に入らないことになります。あらかじめ審査が通りやすい消費者金融会社を把握しておくことによって、無駄な時間をかけることなく簡単に融資を受けることが可能になります

審査が通りやすいおすすめのキャッシング会社はプロミスになります。プロミスでは年齢が69歳までの人が借り入れ可能な条件になっていますので、高齢者の方であっても融資が受けられます。アルバイトやパート、主婦、自営業者など幅広いジャンルの職業の人に融資を行っていますので、正規社員でない人でも利用可能な消費者金融業者となっています

プロミスでは女性の方が借り入れの相談をしやすいように、女性スタッフが必ず電話対応をしてくれるレディースローンのサービスも行われていますので、女性で消費者金融から借り入れることに興味を持っている人の場合には利用してみることをおすすめします。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY