> > > 収入200万円以下ではキャッシング出来ないというウワサが…

収入200万円以下ではキャッシング出来ないというウワサが…

収入200万円以下ではキャッシング出来ないというウワサが…

私の周りは対して稼いでいる人もいないし、高給取りが多いわけではありません。それはみんな自覚していると思うのですが、給料があまりにも少ないと生活が大変になるので、そこでよくキャッシングの話をみんなでしたりもしています。

キャッシングの話でよく出てくるのは収入200万円以下になってしまった時のことです。アルバイトなんかをしていたらそうなる可能性もあるわけですが、収入200万円以下になってしまった時はキャッシング出来ないというように話をしています。これは我々にとって見たらすごい困るのですが、本当にどうやっても借りられないものですか?

キャッシング業者によっては十分貸してくれるだろう

キャッシングをするための業者によってはたしかに収入200万円以下の人に喜んで貸したいというところは、あまり多くはないかと思います。もちろん年収1000万年を超えるような、お金持ちに貸出をしたいと思っている業者ばかりでしょうが、そんなにお金持ちの人ばかり世の中にはいません。だからお金がなくても借入ができるようなところも多いので、あまり収入が低くなっても気にしなくても大丈夫です。

結論から言ってしまえば収入200万円以下というのはかなり生活が苦しいように思えますが、全く生活できないというわけではないでしょう。特に地方についてはそれでも十分で物価も安ければ色々なコストも安いところは多いです。こういったところなら収入も都心に比べると少ないのは当たり前であり、消費者金融などのキャッシングもそれを考慮した上で貸出をしてくれるでしょう。
(⇒融資審査は案外柔軟です

つまり収入200万円以下だったとしてもキャッシングの業者が絶対に貸出をしてくれない、ということはないということです。まず貸してくれるところのほうが今の時代は多いのではないかと思います。もちろん貸してくれると言っても確実に貸してくれるところばかりではありませんし、審査に落ちる可能性もあります。また金利が高いし、借入枠もあまり大きくはならないかもしれません。

でも借入ができる可能性は高いでしょう。地方銀行であればその地方の収入などをよくわかっているでしょうから、収入200万円以下であったとしても借り入れをするのは楽にできるところが多いと思います。収入200万円以下では借りられないところとなると大手の銀行系カードローンであるとか、特別な金利で借りられる商品などが中心になるでしょう。

借り入れが出来ないというのは今の時代無収入であるなど、余程のことがない限りは借りられることのほうが多いといえる時代です。あまり心配しすぎないほうがいいかもしれません。

収入200万円以下でもキャッシングはできる

2010年に総量規制が定められてからは、年収の3分の1までしか借り入れすることができなくなりました。この上限額は1社当たりの額ではなく、全ての借り入れ総額で考えます。収入200万円程度の人なら、最大でも総額66万円程度しか借り入れできませんので、目標としている額に届かない可能性もあります。また、一社からの借り入れが50万円以上であったり、借り入れ総額が100万円以上になる場合には、借り入れ先に収入証明書を提出しなければなりません

収入200万円以下の低所得者がキャッシングを行う際、まずは銀行系で借りられないかを探ってみます。どこの銀行でも100万円程度までなら収入証明書の提出を求められません。総量規制の対象でもありませんので、年収の3分の1を超える額を借り入れすることも可能です。中には収入証明書なしで300万円まで借り入れできるところもあります。低金利で安心感のある銀行ですので、キャッシング初心者にもおすすめです。

数十万程度の小額の借り入れなら、大手の消費者金融が便利です。収入200万円以下の低所得者であったり、パートやアルバイト勤務であっても審査に通る可能性の高い方法です。大手の消費者金融では、安定した収入があり、過去に遅延や自己破産等の問題を起こしていなければ、問題なく審査に通るはずです。探せば一定期間無利息で借りられるサービスもあります。

低所得者は、日常の生活費として借り入れすることが多いのですが、ボーナスで返す等のあてがある場合には一時的に借り入れするのも問題ありません。毎月足りない分を借り続けるのは良くありませんが、一時的にお金が必要になって急場をしのぐために借りる人は大勢います。返済するためのシミュレーションがしっかりとできていれば、多少まとまった額を借り入れしても、その後の生活に支障をきたすようなことはありません。より安全に借り入れをするなら、最初に銀行系を探してみるべきです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY