> > > なぜ今でもキャッシングできない時間が存在しているの?

なぜ今でもキャッシングできない時間が存在しているの?

なぜ今でもキャッシングできない時間が存在しているの?

よくキャッシングできない期間がブラックになるとありますよね。大体5年くらいは整理をしたら出来ないというように聞いているんですけれども、そういう時期こそ借金が必要な気もするのです。お金が足りないわけですからなんとか生活のためにと思っている人は多いんじゃないでしょうか。

にも関わらず、キャッシング出来ない時間がこんなにも数年間あるというのはどういうことなのでしょうか。昔もあったと思いますが、昔もこんなに数年間も使えないということが当たり前だったんですか?

キャッシングしないで生活再建をさせるためのもの

キャッシングできない時間が長いというのはよく言われていますが、これは昔から大体10年くらいだったようです。今は7年の時もあるし、任意整理などであれば5年ですから短くなっていると考えればいいかもしれません。ある意味過去よりも使いやすくなっているとも言えるんですが、このキャッシングできない時間があるというのは2つの意味があると考えられています。
(⇒自己破産するとどれくらい借りられない?

一つが懲罰的なもので、一種の罰則です。借入をして失敗をしたのだから、借入を出来ないようにしているというわけです。こうすることで使えるお金などの枠が減ってしまいますが、それが嫌だったら今後はバツを受けないように使うか、借金をしないようにするべきだというような懲罰的な意味合いもあると言われています。

もう一つが生活再建のための期間だと言われていて、こちらのほうが基本的には表向き語られることが多いと思います。生活再建というのは借金をしなくても最低限の生活が出来るようにするというものです。生活再建をして、借金に頼らなくてもいいようになるまでには数年かかります。自己破産なら支払いはないですが、任意整理などであれば支払いも発生していますからそれが終わるまでの期間もあります。

なので支払いが終わって借金をしなくても済むようになるまでの間、しっかりと生活再建をしなければならないということもあるので、時間が区切られているということです。キャッシングできない時間というのがあることによって、強制的にでもしっかりと計画的な生活をすることが出来るように、生活再建をしてほしいという意味合いで作られているのでしょう。

それ以外にも金融機関としても安心して貸出ができないということもありますから、安心して貸出ができるようになるまでの間、貸出を控えるという意味でのブラック扱いというのもあります。いろいろな意味がありますが、それでも借入ができるようになるまでに生活再建をしっかりと行うこと、これが一番重要でしょうね。

キャッシングのできない時間帯とできる時間帯

消費者金融などのキャッシングを利用するさいに気になるのが利用できない時間帯です。せっかく融資できる条件が整っていても、この時間帯を理解していないといざという時に役立てることができません。また融資の方法によってはその時間帯が大きく変わるので、事前に準備をしておく必要があります。
(⇒融資に申し込む前の備え

例えば新規の借り入れを行う審査の多くは、平日の営業時間内でしか行われないのが普通です。また即日審査と即日融資を謳っていても、実際には審査まで時間が掛かる場合があります。審査に時間が掛かる理由は、やはりその審査書類に何らかの不備があったりして調べる必要があったり、審査基準のギリギリで融資の可否を上司に仰いでいるといった状態です。また即日審査が完了しても時間帯によっては即日融資を受けられない場合があります。
(⇒審査に通らないほど時間がかかる?

現在は受付そのものはインターネットであれば24時間365日対応しているところが殆どです。審査では申し込み順に処理されていくので、少しでも早く審査に通りたい人は営業時間外でも申込みだけはしておくと良いでしょう。一方で、いざお金を借りるさいにもお金を引き出す方法によっては利用できる時間帯とできない時間帯があります。

大手の消費者金融であれば提携銀行の口座を持っていれば、24時間即日の融資を受けられるサービスを提供しているところがあり、ほとんどの時間帯で必要なお金を都合することができます。ただしメンテナンスのために週1回または月に1回は6時間ほど利用できない時間帯が存在するので注意が必要です。また多くの場合、元旦はサービスを行なっていないのが一般的です。

一方で、提携銀行の口座などを持っていない場合には、消費者金融のATMなどを利用すればかなりの時間帯で利用することができます。多くの場合には、朝7時から夜24時まで営業しているので夜間の借り入れも可能です。また窓口も銀行などとは異なり営業時間が長くとられていますので、審査の申込みも行うことができます。

【参考ページ】
実際にお金が借りられる時間帯とは?

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY