> > > キャッシングしたいけど審査って無職は絶対ダメなのかあ

キャッシングしたいけど審査って無職は絶対ダメなのかあ

キャッシングしたいけど審査って無職は絶対ダメなのかあ

お金がなくなってきてさ、かなりやばいんだよ。先月は親に頭下げてお金借りたんだけどさ。今月は彼女にお願いしようかなって思ってる。仕事は探しているけれど、いい仕事ってないんだよね。前の仕事も給料は良かったんだけど、先輩がきつくてさ、頭に来たからケンカして辞めたんだよね。もっとオレが頑張れるっていうか、働きやすい仕事がしたいんだよな。それまでお金がなかったら生活できないじゃん!仕事はするよ、だって食えなくなっちゃうしさ。だから無職でもキャッシングができる所教えてくれたらいいんだよ。あっ、それと審査っていうの?あれが簡単に通過するっていうか、無職だったら絶対にダメなのかな。
(⇒融資審査が簡単なところってあるの?

キャッシングするには仕事をしていることが大切なんです

なあにあんた、成人してるんでしょ?無職で親にお金借りて、この次は彼女から借りるつもりなの?サイテーもう最悪ありえない…っていうか私の元カレみたいだわ!信じらんないよ、もう仕事しなくてお金借りて、返せなくてブラックで、だから別れた。貸したお金は元カレの友達に言って返してもらったけどね。一年かかったよバカみたいだけど貸した私もバカみたいだった。あんたもそんなふうになるつもりなの?お金をキャッシングするっていうのは、返せる給料があるってことなの。だから働いている事が絶対条件なわけ!(参考ページはこちら→仕事をしている事が融資を受ける為の条件でもあります

銀行もサラ金もね…あっ、サラ金って言ったら良くないのかな、消費者金融もね、お金を貸すって事は、あんたを信用しているから貸すの、わかる?だから初めてお金を借りる人は、まず働いていて安定した収入があるっていうのが信用なわけ!そこから始まるよの信頼関係が!だからキャッシングした人はその信用を失わないために返済期日を守ってお金を返すわけさ!そうやって何度もキャッシングと返済を繰り返すから、さらに信用が増して限度額も増えたり、金利も少しは下がったりするわけなんだよね。

だからキャッシングをするのに無職はダメですありえません。そして審査だけど、あんた今までにお金を借りたことがあるの?もしあるならちゃんと返済した?してなかったら新たにキャッシングなんて無理だよ。金融会社はね、あなたの過去の金銭トラブルを調べる事ができるんだよ。そこで問題があれば審査は通らないよ。話しぶりでは、そんなことはないみたいだけどさ。とにかく働く事だよ、アルバイトでもいいからさ!そして信用を得る事!親とか彼女を頼ったらダメだよ。ちゃんと社会人として恥ずかしくない生活をしてちょうだい。

無職でもキャッシングの審査に通る場合とは

仕事をしていれば、ある程度の収入が見込めます。しかしながら、急な出費に対応できなかったり、病気やけがなどで仕事をすることができなくなってしまったりすると、お金に困ることもあるでしょう。そういったときには、身内に借りたりすることもできるかもしれませんが、できればそれは避けたいものです。なぜなら、お金のことはとても揉めたりすることがあるからです。そうなると、金融会社などの利害関係がそれほどない部分を頼ったほうがいいのです。

外部の金融会社というと、銀行やクレジットカード会社、消費者金融などがありますが、一般的に銀行やクレジットカード会社ではある程度の安定した収入がないと審査に通ることはないのです。それに対して消費者金融というのは、審査が緩く、時間もかからないので、すぐにお金が欲しいときには便利なのです。

会社員や公務員、派遣や契約社員、アルバイト、パートなどでも消費者金融では審査に通ることが多いのです。それに加えて、一定の条件をクリアしていれば、無職であっても融資してもらえることがあります。

その条件とは、親や近い親族に返済できるだけの資産がある場合や、派遣や契約社員の契約期間の間の無職期間であり、今後働く見込みがある場合、さらには就職の内定が出ていて働いて収入を得る予定がある場合、年金生活者での60代くらいでまだ若く、働いて返済できる見込みがある場合などです。これはその人の置かれている状況によって異なりますから、まずは問い合わせをしてみたり、キャッシングの申し込みをしてみるといいでしょう。

このように、消費者金融の場合では、かなり厳しい状況であっても審査に通る抜け道のようなものがあります。ですから、まずは審査を受けてみるのもいいでしょう。

しかしながら、無職の状況で借り入れをするというのはリスクがあります。ですから、利用するとしても借金をしているという意識を持って、計画的にお金を使うようにしましょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY