> > > 本当に収入が無くても借りられるキャッシングはあるの?

本当に収入が無くても借りられるキャッシングはあるの?

本当に収入が無くても借りられるキャッシングはあるの?

収入が無くても借りられるキャッシングというのは、本当にあるのでしょうか?噂を頼りにして調べてみてはいるものの、それらしいキャッシングについては見つからない状態となっております。また、どうして収入が無くても借りられるキャッシングがあるのか・・・という理由についても教えて欲しいです。

具体的に、キャッシングにおいて借りられそうな金額についても明示していただけると助かります。というのも、現在のところお金に困っている状態でして、10万や20万程度ではキャッシングできる金額としては微妙すぎるからです。できる限り、50万円以上で借りられるようなもので、収入が無くても借りられるキャッシングというものを紹介して欲しいなと思っています。

収入が無くても借りられるキャッシングはあります

質問者様が希望しているようなキャッシングは存在しております。ただ、このような収入が無くても借りられるキャッシングについては、「保証人や担保」が必要となってくる場合があるので、もしかすると、その点でお断りされている可能性もあります。ちなみに、安い物品をどれだけ集めても担保などとはなりません。担保については、信販会社などですでに価値が決められているもので定まっているからです。
(⇒通常のキャッシングでは担保も保証人も不要です

例えば、個人が身につけているような衣服や靴については、今では中古ショップであっても買取不可になっている場合が多いです。「値段は高くても買い求めてくるお客が少ない」からです。もし、担保などを用意して収入が無くても借りられるキャッシングを受けたいというのであれば、せめて自動車程度は用意していないと厳しいでしょう。そもそも、このような物品を担保にしてくれる人もいるので、このキャッシングは存在していられるのです。

次に、50万円以上を収入が無くても借りられるキャッシングで借りられるのか?についてですが、高確率で不可能となっています。大きな理由としては、すでにキャッシング落ちされているからです。このような状態では、「借金のために借金をしている」というふうに判断されてしまいますので、一度、長期間でキャッシング審査を受けるのをやめておいた方がいいでしょう。そうしないと、いつまで経っても収入が無くても借りられるキャッシングでは審査落ちになるからです。また、金額は30万円前後が好ましいともされていますので、50万円に対してのこだわりをなくすというのも大事であったりします。

はたして収入が無くても借りられるキャッシングはあるか

今の世の中、お金を使うことがとても多くて、よほど何事にも欲を持たない人でなければ衣食住の基本的なもの以外にお金を使わないなんてことはできないでしょう。携帯電話は必需品のようになっているし、テレビやインターネットなどの情報源は人との付き合いが無くても、いや、ないことが少なくない人も多い現代人にはなくてはならない物だろうし。これらは全て少なくとも毎月定額で一定以上の料金がかかるものですから、特別な課金を支払わなくてもそれだけでお金はどんどんと出ていくのです。

お金を安定して充分稼いでいる人であれば、これらの費用を支払えなくなることはないでしょう。特別な高額出費をしようと思っても一時的な借入くらいで、それはさほど難しくない借入になると思います。このような人はよほどの浪費家で無計画な人でなければ信用もありますからほとんどの金融機関で拒否されることはないのです。(参考ページはこちら→融資審査で通る基準は簡単に分かる?

しかし、本当にお金に困って借りたい人は、その安定した充分な稼ぎが無い人です。出費は必要なのに収入の見込みが厳しい人になります。そんな中には収入が無い人も当然含まれます。何らかの事情で収入が一時的になくなってしまった人、給与などの支給、商売上の売り上げはあるけれども、それが手元に入ってこないなどの特殊な事情がある人なども、お金を支払わなければならない必要に迫られて借り入れを考えなければいけないでしょう。
(⇒お金がない状態で融資は受けられる・

そんな人たちは、当然厳しい審査であれば通ることができません。収入が無くても借りられるキャッシングでなければならないのです。借り入れの額に寄りますが、少額であれば条件が合えば借り入れが可能なキャッシングは存在します。まったくの無審査なわけではなく、借り入れを望んでいる人の環境が条件に合致していればと言うことになります。

まず、貯金額がある程度ある場合、株など金融商品がある場合など、収入とは別に将来の返済が不可能ではないと判断するだけのものがある場合には収入が無くても借りられることが多くなるでしょう。また、家族に一定以上の収入がある場合、専業主婦や学生などもここに入りますが、本人以外の人による返済が見込まれる場合も入ります。そして、自営業などの場合、社会的な経済環境によって一時的に赤字経営になってしまい、収入が無い場合もありますが、この場合も借入が可能であることも多いのです。
(⇒専業主婦がお金を借りられる理由

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY