> > > 総量規制以上とか申込ブラックで利用出来るキャッシングある?

総量規制以上とか申込ブラックで利用出来るキャッシングある?

総量規制以上とか申込ブラックで利用出来るキャッシングある?

今キャッシングの利用金額が総量規制ギリギリです。そんな中でキャッシングを申し込んで、たぶん今申込ブラックになってると思うんですよね…。

今の自分の状態で利用できるキャッシングとかないんでしょうか。キャッシング利用できないと困るんです。

総量規制以上の借り入れを希望するなら銀行を検討!

基本的に貸金業からキャッシングするときは総量規制以上の借り入れは出来ないことになっています。これは貸金業法という法律で決められたことですから、違反をすると貸した側が罰せられてしまうんですね。総量規制に達さないかどうかは個人信用情報等でキャッシング会社も確認を行いますから、もし現在総量規制の金額ギリギリでの限度額設定が既に行われている様であれば、新規のキャッシング限度額の設定は不可能です。

ただ、もしもキャッシングを申し込む先が銀行だった場合は総量規制は関係ありませんから新規のキャッシングが認められる可能性があります。もちろん審査を受けなければいけませんし、銀行のキャッシングは他社借入れがあるとパスするのが難しくなりますから確実に利用出来るというものではありません。すでに総量規制の金額いっぱいの限度額設定がされているということは、同額の借金を抱えていることと同じとなりますから、審査では不利になると思っておきましょう。

そして、申込ブラックとなってしまっているようであれば銀行からのキャッシングを受けるのはかなり厳しいと言えます。銀行の審査は厳しいと言われていますが、それは不安要素が1つでもあれば審査に落ちてしまうという人が多いためです。他社借入れが1件あるだけでも、年収や勤続年数、希望金額によっては審査に通らないこともあります。ブラックとなっている状態で銀行のキャッシング審査をパスするのはかなり厳しいのです。

申込ブラックにならないようにするためには短期間で複数のっキャッシング申し込みをしないようにするしかありません。申し込み履歴は6か月保管されていますから、出来れば6か月時間を空けて次のキャッシングに申し込むようにしておきたいですね。同時申し込みが2社であればOK、3社であればセーフという事は一概に言えませんから、出来るだけ慎重に行動しておきたいんです。申し込みブラックとなってしまえばブラックの登録が削除されるまで新規キャッシングの審査に通ることは難しくなってしまいます。その期間キャッシング出来ないというのは困ってしまうでしょうから、申し込みブラックにならないように気をつけるしかないんです。

【参考ページ】
銀行と消費者金融ではルールが大きく異なります

総量規制以上のキャッシングと申込ブラックについて

消費者金融は貸金業法と呼ばれる法律に基づき営業を行っている金融業者です。貸金業法には総量規制と呼ばれる規制が適用されるのですが、この規制は多重債務になる人を少なくする目的で導入されたものです。

総量規制は年収の3分の1を超える貸付を貸金業者に対して禁止をしており、これにより数社からお金を借りてしまい多重債務になる人を少なく出来ると言ったメリットを持つのです。

年収が300万円の人の場合、年収の3分の1というのは300万円÷1/3となりますので100万円になります。100万円を超えるお金を借りることで総量規制以上の貸付となりますが、総量規制には配偶者との収入を合算させてのキャッシング、複数の他社債務を一本化させるおまとめローンなどについては総量規制以上の貸付は可能になっており、これらは総量規制の例外貸付として認められているのです。

消費者金融でキャッシングの申込みを行う場合は、総量規制以上の金額の申込みをすると審査に通らない事が多くなります。また、総量規制は他社債務が有る場合は、年収の3分の1から他社債務が差し引かれ、残りの額が申し込み可能額になりますので、これを超える申し込みをしても審査に通らない事が有りますので注意が必要です。

申し込みを行って審査に通らない事が続くことで申込ブラックと呼ばれる状態になるので注意が必要なのです。審査を行う時、消費者金融は必ず個人信用情報を照会します。個人信用情報には個人を特定する情報の他、消費者金融への申し込みの記録、借金をしている件数、借金の返済がきちんと行われていたか否か、ブラックリストとも言われている延滞や自己破産の有無などが記録されているのです。

個人信用情報は審査を行う際には照会が行われ、その照会の記録も残されることになりますので、短期間の中で複数の消費者金融に対し申し込みを繰り返している事でお金が大至急必要という判断が下されてしまい、申込ブラックと呼ばれる状態になるので注意が必要なのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY