> > > 裏技としてキャッシングに収入証明不要で借りる方法がある?

裏技としてキャッシングに収入証明不要で借りる方法がある?

裏技としてキャッシングに収入証明不要で借りる方法がある?

裏ワザのようなものがキャッシングでは結構たくさん紹介されていますけれども、キャッシングの裏技で前に知ったのが収入証明を出さないでもいいというようなものです。収入証明ってほとんどの消費者金融や銀行系カードローンで必要だと思うんです

でもどういう裏技を使って、この収入証明が必要なくなっているのでしょうか。キャッシング業者ならどこでもそれはできるのでしょうか?

キャッシング業者によって収入証明は必要ないことも

裏技というよりも一応はちゃんと説明事項に書いてあることなので、そんなに大したことではないんですけれども、たしかに収入証明が必要ない時というのはあります。これはしっかりと説明を読めば書いてあることが分かるんですけれども、キャッシング業者によっては必要ないこともあるのです。絶対に必要なところもありますから、そこでは提出は必須になります。
(⇒金融業者によっては手軽なところもあります

たいていキャッシング業者で収入証明が必要ない、と言われているところはキャッシングする金額によって必要なくなるのです。それはキャッシングする金額が少なければ少ないほど、基本的には収入証明が必要なくなるのです。だいたい50万円か100万円くらいを基準として、それを下回る程度の金額で借り入れをする人は申し込みの時に特にそういったものを出さなくていい、というわけです。

このキャッシング業者というのは大手にもたくさんあって、大手のほうが逆に収入証明が必要ない所も多いようです。収入証明が必要ないというと、どうやって申し込みをした後に審査をしているのかというと、最初の申告した金額を見て、会社への在籍確認などを通して計算しているようです。一応の平均年収というのが会社ごとにありますから、そっれで考えられる収入を予測しているようです。

そしてその収入が貸し出しできるだけのものであれば貸出をし、できないのであれば、そのまま否決するというパターンです。ただし、借入金額は30万円や場合によっては10万円程度の少ない枠になってしまうでしょう。さらにたくさんの枠をもらって借りたいのであれば収入証明を出した上で借りるのがいいでしょう。そうすれば総量規制などを計算しつつ貸出を多くしてくれます。

収入証明がいらないなんて、昔の消費者金融や銀行系カードローンなどを使っていた人からしたら、まるで裏技のように感じられるかもしれません。でも今はこういった収入証明不要のところが増えてきているのです。キャッシング業者も昔とは変わってきているということです。

【参考ページ】
融資申し込みの内容は金融業者でかなり違ってきます

キャッシングの裏技と収入証明書が必要な場合

キャッシングの魅力は比較的手軽に融資を受けられることがあげられますが、申し込んだ人が全員が融資を受けられるわけではありません。それゆえに審査に通りやすくなる裏技やコツについてもよく確認しておきましょう。

キャッシングを利用する場合は、まずは必要な書類を用意しておく必要があります。まずは本人であることを確認できる身分証明書が必要ですので、運転免許証や健康保険証などの書類を用意しておきましょう。

小額の利用であれば、こうした書類があればすぐに手続きが行えますが、さらに多くの書類の用意が必要な場合もあります。まず、消費者金融の場合は総量規制がありますので、その人の年収の3分の1までの金額までの借入となっています。それゆえにある程度まとまった金額を借りる場合は収入を証明する書類の提出が必要となります。

消費者金融の場合は50万円以上の借入であったり、他社と合わせて借入金額の合計が100万円を越える場合は収入を証明する書類の提出も必要となります。会社勤めをされている方の場合は源泉徴収票や給与明細のコピーの用意をしておきますし、自営業の方の場合は確定申告書を提出することとなります。

収入証明の用意をせずに融資を受けたい場合は、まずは小額の金額から申し込むと良いでしょう。融資金額が大きくなれば、それだけ審査も厳しくなる傾向にありますが、少ない額の申し込みにしておくと審査もより通りやすくなります。

それから、ある程度まとまった金額が必要という場合も、銀行のカードローンの場合であれば収入証明が必要なく手続きを行うこともできます。銀行カードローンは消費者金融のキャッシングと同じように利用できますが、こちらは総量規制の対象ではありません。

銀行により対応は違いがありますが、100万円までなら収入証明の提出が必要ないという場合もありますし、300万円程度まで必要なく手続きが行える場合もあります。申し込み前には、もう一度条件について確認しておくと良いでしょう。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY