> > > キャッシングで増額をしないというメリットはあるか?

キャッシングで増額をしないというメリットはあるか?

キャッシングで増額をしないというメリットはあるか?

キャッシングといえば増額申請、これは欠かせないものだと思います。増額をしないという選択肢を選んでしまえば、それだけで損をしてしまうと思うのです。特に利子が高くなってしまうからというのが大きいと思うので、できるんだったら増額してもらうように個人的には思っています。(参考ページはこちら→融資は増額する事で返済も楽に?

ただ、キャッシング増額をしないメリットというのもあるという話を聞いたことがあります。キャッシングで増額をしないメリットなんて個人的には全然ないと思っているんですけれども、本当にメリットのようなものというのはあるんでしょうか。

キャッシングで増額しないメリットは精神的なものだ

明確に数字で出るメリットという点では、圧倒的にキャッシングは増額をした方がいいのは間違いありません。キャッシングを増額してできることというのはすごくメリットが大きく、その一つが利子でしょう。金利を下げることができるというのが一番のメリットでその次が借入額が増えるということだと思います。ただ、増額しないことにもメリットはあり、それは精神的なものになります。

精神的なものというのはいわば数字に出ないものではありますが、増額をあえて選ばないという人は少なくありません。そういう人たちが大事にするものは「借入を計画的に行って、必要以上の借入をしないようにする」ということです。借入額を絞るために、借入をしすぎないようにあえて減額をするという人もいるくらいだと言われています。そこまでして計画的に利用したいと思っているのです。

そういう場合、金利も対して低くはならないし、借入金額がすぐに枠に届いてしまうということもあるでしょう。それでも使いすぎて多重債務になるということを避けるためには重要な事だというわけです。本来は使い方によって多重債務になったりならなかったりするわけで、それは枠があっても使わなければいいだけです。しかし会ったら使ってしまうと言う人ほど、この方法を利用しているのです。

増額をしないメリットは多重債務になりにくい、ということだと思います。それ以外にも増額できない少額融資の商品で借入をしているという人もいます。そうして自分自身を縛ることによって、安全に使えるようにしているということです。かなり自制心の強い人でもあるかと思いますし、慎重派の人だと思います。

どちらにせよメリットとしては圧倒的に増額をしたほうがあるわけですから、自分が使いすぎて多重債務になったりすることなんて無いと思う人は増額をどんどんした方がいいでしょうね。

キャッシングを増額をするメリットについて

キャッシングには、借り入れられる限度額がありますが、その限度額を上げることができる増額というものもあります

限度額が増額は、金融業者が契約者にもっと利用して欲しいと考えて行ってくれたり、契約者がお金をもう少し借りたいという場合に申請することで行われます。

増額するメリットとしては、新たな金融業者でお金を借りる必要がなくなり、借入の件数が増えることがありません。また、一度に借りられる金額が多くなります。キャッシングは件数が増えるとそれだけ返済の手間もかかることから、できるだけ借入件数は少ない方が便利ですし、複数の金融業者から借り入れていると返済に追われてしまって精神的負担も負うことになります。

しかし、誰でも申し込めば限度額が増えるという簡単なものではありません。新規契約時と同じように審査が必要となり、その審査に通過しなければ限度額を上げてもらうことはできません

金融業者から増額可能の通知があるというのは、金融業者に信頼されているという証拠ですが、限度額が上がったからと身の丈に合わない借入をすればそれだけリスクが上がります。一度でも返済が遅れたり、支払いが滞ってしまうと、信用が無くなってしまいます。信用情報を元に戻すのは非常に困難であるため、限度額が上がったからからといってむやみに借入をするのではなく、必要があり、返済することができる場合にのみ増額した分を借りることが安全です。
(⇒借入リスクが上がるとその分ブラックになりやすくなるので注意

限度額が上がるまでにかかる期間は、金融業者によって異なりますが、一般的には、半年から一年のあいだに定期的にキャッシングを行っており、全ての返済が期日以内に行われていれば、10万円ずつ限度額が上がるようです。一度上がったら、限度額が下がることは基本的にありませんが、一度に限度額限界まで借りたり、返済期日当日に支払いを行うなどの行為が何度もあると信用がなくなってしまうので、キャッシングは計画的に利用することが大切です。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY