> > > 朝日信用金庫のキャッシングを利用したいと思います。注意点は?

朝日信用金庫のキャッシングを利用したいと思います。注意点は?

朝日信用金庫のキャッシングを利用したいと思います。注意点は?

朝日信用金庫のカードローンやキャッシングについて調べています。いずれ利用しようと思っているから、調べているのですが、借りる上で注意するところなどありますか?

朝日信用金庫の利用条件は厳しめかもしれません

信用金庫も銀行のキャッシングになるのは、おわかりかもしれませんが、銀行のキャッシングや借入条件は消費者金融ローンなどに比べて、審査が厳しいと言われています。同じ銀行と言っても、銀行系カードローンと言われているような、カードローン事業の保証会社が大手消費者金融が請け負っているところなども、消費者金融ローンと同じように、審査がゆるいような印象があります。信用金庫は、特に厳しく感じるかもしれません。

朝日信用金庫のホームページをご覧になるとわかると思いますが、朝日信用金庫の営業地区内に住所または事業所をもつ、個人か、営業地区内に事務所を有する企業の役員か、勤務しているかが、条件にまずあがり、そのうえで、朝日信用金庫に融資している方、とあります。但し書きで、融資を行わなくても貸付できる場合があるので、相談してくださいとありますが、まずは、朝日信用金庫と信頼できる関係を築ける=お金の信用関係を築ける方、というのが、一番のハードルとしてあります。

次に、一般社団法人しんきん保証基金の保証を受けることができる、というのも条件として挙がっています。この基金の審査に通ることができなければ、融資を受けたり、ローンを組んだりすることができないということでしょう。

悪い話ばかりではありません。先ほど記述した条件の中には、個人ではなく、事業所に勤める役員でも可とありましたね。普通、ローンを組む際、事業所ローンなど、会社ローンの場合は話が別ですが、フリーローンでは個人に限定している場合が多いです。審査がゆるいかどうかなどで話をすれば、銀行や信用金庫のローンは厳しくて、及び腰になるけれど、対象が幅広かったり、利率が魅力てきです。一考の余地はあるでしょうね。

【参考ページ】
信用金庫系の特徴を把握して上手く借りよう

朝日信用金庫のカードローンでキャッシングが可能な人

朝日信用金庫は、東京都台東区に本店が在る信用金庫です。朝日信用金庫では、台東区を初め、江戸川区、葛飾区、墨田区、中央区、江東区、荒川区、足立区、北区、文京区、中央区、千代田区、豊島区、板橋区、練馬区などの東京23区エリアと、松戸市、船橋市、浦安市などの千葉県エリアを主な営業エリアとしている信用金庫です。(参考ページはこちら→信用金庫を使うならエリアに注意

尚、朝日信用金庫には個人向けのカードローンを用意しており、地域に住む人々や地域の中に在る会社に勤務している人が申し込みを可能にしているのが特徴です。

このカードローンは、年齢が満20歳以上、60歳以下の内、勤続年数が2年以上の個人の人、もしくは同一事業を2年以上営業を行っている個人事業主の人などが申し込みを可能にしており、前年度の税込み年収、もしくは所得金額が200万円以上ある人が申し込みを可能にしているのが特徴です。尚、事業性を伴う資金としての利用は出来ませんが、それ以外の使い道は自由になっています。
(⇒融資を受ける為の基準は各社異なります

100万円、200万円、300万円、400万円、500万円の5つのコースが用意されており、前年度の税込み年収、もしくは所得金額の1/2が上限となります。例えば、年収が400万円の人であれば、100万円か200万円か何れのコースを申込みする事でキャッシングの利用が可能になると言う事なのです。

また、朝日信用金庫ではパートやアルバイト、専業主婦の人も利用できるカードローンを用意しています。先ほどのカードローンはパートやアルバイト、そして専業主婦の人は申し込みが出来ませんが、これから紹介するカードローンは幅広い人が申し込みを行ってキャッシングの利用が出来るのです。

申し込み時の年齢は満20歳以上、65歳以下で、朝日信用金庫の営業エリアに住んでいるか、もしくは営業エリアの中に在る会社に勤務している人、保証会社の保証を受ける事が出来るなどの条件を満たしている場合に、10万円、30万円、50万円の何れかのコースを利用してキャッシングを行う事が出来るようになっているのです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY