> > > 住民票でキャッシング申し込みは出来ますか?

住民票でキャッシング申し込みは出来ますか?

住民票でキャッシング申し込みは出来ますか?

住民票でキャッシングの申し込みが出来るところを教えてください。身分証明書が必要だって聞いてるんですけど、免許証もパスポートも持ってないので証明できるのって住民票ぐらいかなと思います。(参考ページはこちら→融資審査で必要な物とは

住民票って区役所で出してもらうものだから公的な証明書ですよね?これだけで申し込み出来れば助かるんですけど出来ますか?

キャッシングで提出できる身分証明書は限られている

キャッシングの申し込み時には身分証明書の提出をしなければいけなくなっています。身分証明書と聞いてすぐに思い浮かぶのは運転免許証やパスポートですが、これら以外にも身分証明書として認められるものがあります。キャッシング会社によって多少違いますが、一つの目安として知っておくと良いでしょう。多くの人が持っているものという事であれば健康保険証ですね。

健康保険証は特に顔写真が入っているわけではないのですが、それだけで身分証明書として使用することが出来ることが多いですね。勤務先についての情報も健康保険証を見れば知ることが出来ますから、キャッシング会社にとって健康保険証は重要な証明書という事になります。運転免許証やパスポートがないのであれば、まずは健康保険証を身分証明書として使用することを考えましょう。

他にもキャッシング申し込みで使用できる身分証明書があります。住民基本台帳カード、氏名・住所・生年月日・顔写真が分かる公的証明書ですね。住民基本台帳カードは顔写真ありとなしがありますが、もし運転免許証を持っていない、パスポートも持っていないという事であれば確実な公的身分証明書を1つ持っておくと便利ですので顔写真つきのものを取得するようにしておくことも良いでしょう。住民基本台帳カードは住んでいる市区町村に交付依頼をすることで入手することが出来ます。

住民基本台帳カードを作るためにも身分証明書が必要になりますが、こちらも健康保険証があればOKです。キャッシング以外でも身分証明書の提出が必要となる場合、顔写真入りの身分証明書でなければNGという事もあります。健康保険証と合わせて住民基本台帳カードは持っておくと良いかもしれませんね。

住民票だけでは身分証明書として弱いので、認められない場合も多いです。ただ、住民票を提出しなければいけない場合もあります。それは身分証明書という事ではなく、住所確認のためです。身分証明書に記載されている住所と現住所が違うという事は稀に起こり得ます。その時に、現住所の確認書類として住民票の提出をすることがあるのです。住民票以外でも公共料金の明細書があればそれも証明になります。キャッシングの申し込みmで必要になる書類はそこまで多くありませんが、キャッシング会社によって違いがありますのでしっかり確認しておきたいですね。

住民票でキャッシングを申し込むことはできる?

キャッシングを利用するためには、まず最初に行わなければならない手続きが申し込みです。申し込みを行い、必要事項を記入し、必要となる書類を提出することで、審査が行われます。この審査に通過しない限り、キャッシングを利用することはできません。

申し込みに必要になる書類とは、本人確認ができるものでなければならないため、運転免許証や健康保険証、パスポートのいずれかが必要です。これらは、申込者が本人であるか、実在しているかを確認するために求められます。

一般的に、本人確認ができる書類として「住民票」が使われることがありますが、住民票でキャッシングを利用することはできないケースもあります。何故なら、住民票は委任状があれば第三者でも取得できてしまうからです。第三者が本人になりすましてキャッシングを利用する、というケースが実際にあり、問題になっています。多くの金融業者は、成りすまし行為を警戒して本人確認資料に住民票を使用していないのです。ですから、キャッシングの本人確認資料は運転免許証か健康保険証、パスポートの提示が有利です。中には、住民票でも利用できるキャッシングもありますが、審査に通りやすいのはやはり、運転免許証や健康保険証、パスポートです。

キャッシングの審査を受ける場合は、できるだけ自分に有利な状況を作っておくということが大切です。(参考ページはこちら→特に審査に関わる事とは?

キャッシングは、融資を行う金融機関が、申込者は信頼できるかどうかを判断して融資するかを決めます。お金を貸すことになるので、金融機関側は身元をしっかりと確認し、身元が確認され、延滞や遅延がない人に貸さなければ貸し倒れになって損をしてしまうからです。

住民票でキャッシングを申し込むと、場合によっては経済状態があまり良くないと思われてしまうこともあります。運転免許証はな所持していなくても、保険料を支払っていれば、健康保険証は支給されるからです。そのため、住民票を提出すると、申込者は健康保険証を持っていないと判断され、経済的に困窮している状態とみなされて審査が通らないこともあるようです。

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY