> > > 派遣社員の在籍確認は難しいどうしたらキャッシングできるか

派遣社員の在籍確認は難しいどうしたらキャッシングできるか

派遣社員の在籍確認は難しいどうしたらキャッシングできるか

私は派遣社員で、今はとある旅行会社に派遣されています。最近は国際情勢もめまぐるしく変化するので、海外旅行のプランもしっかり把握しながらお客様に紹介しなければなりません。国内の観光地なんかは毎年新しい企画が出てきます。とても忙しいのですが、派遣とはいえ旅行会社で働けるのは旅好きの自分としては嬉しいのです。趣味は旅行ですから。

でも今住んでいる部屋も駅に近いため家賃も高いのです。給料日前になると、お金が足りなくなってしまいます。食事もほとんど外食ですしね。キャッシングを申し込もうと思うんですが、派遣会社に勤めているのは、あまり信用がないかもしれないと不安になります。それに審査の時に派遣先へ在籍確認の電話が入るのでしょうか?あれって印象が悪くならないでしょうか。そんな事も含めて派遣社員の在籍確認は難しいと聞きます、どうしたら良いでしょうか?
(⇒融資で良くある在籍確認電話について

派遣元に連絡を入れてもらって証明できれば何の問題もありません

あなたの場合は、派遣先に在籍確認が入るのが困るわけではないようですね。それなら派遣先に電話連絡が入る事を心配しなくても大丈夫です。派遣社員は派遣先ではなく、派遣元が連絡先になるのです。もしあなたが派遣会社にいる事があったり、その時間帯がわかるなら、その旨を伝えてそちらに電話をかけてもらえるように相談してみてはいかがでしょうか。以前は派遣社員でキャッシングの手続きは難しかったのですが、最近は消費者金融や銀行でも、アルバイトや非正規社員よりも収入の多い派遣会社に勤めている人には審査が通るようになってきました。

派遣会社に勤めているということは、十分に収入があるわけですから何も心配する必要はありません。でも確かに在籍確認はキャッシングを申し込む人にとって、一つの大きなハードルですね。どうしても派遣先や会社に電話が入るのが困るという人は、在籍確認を別な方法でクリアしてみましょう。派遣会社ですから、保険証もあるでしょうし、収入証明書、あるいは源泉徴収証のコピーを取る事だってできますよね。消費者金融によって受け付けてくれる所と駄目な所がありますが、これらの写しを提出する事で在籍確認としてくれる場合もあるのです。
(⇒収入さえあれば融資審査は通ります

あとは金融会社が信用情報機関にあなたの過去の金融履歴を問い合わせて、問題がなければ審査通過となります。過去にキャッシングやローンの滞納はありませんよね。ブラックになってしまったら、せっかく得た信用も失ってしまいます。キャッシングは計画的にお願いします。

キャッシング審査で派遣社員でも在籍確認がある場合について

派遣社員でクレジットカードやキャッシングの審査を受ける場合は基本的に在籍確認が行われないことが多いです。派遣以外でもサラリーマンの場合に在籍確認が行われる場合はとても少なくなっています。カードローンやクレジットカードで在籍確認が行われるのは借入希望額が多い方や給与明細を提出した際に月収が多い方です。ただし、月給が多くても在籍確認が行われることは少なくなっているようです。

派遣社員の場合、在籍確認されると職場で困ったことになる方もいますので極力確認を避けたいと考えている方も少なくありません。確認作業をして欲しくない場合は審査の際に連絡しておくとよいです。審査によっては所得証明書の追加提出などで確認作業をしない場合も多いようです。確認作業は匿名で電話をかけて呼び出すことが行われます。

会社によっては個人の呼び出しに対応しない場合も多いため、実際には確認が取れないことも珍しくなくなってきています。そのため、所得の確認については月収ではなく、年収による審査を主に行ったり、一定額の収入までは確認作業をそもそも行わないというローンも増えてます。派遣社員で各種ローンやキャッシングサービスの審査を受ける場合は年収による審査を受けるように依頼することが大事です。(参考ページはこちら→年収による融資審査

また、借入希望額の設定によっては確認自体が無いことも多いので希望額の設定は注意が必要です。借入希望額の設定については所得の3分の1を超えないようにしておくと良いです。消費者金融のキャッシングサービスを中心に現金を貸し出すサービスは法律で所得の3分の1を超える現金は貸してはならないことになっています。

これは他の借り入れも含めてすべての借り入れが対象となりますので審査を受ける際は注意して申請しておくと良いです。規制よりも多い借入希望額を出した場合、審査によっては借入希望額の引き下げを行う前に審査自体をやめてしまうことも多いため、借入希望額の設定は注意が必要です

新着記事
TOPICS
カテゴリー
CATEGORY